中華スピードプレイクリートの実際 | カナジテ!
fc2ブログ

記事一覧

中華スピードプレイクリートの実際

旧スピードプレイを当時のゼロクリートで愛用しています。もう数年使い続けているので、ぼちぼちクリートのCリングが割れるんではないか・・・?と思うようになり、新しいクリートを買うかペダルシステムごと変えるかを悩んでいます。

そんな中、前々からアリエクでスピードプレイのパチモンゼロクリートが出回っているのは知っていましたので、1回どういうものか試してみることにしました。



中華スピードプレイ

で、到着。見た目はそれっぽい・・・というかそっくり。今のスピブはウォーカブルクリートなので、この型は絶滅危惧種ですね。形がごついくらいで構造は一緒です。



中華スピードプレイ

付属のねじ。左が純正で右が中華。全ネジだけど閉まるとクリック感があるシステムは再現されています(皿の部分)。



中華スピードプレイ

純正クリートと並べてみてもそれほど違いを感じませんが・・・。



中華スピードプレイ

金属プレートを重ねて置いてみますと、コンマ数mmほど中華の方が大きい感じ。コピー品ゆえの誤差かな。



中華スピードプレイ

一番肝心のCリング。これがペダルと嵌合して強力な固定力を生み出します。だから、このリングが金属疲労で割れるとクリートの寿命ということになります。重ねると中華の方がわずかに大きい・・・というか開きが大きいです。



最悪、このCリングが使いまわせれば偽物を買った目的は達成されたようなものですが、そうは問屋がおろさない(苦笑)





とりあえず付けてみました。・・・ヤバいですね、この精度。明らかにベース(黒)に対してリングが大きすぎて遊んでいます。そういえば、誰かのブログで中華スピブクリートは寸法が違っていて靴側の純正ベースに付かないと見たのですが、これに関しては完璧な精度ではありませんでしたが固定することは可能でした。



ダメ感プンプンですが、とりあえず使ってみました。

歩いてみるとCリングが遊んでいるからカチャカチャうるさい。カウボーイか。ステップインは新品スピードプレイにあるまじき軽さ。ベリーベリーイージーテンション。Cリングが最初から開き気味だから当たり前なんですけど💦

そして軽く入るってことは篏合も甘いってことなので試しに足を垂直に引き上げてみると・・・パコッ! 外れた! 故意にそれなりに力をかけてやったとはいえ、足をひねらないでそのまま外れるクリートはヤバいです。新品でこれだから、使い込んで削れたらさらに簡単に外れることは必至。



中華スピードプレイ

結論としては「危なくて使えない」です。ヒルクラで、もがいて引き足使ったときに不意に外れたら・・・(;'∀') とりあえずネジと金属プレートだけは使えそうなので、そこだけ流用してあとはお蔵入り。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
2000年にルイガノLGS-RSRより始まったスポーツバイクライフ。2010年にロードバイクに乗り換えて今に至ります。坂も平地もまったりサイクリング。

過去の記録

Link

ぶろぐ村参加中

PVアクセスランキング にほんブログ村