リップスティックとかいう乗り物

 2016-04-30
なんか子供たちが腰をクネクネさせて乗っている、スケートボードみたいな乗り物を見たことありませんか?

広義には「キャスターボード」。商品名だと「リップスティック」や「ブレイブボード」。または「Jボード」やら「エスボード」と、まぁ色々あるらしいです。
構造はどれも一緒で、前後セパレートされたボード(デッキ)がトーションバーで連結されてて、板をに捻りを加えることで、傾いてついている車輪に前進する力が与えられ自走することができるっつーものです。だから少々の坂道なら上ることもできます(ちゃんと漕げればw)

リップスティック ネオ
アパートの子供たちがこぞって乗っているのを少し借りて乗ってみたところ、案外おもしろい! もしかしたら、スノーボードのオフトレに使えるかもしんない・・・ってことで、子供たちに「やってみたいよね!?」と強引に購入の方向へw

購入はココで。

リップスティックの練習
注文から数日で到着。さっそく上の子が練習中・・・。

ちょっと借りてやってみます。ううむ・・・40オーバーのおっさんにはなかなか難しいぞ。

数日間、暇な時間を使って練習した結果・・・なんとか蹴り乗りして、フロントサイドでターンまではできるように。ただ、地面が上り傾斜していると漕ぎ力が足らないのか、勢いが無くなりストップ。まだまだ体の動かしに固さがあるようです。

練習していると、近所の子供たちがいろいろ教えてくれるのでまわりは師匠だらけw 


少々の練習の中で会得したコツは・・・

・遠くを見る(足元は見ない)
・・・ってDVDにもある基本ですね。

・両手を広げる
・・・バランスがとりやすく、かつ上半身と下半身を別々に捻りやすくなります。

・ターンのときは前に突き出した手で曲がる先を指さす
・・・これ、スノボスクールで習ったことですが、師匠(子供)たちの動きを見ていると、きちんと上半身から先に捻っていることに気づきました。つまり上半身が先行して下半身がついてくる形です。特にバックサイドでターンするときは有効のように思いました。

・滑りにくい靴底のものを履く
・・・後ろ足はデッキを動かすために激しく前後運動するのですが、グリップがあるとデッキコントロールがやりやすいです。くれぐれもサンダルとかでやらないように!(最初、舐めててサンダルでやってデッキからすっぽ抜け、転倒して怪我しました)


う~ん、面白いけど、これってスノボのオフトレになってるのかな?!(=∀=)

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/526-2b123eb1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫