デュラも凌駕する?! 高速のシフト

 2009-08-06
・・・・・・。 まぁ、なんて言うかインター8の話なんですが。 ウチにあるブリヂストンのマリポーサと言うシティサイクルは、シマノのネクサス・インター8搭載なんです。いわゆる内装ギアってヤツで、マリポーサの大きな魅力のひとつです。 

mariposa02.jpg
初めて8段の内装ギア車に乗ったのですが、その高速シフトチェンジに驚愕しました。コレほどまでにグリップシフトがはまるギアも無いのでは? 内装ギアの大きな特徴は、静止状態でシフトチェンジ出来ることです。サーーーーッと颯爽と走って、信号で止まれば、そのまま一気にガガガガガと2速くらいまで落として、次の発進に備えられます。

これが外装ギアだと、止まる所の数メートル手前からガリリン、ガリリンとペダリングと合わせてシフトしておかなければなりません。 それが、止まってから出来るなんて、これ以上無いくらい街乗り向き。 また、シフトアップ・ダウンも手首でグリップシフトを数度捻るだけで、既に完了していると言う超早業!外装ギアのようにチェーンが移動するためのタイムラグのようなものが全く存在しません。

また、面白いのは、普通のフリーハブは走行中は無音。空走時はカラカラカラとラチェット音します。しかしインター8は逆で、走行中にわずかなラチェット音があり、空走時は無音になります。だから坂とかを下るときは、風を切る音とタイヤの出すロードノイズしか聞こえません。

 mariposa03.jpg
いいとこだらけのインター8ですが、欠点が無いわけでもありません。 まず、見た目がごついです。重量もそれなりにあります。それと、坂道を登っているときなど、強トルクがかかっているときなどは、機構のせいかシフトチェンジがしにくい、またはしない時があります。

でもメンテナンスフリーな面や外装ギアに負けてない使えるギア比。チェーン脱落が少ないなど、乗ってみる価値は十分にある製品です。在庫の関係や時期的な問題で、アベニューを購入しましたが、当初はラレーのトレントスポーツ(シフターはアルフィーネですが)なんてのを購入候補にしていました。 これからクロスバイクとかを買おうとしている方で、内装ギアが気になっている方は、可能ならぜひ試乗をお勧めしますね(^^)
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/91-c4c13118

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫