紅葉の大雄山へ

 2011-11-29
2011年11月27日―

平日休みが多いなか、あえて日曜日の午前中を狙って大雄山最乗寺へ足を伸ばしてみた。

今年の紅葉が終わってしまう前に。

日曜日といえど、夜からお仕事なので午前中一杯をリミットに考え、朝6時にスタート。

大雄山
早朝の境川。朝焼けが美しい。さすがに日曜日とはいえ、この時間だとまだまだ走っている自転車は少ない。

境川を走りきったら、藤沢橋を経て134号へ。134号へ出るとちらほらと走っている人達が目立つようになってきた。ロード8、MTB2くらいの割合だろうか。ミニベロは見かけなかった。

大雄山
道中のコンビニで肉まんプチ休憩をとり、さらに西へ。

大磯の分岐から国道1号線へ入り、淡々と漕ぎ漕ぎ。後ろから追い上げてくるローディに道を譲りつつ、マイペースで走る。なんとなく1号線も走りなれてきた印象がある。

大雄山
酒匂川を渡り、すぐ先の交差点で右折し山北方面へ走る。酒匂川はサイクリングロードがあるはずだが、どこからスタートなのか分からず、結局主要道を走る。単線の大雄山線と併走する道路をひたすら北へ。大雄山線はローカルムード漂う"良さげな"路線だった。ちょっと乗ってみたい。

大雄山
大雄山線終点の大雄山駅まで来たら、左折していよいよ大雄山最乗寺への上りへ。

大雄山 大雄山
杉並木を貫く坂道。幼稚園を過ぎた辺りから、平均斜度9.5%の坂が2キロ半続く。無理をせず初めからインナー×ローでえっちらおっちら上ることに。最初から最後まで10km/hを上回ることは無かったw 最低で4.5km/hだったかな? でも概ねシッティングで上れたので、速く上ろうとさえしなければ何とかなるもんだ。

daiyuzan07.jpg

daiyuzan08.jpg daiyuzan09.jpg
紅葉の最乗寺。あと3日で12月という日だったが、ちょうど見頃と言っていい感じ。やはり来て良かった。

daiyuzan10.jpg
多くのアマチュアカメラマンが訪れていたが、自転車で上ってきた変態はボク一人だったw どこかでほら貝が鳴り響くなか、少し時間を割いて最乗寺を堪能。もう少しいたかったけど、時間が押しているので帰る事に。

帰りは曽我梅林を経て国府津へ抜け、あとは国道1号と境川を使って自宅へ。予定を1時間オーバーの13:00着。

今回のルート(ルートラボへリンク)
大雄山

走行距離:113km(メーター)
関連記事
タグ : 大雄山 紅葉
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/41-69ff68da

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫