軽量ステム「kalloy UNO7」

 2014-06-14
フォークを交換して、ハンドル位置が上がったのは良かったのですが、その分後退したので、乗車姿勢にやや寸詰まり感を感じるようになりました。

そこで、ステムを交換することにしました。

UNOステム
kalloy UNO7 100mm ステムです。

ヤフオクものですが、さすがにマイナーブランドの、しかもアルミステムの偽物は無いだろうという読みでポチってみました。UNOのステムは、90mmのAS-025を3年以上使ってきて何ともなかったので(本物なら)耐久性に関しては信頼しています。

説明によれば100mmで102gの超軽量。はかりで量ってみたところ、104gとだいたい説明通り。アルミでこの軽さはなかなか優秀ではないでしょうか。公式サイトに無いモデルなのですが、去年あたりに見たような気がするんですよね…。側面には「7」の文字があって意味は謎。

UNOステム
ライズ角は7度という、これまた謎角度。左右でカラーリングが違います。「7」の意味はまさかライズ角??

前のステムより10mmの延伸ですが、たった10mm、されど10mm。最初はなぜかハンドル幅が広くなったような気がしました。ハンドル位置は前に行ったというより、より近くなったという印象の方が強いです。ハンドル取り付け時に、ややしゃくった影響もあるかも。

とりあえず走り込みですね。

追記―
使用を始めて2年経ちますが、剛性に不満はありません。折れたりすることもなく、耐久性も問題ないようです。


よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
タグ : kalloy ステム UNO
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/392-5828a856

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫