ロード用スプロケ→MTB用スプロケに交換してみた

 2009-08-21
airbase12.jpg
airbaseのスプロケはティアグラ 9速の13-25Tが付いています。 自宅のある神奈川県は坂道が多いので、登って降りる・・・登って降りる・・・の繰り返しです。 いままで少し距離を走ってきて、(貧脚なので)もう少し下のローギアがあれば良いなと思うことが時々ありました。

登りに強くするには色々と方法がありますが、今回は無茶を承知で 「リアスプロケをMTB用に交換してみる」 を試してみました。 いきなり購入して失敗するのもなんなんで、MTBに乗っている人からスプロケを借ります。とりあえず車輪を外してロード用とMTB用を比べてみます。

airbase13.jpg
左がMTB用です。ギア比は11-34Tです。こうしてみると全然大きさが違います。既に失敗な予感がプンプンします。って言うか、リアディレーラー(RD)がティアグラのショートケージで、トータルキャパシティが31なので、このギアをつけた場合、計算すると(50-34)+(34-11)=39でまったく足りてませんし。

・・・チェーン長も足りないと思います。 物は試し。とりあえずちゃっちゃと付けて試走します。
その結果・・・・・・

1. ロード用のフラットバー用シフターでMTB用スプロケのシフティングは可能。
2. アウター×トップは問題なし。
3. インナー×トップは問題なし。ただしチェーンの長さはギリギリで張っている感じ。
4. インナー×ローでガイドプーリーのステーにチェーンが当たる不具合(インナー×セカンドでギリギリ)
5. アウター×4速でRDが振り切る。シフト出来ず。

対策としては 4.の原因はロングケージで対応するしかなさそう。あとチェーン長。 5.の問題が決定的ですが、こうなるとチェーンを長くして、たるみ防止にロングケージのMTB用のRDを付けるしかなさそうです。・・・となるとスプロケ、RD、チェーンを交換と言うことになり、そこまでする必要があるか疑問です。見た目もごつくなってビミョー・・・。

・・・結論。 自分の脚を鍛えるのが一番安上がり!

あと、MTBのスプロケにはMTBのディレーラーを使いましょう・・・ということかしら?

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
タグ : クロスバイク
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/98-1e64ca19

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫