スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

痛恨の直江津集合2017

 2017-08-27

朝焼けに煙る碓氷峠より

2017年8月25~26日―
夏の締めくくりに、みんなで直江津に集合しましょうという自転車イベント「直江津、集合!」に今年も参加してきました。
結論から申しますと、今年は痛恨のDNFでした。そんな残念リタイアまでのお話です。






直江津への道のりは自由ですが、基本コンセプトはスタートからゴールまで通しということですので、今年は3年前に通ったルートにアレンジを加えて通しで行ってみることにしました。集合リミットは土曜日の18:00ですので、少し余裕を見て金曜日の16:00スタート。26時間をみました。

n201702.jpg
道の駅・八王子滝山。ここまでくると日が暮れて、いよいよナイトランの雰囲気。この先から新規ルートになるので、「さぁ、ぼちぼちガーミンにルート出すか」と操作すると・・・出ない。 ・・・What!? GPXは入れたはずなのに変換されてない。フォルダを間違えたか? PCがないと編集できないので、ルート表示はあきらめてスマホで地図を確認しながら走ることにしました。

n201703.jpg
今回は福生から先は八高線沿いに高崎を目指すルートを選択。ときどきアップダウンがありますが、まずまず走りやすい道です。途中、真っ赤に光る畑が。

n201704.jpg
八高線・竹沢駅から先は国道がぐるっと別方向へ回り込んでるのですが、あえて線路沿いに進むルートを。やべーぐらい暗い。怖いぃ。

n201705.jpg
高崎の市街地外周をなめつつ、県道49号で碓氷川沿いに横川向けて走ります。途中にだるま寺が。いつか開いてるときに来たいですね!

n201706.jpg
橋を渡って18号バイパスの歩道を行きます。3年前も同じ道を走りましたが、草が伸びて、顔だけ出したこけし群が怖さ倍増!

n201707.jpg
安中からバイパスを避けて安中~磯部の街中を走って、やがて碓氷峠の麓へ。なんだかこの時点で足が変な感じに。右ひざが痛くて力がかけられません。ですが、ここまで来て引き返しても電車がないので、とりあえず前へ。・・・が、序盤の急坂が冗談抜きで踏めなくて、押し歩きしながら回復に努めます。

n201716.jpg
真夜中のめがね橋!自転車のライトでライトアップ。近くに「熊、出没注意」って看板があって、夜中に峠を走るリスクに気づきます。この後、目の前をでかい何かが横切って驚かされたり、バッタが自転車に張り付いたり、シカや子連れのでかいイノシシに遭遇したり、テンみたいな毛むくじゃらの何かが足元にいたりと、3年前の土砂降り峠とは違う意味で怖い峠越えでした( ;∀;)

n201708.jpg
押し歩きと乗車を交互に交えつつなんとか峠越え完了! この時点で6:00くらいかなぁ。軽井沢で新幹線の始発が始まりそうなのでDNFを考えましたが、ここから下り基調なのでとりあえずもう少し進んでみることにしました。

n201709.jpg
掲示板で近くを走ってそうな人が確認できるので、ぼちぼち来るかーと思ってたら、案の定ヨッシーさんに捕獲されました!足の痛みが増してきて、平地ですら22㎞/h以上出せないので、ヨッシーさんには先に行ってもらいました。

n201710.jpg
18号をダラダラ走っていたら、こんどはkoba_ヒロさんと遭遇! 千曲川CRを行きましょうというお誘いにのり、コース変更・・・ってkobaさん速過ぎィ!全然ついていけないので、またしても先に行ってもらうことにw

n201711.jpg
いい天気っすね~(#^.^#) 軽井沢~上田間で雨に降られたのがウソのよう。

n201712.jpg
どうしても右ひざの痛みが気になるので、再び18号にもどって薬局でロキソニンゲルを購入。たしかに塗ると痛みが引くんだけど、しばらくするとまた痛くなります。・・・当たり前ですよね、本来は塗って安静にしているためのものだし。

n201713.jpg
先を急ぐなら川沿いに18号をずっと行ったほうがいいのですが、それじゃブログ映え(笑)しないので善光寺に立ち寄り。この善光寺、そこそこ丘の上にあってダメージ大の足には完全に余計な行程でした。

n201714.jpg
前は坂中峠を越えたけど、今回は18号を行きました。道中、アサノさんに遭遇!またしてもお先にどうぞなのですww 上り速度がついに二桁に乗らなくなって、いよいよ終わりが近しー(;'∀')

この後、KOKUさんに遭遇し、野尻湖手前のセブンイレブンで二人で休憩。その時、衝撃の事実を聞かされます。飯山街道なら標高が低くて上りが緩いこと。さらに野尻湖まであと13㎞も上りが続くこと。うひぃー!コース選択ミス&上り残りすぎー。

n201715.jpg
ペースが上がらないのでKOKUさんに先に行くことを伝えて出発したのですが、1㎞も上がらないうちにひざ痛で踏めなくなりました。しかもずっと右をかばって左で踏んでいたので左足もなんだか怪しい感じに。このまま野尻湖まで徒歩で押し歩きしても、そのあと18:00までに直江津まで走り切れそうになく、無理して走って左足も死んだら駅の階段を昇降できないし、日帰り予定で宿を取ってないので帰りの電車も危なそう・・・。

・・・まことに無念ですがここでDNFです。電車で直江津まで行くかなーとか考えたのですが、今回は完全に力負けということで、悔しかったので来年への戒めとして北しなの線・牟礼駅から輪行で帰宅です。



今回のルート。283㎞

今年の敗因は2つ。一つ目は珍しくバックパックを背負って走ったのですが、これが重かったこと。120㎞あたりから肩が痛くてたまらず、ちょくちょく姿勢を変えていました。二つ目はガーミンにルートを入れそこなったこと。このせいで頻繁にスマホでルート確認しながら走ったので、ストップ&ゴーが多くなり漕ぎ出しによる膝負担が大幅に増したことです。おそらく上記理由で思ったより体力を失ったことと、微妙なポジションの変化により足に変な動きが加わったことが考えられます。

来年も通しで走るか微妙ですけど、長距離の課題が浮き彫りなったのと、いつもと違うルートで走れた発見があり、それはそれで楽しかったかな(*'ω'*)と思います。
タグ : 直江津

夏のヒルクラツアー「浄土平」

 2017-08-06

2017年8月5日―
7月は別の趣味や天気など諸々な理由で全く自転車に乗れてませんでした。体重も順調に増加中で少し絞らねば・・・てなわけで、ちょっと山に登ろうかツアーを組んで、福島県は「浄土平」に行ってきました。

joudo02.jpg
福島駅まで輪行。そこから道なりに走ればやがて浄土平につきます。磐梯吾妻スカイラインの標識がみえてきて、いよいよヒルクラスタート!先の道はいい感じに傾斜してますねぇ。本日のお連れ様、エイジさん、Kさん、Uくん。

joudo03.jpg
台風5号の影響か、降水確率は低いものの天気は曇り。山に登れば当然雲の中に突っ込んでいくので、このような結果に。でも粒大き目の霧って感じで、蒸して妙に暑い中に、ストシャワーみたいで気持ちがいいです。案外ヒルクラにはいい陽気!?

joudo04.jpg
中盤の高湯温泉まで到着!いやー・・・きついっす。距離や斜度を考えたら、乗鞍相当と言って過言ではないと思います。少し嘗めてました。特にきちーのが無散水消雪道路のコンクリ道路辺り。

joudo05.jpg
休憩中に芽生える友情。今日の生き物1、トンボ。

joudo06.jpg
高湯を過ぎて少し上がっていくと、なかなかいい天気。下界を見渡せば、かなり雲の上に来ていました。

joudo07.jpg
よっしゃ、標高1000m!

joudo08.jpg
今日の生き物2、道路のカエル。

joudo09.jpg
磐梯吾妻スカイライン名物「不動沢橋」。ダイナミックなアーチ橋です。

joudo10.jpg
橋上からの眺め。雲が切れるといい眺めが少し見れました。快晴は理想だけど、これはこれでまぁまぁいい感じ?

joudo11.jpg
エッチラオッチラ上っていると、やがて森林限界に到達。コーナーを超えると、雄大なはげ山風景が見えます。霧が流れて隠れてしまいましたが、現地ではもう少しはっきり見えました。

joudo12.jpg
最後の九十九折を越えると、浄土平へ到着!なんだか写真は上半分を消しゴムで消したみたいになってますが(;^ω^)

joudo13.jpg
レストハウスのレストランでソースカツどん。うーん、デリシャス。補給食が不足して空腹で上がってきたので、なおのこと旨いです。

joudo14.jpg
浄土平駐車場を過ぎて、反対側に少し上がると、最高地点「1622m」。浄土平、いただきました(^^♪

joudo15.jpg
ばびゅーんと下って、一路、郡山を目指します。

joudo16.jpg
スカイライン途中からバイパスを避けて旧道へ入ります。道中、野生の猿軍団に遭遇!今日の生き物3、猿。ようこそジャパリパーク。

joudo17.jpg
概ね平野部まで降りてきました。国道4号を行くルートも考えましたが、面白くなさそうなので農道を抜けて、なるべく市街地に出ない道を選択。う~~~ん、暑い!ここにきて、ついに夏のサイクリングの様相。

joudo18.jpg
駅前のお祭りにルートを阻まれつつも、なんとか郡山駅に到着・・・ゴール!
到着とほぼ同時にゲリラ豪雨来襲!ギリギリのタイミングでした。


本日のルート。

乗鞍や富士山、美ヶ原なんかと比較すると、浄土平って自転車乗りにイマイチ知名度が低い印象です(個人的に)。ですので、そんなに大変じゃないだろう・・・と嘗めてかかったのですが、これが思いのほかきつくって、よく考えたら福島駅から30㎞上りって、けっこうありますよね(笑)
今回は天気にめぐまれたような、そうでないようなびみょうーな感じでしたが、なまった体をリハビリするには厳しすぎない陽気はよかったかなと。眺めも時折晴れ間が出て、それなりに雄大な景色が見れましたし( ^ω^ )

さて、今月末は例年通り、直江津。予算とスケジュールの関係で、日帰り新潟になりそうですが、そもそもはたして走り切れるのかっ?って感じです(;''∀'')
タグ : 浄土平

2度目!奥武蔵グリーンラインで秩父まで

 2017-06-11
GL20170619.jpg

2017年6月10日―
会社の自転車仲間と一緒に奥武蔵グリーンラインを走ってきました。ボクにとっては2度目となるグリーンライン。初夏を感じさせる陽気でしたが、山上は涼しく坂が辛い以外は快適なサイクリングでした・・・というお話。






多摩サイ
集合場所は八高線・高麗川駅ですが、あえてそこは自宅から自走でってことで。町田~多摩サイ~入間と走って高麗川駅へ。集合場所までが遠いってのに少し慣れてしまった感がありますが・・・(笑)

高麗川駅
約70㎞走って高麗川駅に着くと、すでにエイジさんとYさんが支度していました。間もなくしてKさんがやってきて、最後にU君も電車で到着。本日は5人でのサイクリングです。

グリーンライン
コンビニで準備を整え、いざスタート! 数㎞走れば高麗川カントリー付近から少しづつ標高を上げていきます。序盤は余裕、みな会話をしながらのんびりペダルを回します。BGMは「ジャパリパークへようこそ」(笑)

GL20170604.jpg
本格的に林道へ入るとそこは奥武蔵グリーンライン。バイクは来ますが、車は少ない快適なルートです。ルート上にある「天文岩」。江戸時代の天文学者が籠って勉強してたとかうんぬんかんぬん。

GL20170605.jpg
天文岩を過ぎると上ったり下ったりを繰り返しながら、ちょっとずつ標高を稼いでいく感じになります。標高が上がるってことは上りの方が多いわけで、せっかく稼いだ標高をちょっとした下りで吐き出してしまうので地味に足にきます。そして集団は無言にw

秩父サイダー
揚げ餅
顔振峠(こうぶりとうげ)が最初のチェックポイント。ここまで上がれば第1関門クリアーでしょう! 茶屋の秩父サイダーと揚げ餅で大休憩。微妙に芯が残ってますが・・・(^-^;

GL20170609.jpg
顔振峠から苅場坂峠までさらに上がるのですが、左クランクに強トルクをかけると「カッチン、カッチン」と音が出るように。大勢に影響はなさそうなものの、少し響く音なので静かな山道ではけっこう耳障り。ひとつ峠に着くたびに調整をしてみましたが、解消できずに結局放置。帰ったら整備だなー・・・(-"-)

GL20170620.jpg
刈場坂峠が標高880mでまずまずの高さですが、のんびり走れば割ときつくない・・・と思うんですが。そうでもないかな?

GL20170608.jpg
下りは快調なエイジさん! 今回、結構撮ったのですが、設定を間違ってたのかピンボケが多くて、帰ってから等倍で見てがっくりですよ。顔振峠から先は例によって峠ラッシュです。傘杉峠、飯盛峠、儀(ぶな)峠、苅場坂(かばさか)峠、大野峠、白石峠とつないでグリーンライン制覇!

GL20170611.jpg
白石峠から少し下って定峰(さだみね)峠でちょい遅の昼食。峠の茶屋で肉うどんでした・・・が肉がねーw。みな体力を使い果たしたのか割と小食?定峰峠の萌え系ステッカーがすげー気になりました・・・。
あ、そういえばここは頭文字Dの聖地ですね。RX-7(FD)乗りの岩瀬恭子が同じFD乗りの高橋啓介とバトルをしたのがここ(のはず)です。

GL20170612.jpg
食事のあとは取得したカロリーを容赦なく消費させるルートで。定峰峠から左に行けばあっさり秩父に下りられますが、あえて上りを加えて6㎞長くする鬼コースでwww コンクリ敷きの今日イチの劇坂登場!

GL20170613.jpg
粥新田(かゆにだ?)峠に至る道からの眺め。たぶん深谷市の方向だと思います。少し雲が出てますが、それが丁度いい感じに涼しくて快適。

GL20170614.jpg
あえて遠回りを選んだのはこのポピー畑をみたかったから。残念ながら時期を少し過ぎてしまって、赤じゅうたん!って感じにはなりませんでした。ここから秩父方面に向かって下るのですが、なかなかの傾斜具合でしたよ!ヒルクライマーにはお勧めです。

GL20170615.jpg
西武秩父駅に到着して今回のサイクリングはゴール! YさんだけJRで帰るので、秩父鉄道・御花畑駅から熊谷へ。残り4人は西武鉄道で所沢方面へ出ます。

GL20170616.jpg
ホームから見える武甲山。謎建造物?が・・・すげー気になる。

GL20170617.jpg
帰りは西武秩父駅と横浜は元町・中華街を直通でつなぐ不思議列車「S-Train」で。全席指定なので切符さえ取れれば座って帰れます。しかもこの輪行に優しい車両。10両目の車いすスペースなので、車いすの方が来たらどける必要がありますが、1車両のドアが1カ所しか開けない仕様なので、常時閉鎖のドア前にもガンガン置けます♪
あと全席指定なのにつり革がある謎仕様。さらに座席ナンバーが振られていない優先座席(6席分)は放置という・・・w しかも池袋に止まるのに”降車専用”という不思議っぷり。座席がリクライニングしないのが残念ですが、秩父に行くにはこれはお勧めです(^^♪


今回のルート。片道自走の輪行帰宅で133㎞でした。グリーンラインは比較的日影が多くて夏でも走りやすいんじゃないかなー?

次は浄土平・・・かな??


ポチッとお願いします(o'ー'o)

DBKオフ「三浦をのんびり一周しましょ」

 2017-06-05

photo by nobuoさん
DBK結成6周年ということで、三浦半島を一周するオフが開催されました。週初めの天気予報では雨や曇りマークが付いていましたが、ふたを開ければ快晴! あらためて議長のパワーにびっくりでございます。

そんな自転車日和に、のんびりと三浦を走ってきました・・・というお話です。





DBKmiura2017_01.jpg
林檎さん他の東京組は狛江から走ってきて、赤レンガで神奈川組と合体の予定。8時集合に向けて自宅から横浜までのんびりと走ります。六つ川の丘を越えてグ弘明寺駅を抜け、大岡川ぞいに関内へ。すげーダラダラと走りましたが、それでも少し余裕がありました。

DBKmiura2017_29.jpg
三々五々集まってきた・・・という感じですが、時間はきっちり守られています。約1名を除いてw 何人集まったんだっけ? 点呼を取ったけど20人以上はいたなー。
円陣を組んでミーティングを行い、集合写真を撮っていざ出発! まずはDBKのスポンサーである本牧珈琲を目指します。

DBKmiura2017_02.jpg
開いていない、店主不在の店の前でうろつく集団(笑) とりあえず先に進みましょう。

DBKmiura2017_03.jpg
もしかして初めてかな?masaさんの引きで走ります。遠くに富士山が見えるよ!

DBKmiura2017_04.jpg
後ろにはヨッシーさんとKさん、そしてラルゴさん。埼玉の超特急組は早起きで眠気に襲われています。それにしてもヨッシーさんから頂いたSTIレバーの調子がいい・・・あざーっす!

DBKmiura2017_05.jpg
三浦に詳しいikedaさんの案内で、要所要所で休憩を入れます。八景島手前のローソンにピットイン。ここで寝坊のぴかぬうさんが合流&べじさんがリターン。

DBKmiura2017_06.jpg
田浦の辺りの錆錆倉庫の前にて。横須賀方面に走るときは、トンネルを抜けるより断然こっちのルートでしょう。少し雲が出てきて、風が涼しくて走りやすい陽気です。

DBKmiura2017_07.jpg
ヴェルニー公園、到着。ここで奥様の召喚術式にあがらいきれなくなったセバスさんがリターンを決意。それを取り囲んで説得を試みる面々(笑) まぁ・・・お子さんが小さいから仕方ないよね(たぶん)

DBKmiura2017_08.jpg
観音崎を越えて浦賀の渡しへ。「渡しに乗る組」と「湾を回り込む組」に分かれて、後者で走りましたが、船着き場で待てど暮らせど来ない・・・もしや、先に行かれた!? これはひどい裏切りw

フェリー乗り場近くのコンビニで、まずはいったん集合を試みます。・・・というのもKOSEさん、Kさん、でっちーさん、nanさん、nobuoさんとなかなかの人数が横須賀から先、姿が見えませんでした。どこ行ってんのー?

どうも”パンク大好きKさん”がまたしてもネタ提供をしていた様子w まったく期待を裏切らないお人です。

DBKmiura2017_09.jpg
三浦海岸から金田漁港までは自由行動ということで、とびだしたKさん&ikedaさんの重連超特急に乗ってみるも、さっくり振り落とされて、こそこそとkarzさんの背中に張り付きでした。

DBKmiura2017_10.jpg
DBKmiura2017_11.jpg
金田漁港のレストランでまぐろ丼! ちゃんと反省を生かして「食べる前に撮る!」

DBKmiura2017_12.jpg
食事の後は上りだよ!ってことで松輪までの坂道。林檎さんもファインダー越しには超笑顔です。

DBKmiura2017_18.jpg
さらに風車の宮川公園までの上り! 前を行くのはガチな人たち。無理です、追いつけません。

DBKmiura2017_19.jpg
おおりゃぁ~! でっちーさん、気迫の追い込み!?

DBKmiura2017_13.jpg
ちょっと写真の順番が前後してますが撮ったので(^^) ikedaさんのお連れさま。

DBKmiura2017_14.jpg
ラルゴさんとKOSEさん。

DBKmiura2017_15.jpg
アサノさん。

DBKmiura2017_16.jpg
karzさん。

DBKmiura2017_17.jpg
nobuoさん。すばらしいダッシュでした!

DBKmiura2017_20.jpg
masaさん。

DBKmiura2017_21.jpg
林檎さん。

DBKmiura2017_22.jpg
ぴかぬうさん。


DBKmiura2017_28.jpg
宮川公園、到着! 集合写真も表情に疲れが出ているかな?!

DBKmiura2017_23.jpg
夏の風物詩「日影に住まう者ども」。雲が無くなって日差しがきつくなってきました。時間も体力も無いよwってことで、剣崎や城ヶ島をスルー。とりあえず三崎口を目指して引き続きレッツサイクリング!

DBKmiura2017_24.jpg
三崎口駅でラルゴさんとKOSEさんがリターン。きっちりと直江津の約束を取り付ける今年の幹事ikedaさんでした(^^)

DBKmiura2017_25.jpg
三崎口を後にして、134号を鎌倉目指して走ります・・・が、よこすか関口牧場なるところへ立ち寄り。ごっついソフトクリームでエネルギー充填です。看板隠れちった。

DBKmiura2017_26.jpg
鎌倉は由比ガ浜でひとまず集合。ここで解散式となりました。藤沢から輪行で帰る人、自走で帰る人等々、それぞれのルートに分かれていきます。ボクはnobuoさんが東京で自走でお帰りになるというので、僭越ながら戸塚まで先導させていただきました。

5月にひきつづいての三浦一周。メンバーが変われば、それもまた楽し。
またしても切りのいい数字まで少し足りない129.5km 参加された皆様、お疲れ様でした!そしてDBK6周年、おめでとうございます。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
タグ : 三浦 DBK

久々の平日自転車で臨時DBK

 2017-06-01
rinjiDBK06.jpg
5月の仕事は忙しいので、今年は特殊シフトを組んでの勤務となりました。それで、超久々に平日が休みとなり、林檎さんから自転車行きましょう!とのお誘いを受け、出かけるつもりでした・・・が、今日は朝から雨でした。

いったんは諦めたものの、思いの外、雨が上がるのが早く「走れるのでは?」。 そこへ林檎さんからの再度の招聘。これは行かなくてはならない・・・というわけで武蔵村山まで走ってきましたというお話。




rinjiDBKi01.jpg
本日は林檎さん、マトケンさん、ボクの3人での小規模オフの臨時DBK。国立折り返しが集合場所なので、前のオフでぴかぬうさんが(おそらく)走ったであろう道を行くことにしました。町田まで境川で出て、K18を乞田(こった)へ走り、関戸橋へ抜けるルートです・・・っていきなり町田から先でルートミスしてるし。
それでも無理やり修正しつつ、なんとか関戸橋。うん、国立ならこのコース一択かも。

rinjiDBKi02.jpg
先に到着してたお二人に挨拶して、さっそく多摩サイを多摩大橋まで。雲は厚いけど、黒雲じゃないので雨の心配はなさそうな・・・。多摩大橋のところでボキッと折れて立川方面へ。ルートは単純で、勝手知ったる林檎さんの足取りもしっかりしているような。

rinjiDBKi03.jpg
国立折り返しから10kmちょいってところでしょうか? うどん笑乃讃(えのさん)」に到着。話のよると製麺所からスタートしたうどん店だそう。
繁盛しているようで、少し待って席に着き「きのこ肉汁つけ麺」を注文。お腹が減ってたので、写真を撮るのを忘れて食べ始め、マトケンさんに指摘されてはじめて気づく始末。食べかけなので隣のざるは写せません(笑)

この味と十分なボリュームで780円。いいんじゃないでしょうか!

このあと、見る見るうちに黒雲が広がって、危機感を感じた一行は四ツ谷橋のワイズロードへ。林檎さんがレバーが届きにくいらしく、スペシャライズドのSTIレバー用シムでレバーの初期位置を変えるらしいです。手が小さい女性らしい悩みですな。

あっという間に作業が完了して、近場のセブンイレブンでごく簡単にお茶会して解散・・・・・・なにしろ今にも雨が降りそう!

rinjiDBKi04.jpg
関戸橋でお二人と別れた後、案の定というか、永山あたりでポツポツ来たなーと思ったら、あっというまに土砂降りに。走れなくもないけど、念のためコンビニで雨宿りしてやり過ごしました。

rinjiDBKi05.jpg
尾根幹線を越えると雲が切れて晴れ間が見えてきました。町田まで戻るころにはすっかりいい天気。多摩川方面は真っ黒でしたが・・・。あとは境川をのんびり走って帰宅。

惜しくも100km届かずの99.5kmでした(≧Д≦) 国立~笑乃讃間が往復20km強ですので、行程の7割は”ぼっち”という謎オフ会(笑) いや、楽しいからそれでも全然いいんですけど(´゚∀゚`)


ポチッとお願いします(o'ー'o)
タグ : DBK うどん
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。