ど平坦路を征く!つくば りんりんロード

 2017-04-23

2017年4月22日―
茨城県は土浦市土浦駅と桜川市岩瀬駅をつなぐ、廃線跡をサイクリングロード化し「つくばりんりんロード」を走ってきました。海や川沿いでない超平坦ルートはなかなか楽しい道でしたというお話。




rinrin001.jpg
土浦までは輪行でGO!本日のお連れ様は同じ会社のYさんとKさん。特にKさんとは初めてご一緒します。土浦駅西口から少し走れば、すぐにりんりんロード入口です。赤い舗装と案内板があるので見つけやすいかと思います。

rinrin002.jpg
うーん、この風景w 旧筑波鉄道の廃線跡をサイクリングロードに手入れしなおしたものです。なんとものどかな風景が続きます。本当に鉄道があったのか?ってくらい発展していませんが・・・。

rinrin003.jpg
レンコン畑だそうです。茨城はその筋で有名なんでしょうか?

rinrin004.jpg
八重桜・・・だと思います。このルート上には桜がかなり植えてあるのですが、残念ながほぼ散っていて葉桜でしたが、それでも彩を添える花々は綺麗でした。桜の時期は桜がトンネル状になって、さぞかし美しい景色なると思います。来年、再チャレンジかな!

rinrin007.jpg
筑波山近くまで来ました。写真左手は筑波休憩所で、おそらく筑波山へアタックする自転車のフレンズwがたくさんいました。

rinrin005.jpg
この辺りで少しルートを外れて沼田の町に移動します。沼田屋本店で糖分補給タイム。

rinrin006.jpg
揚げ饅頭の一種ですが、カリカリの歯ごたえと甘みが絶妙な美味しい饅頭です。りんりんロードに来たときは是非立ち寄りたいポイントですね。

rinrin008.jpg
まっすぐに引かれた線路跡のサイクリングロードは、少し退屈であります。ですので、アクセントとして山上にある雨引観音までヒルクライムです。距離が短くて角度があるところは、少し湘南平に似てますねぇ・・・。
登り切ってお堂見学。桜が咲いていて、赤いお堂と絶妙のコンビネーション。敷地内も整備されていて、なかなか見ごたえがあるところです。

rinrin009.jpg
今年は桜をまともに見れなかったので、見事な花が見れて良かった・・・。

rinrin010.jpg
なんかイイ感じに京都っぽくないですか?朝焼けや夕方とか、空が鮮やかな色の時に撮り直してみたい風景。

rinrin011.jpg
なんか、鳥がいっぱいいるんですよ。なぜか。孔雀、鴨、アヒル、にわとり等々。なんか意味があるんですかね?

rinrin012.jpg
山門にて。これは敷地の内側からですが、ホントは外側からの桜が有名みたいです。でも散っちゃってたんで・・・。

雨引観音をあとにすると、ほとんどゴールの岩瀬駅。冒頭の写真を撮って、りんりんロード、コンプリートであります! ここにきてちょうどお昼時でしたので、岩瀬の町中にある中華料理屋でお昼ご飯。ロードで走ると、やっぱり40㎞は割とすぐですね。

rinrin014.jpg
計画当初は水戸に向かう予定でしたが、事情により小山に変更。国道50号を消化試合気味に西に驀進します。バイパス道路は車のスピードレンジが高くて怖いです。でもここしかずっとつながってる道もないので(苦笑)

JR小山駅に着いたら家まで輪行で帰宅です。


今回のルート。

ガーミンを持ってくるの忘れてルート不明で走ってましたが、そんなのいらないくらい単純な道のりでした。りんりんロードは超平坦で楽なルートですが、川沿いサイクリングロードと違って、一般道との交差が多いので仕切りの鉄柵が多いです。横切るときも車に注意しないと危ないです。
でも、時期がいいと道沿いの花がとてもきれいなので、そこを狙って走るのもいいかもしれません。整備は熱心に行われていて、ジェントルにのんびり走りたいと思わせる道でした。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/583-f55b4f42

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫