自転車用バックパック・サイクールパック20

 2014-12-18
ロングを走る時や通勤に欠かせないのがバックパック

Hyper 2.5
今までは写真の様なWingnut Hyper2.5というショルダーベルト付きのヒップバッグともいうべきモノを愛用していました。自転車用と謳うだけあって、背負った時のバランスや使い勝手、背中の排熱など非常に優れたバッグでした。

ところが・・・

Hyper 2.5 Hyper 2.5
購入から4年。通勤、ツーリングにほぼ毎回駆り出されているうちに、化粧のセイルクロスはほとんど剥げ、ついに上部ジッパーが破れて閉まらなくなってしまったので、これを機にバックパックを買い換えることにしました。

サイクールパック20
新・バックパックはモンベルの「サイクールパック20」にしました。再びHyper2.5にしようと思っていたのですが、勤務最終日に作業着などを持ち帰る際に、Hyper2.5の容量11リットルだと少し足らないんですよね。だから2日ほどに小分けして運んだりしてたのですが、サイクールパック20に変わったことで一気に9リットル増で運搬力アップ!

サイクールパック20
背中部分は蒸れないようにフレームで円弧をつけて、空洞を確保しています。ドイターのレース系バックパックと同じつくりで、OEM?という印象を受けるくらいそっくり。だから購入の際にはドイターのレースEXPエアーと悩みましたが、なんとなく色と容量でこっちを選びました。

サイクールパック20 cycool07.jpg
内部が湾曲しているので、かさばる"塊"のような物は収納が難しいのですが、グローブやら財布やら携帯電話など細々したものは、様々なポケットもあるので入れるのに苦労はしません。大きくて平たいタッパーは無理でも、重ねるタイプの弁当箱ならなんとか縦にならずに運べそうです。

ただ、サイクールパック20は日帰りツーリングにはちょっと大きすぎますね。ツーリングで快適に走るには背中の荷物は少ない方が圧倒的にいいですから、容量10リットル程度の小さめの方がいいかなと思います。あと、Hyper2.5はサイドポケットが腰の横あたりという実にいい位置にあって、そこからデジカメを出し入れするのに良かったのですが、サイクールパックは後ろのかなり上の方にポケットが来るので、気軽に出し入れするということは出来なくなりました。

最近は、ジャージの背面ポケットを積極的に使うようにしているので、Hyper2.5よりは酷使されないとは思いますが、それでも5年以上はがんばってもらおうかな(´▽`)

サイクールパック20
お守り代わりにカエルの反射アクセサリーを付けました。「無事かえ(帰)る」ってことで(^-^)

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
コメント
をーー自分も夏に買いました!
しかも富士山登山用に。
汗ムレがまったくない構造がすばらしいですよね。
ドイターよりはるかに機能性は優れていると思いますよ。
(ドイターからの買い替えですが)
容量の割りに、その構造ゆえに荷物が入らないのが玉に傷ですけどね。
【2014/12/20 00:34】 | PIKA_NEW #- | [edit]
あ、おそろいですね(^^
最初、背負ってみたらネットと本体の隙間がわずかで「これで涼しいの?」って疑心暗鬼
だったのですが、実際はかなり風を通しますね!
性能はドイターと両方使った方からお墨付きを得て安心しました。数年先までこのリュッ
クとすごしますヽ(´ー`)ノ
【2014/12/21 09:35】 | かんな #SEFye3cg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/432-f32ca319

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫