自転車で使う大人のおもちゃを手に入れた

 2012-02-27
会社の同僚であり自転車仲間のHさんから、GPSを譲っていただいた。これはいいおもちゃを手に入れてしまった。

早速、使わねば。ウヒヒ。
ASG-CM11
ブツは「ユピテル製 ASG-CM11」。
簡易ナビ機能を有しているGPSロガー。ライバルかどうかはわかんないけど、ガーミン・エッジ800の簡易版みたいなものだろうか。型式としてはもう古い。

ASG-CM11 ASG-CM11
Hさんは太っ腹なので、取り付けステーもくれた。ステムボルトからにょっきり伸びるタイプ。これだと純正扱いのEZ-RAMマウントでもあまり出っ張らずスマートだ。


さて使う。  ・・・そして、使えなかった。

いや、使用に耐える段階までに至らなかったというべきか。

ASG-CM11のナビ機能は本当に簡易。目的地を住所なり電話番号なりで検索して、ルート探索させるのみ。現在地の周辺施設探索とか、気の利いたのは無い。
でも、アップグレードで武器を手に入れた。ルートラボや純正のアトラスツアープランナーとかで作ったルートデータをインポートして、画面にルートを表示させてときどき確認しながら走ることが出来る。

自転車ナビはソニーのNV-U35も持っているけど、ナビとしては優秀だけど、ルート検索結果とかに納得いかない部分が多く、これはこれで使い勝手が悪い部分もある。

だから事前にルートを決めて走りたいボクとしては、ASG-CM11みたいな機能こそうってつけだ。これはすぐに使いたい・・・!
(NV-U35でも出来なくはないけど、けっこう面倒くさい)

この機能を使うには、作成したルート情報をGPXファイルでASG-CM11にインポートするのだが、これには本体とPCをUSBで繋ぎ、アトラスツアープランナーというユピテル製ソフトで「同期」を行うしか方法が無い。アトラスツアープランナー自体は無料公開されているのでなんなく手に入るが、このソフトが面倒なことにプロテクトされている。

プロテクトを解除するには、説明書に付属するプロダクトキーが必要だ。で、Hさんはそのプロダクトキーを無くしていた(爆死)

ユピテルのカスタマーに電凸。
「解決策を教えろください。」

以下、カスタマーの説明を要約。

プロダクトキー無くすとか、おまへはバカだな。再発行なんかしねーし。無くしたヤツの話なんて聞いたこと無いけど、とりあえず本体とキーは連動してるわけじゃないから、別の機種の説明書のキーを使えばなんとかなるっしょ。説明書は単体で売ってやるけど、メーカーだから直販はしないんで買ったところに泣きつけよ。

てな感じ(ホントはもっと丁寧に教えてくれたけどw)。

というわけで、箱に領収書が入っていたので、面識は無いが購入店に理由を話して説明書だけ注文。

この説明書の到着がすげー遅くて、注文から店舗に到着するまで2週間近くかかった。1,750円ナリ。
無事、プロテクトを突破し同期完了。データの移行が出来るようになった。

それにしても、正直に言うと、アトラスツアープランナーはルート作成ソフトとしては使いものにならない。GoogleMapを読み込んで、ポイントポイントで線を引くのだが、ルートラボと違って本当に直線のみで道に沿うとかはしない。しかも重い。そして時々フリーズ。

親切に相談に乗ってくれたカスタマーには悪いけど、こんな完成度のソフトにプロテクトをかける意味が分からない。つか、USBで接続した時点でマスストレージとして認識しているのだから、ファイルを本体の指定フォルダにドロップするだけで、データ移行完了という仕様にすべき。

この機種のインプレは割愛。もう型落ちの生産終了品だしねー。
関連記事
タグ : ロードバイク GPS
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/67-286bf3b1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫