三浦の先っちょを一周&探索

 2014-06-02
2014年6月1日―

ここ2週ほど忙しかった仕事が一段落して、ようやく一息つけるなー・・・と休日をダラダラしていたわけですが、少しは走らないと体は鈍る一方。また三浦まで行ってみようかな・・・なんて感じで出かけることにしました。

・・・っていっても、往復すると100km近いので、ボク的にはあんまり気軽にということもないのですが。少し調べたい場所もあって、ちょっと気合を入れて。

6月1日の境川
さて、境川から。仕事のシフトが平日休みから土日休みに代わって、日曜日に走るのは本当に久々で、サイクリストの多さに少しドキドキ。
靄る海
藤沢から小動を経て134号へ。気温が高いせいか靄がすごいです。でもこの時間は走るにはちょうどいい涼しさもあります。

集団の背後から
途中、集団の後ろへ付かせてもらいました。信号待ちのときに少しお話したら、長者ヶ崎へ行くのだとか。もう1グループあるらしいです。集団走行は楽しそうですね(^^

三崎の抜け道
本日のトピックは、三崎口駅までの坂を登らずに三浦海岸へ抜けるルート!こんな感じの農道を抜け・・・

劇坂!
短距離の劇坂を上がります。銭洗い弁天の坂に似てるかな?
三浦海岸へはどうしても丘は越えなきゃならないので、なるべく標高の低そうな場所を通ることにしました。

劇坂!下り
短距離の劇坂を下ります。対向車に注意。

三浦の海が見えた
あとは道なりにすす~っと下って行けば、その先はもう海っ
ここまでのルートに興味ある方は、最後のルートラボのリンク先でご確認ください。

海岸
今日は、この海岸の下見に三崎まで来ました。仕事先で夏に海水浴に行くなら、三浦のどこがいいか?と聞いたところ、ここを紹介されたのですが・・・。地図にも名前が出ない浜で穴場・・・というか超辺鄙なところ。ハイシーズンは分からないですけど、確かに行きづらい場所で人は少なそう。でも釣りのおっさんや若者が多くなりそうな印象で、家族連れ向きじゃないのかな・・・?監視者がいないので、モラルがない人がいると雰囲気悪くなりそう。

ちなみに「戸津浜」というらしいです。

三崎の砲台跡
せっかく近くまで来たので、大戦時の砲台跡を見学。Googlemapの航空写真で畑の中の「○」がすごく気になっていました。他にもいろいろ遺構が残っているらしのですが、詳しく知らないのでココだけで。

立石公園にて
途中のコンビニで少し腹ごしらえをして、あとはズザーッっと帰路へ。行きと大体同じ道を通ります。立石公園にて小休憩。

不如帰
本日の不如帰は引き潮で土台まで見えました。たくさんの人が磯遊びしていました。このとき、ガーミンの表示する気温は30度を越えていて、もう海に入っている人もチラホラ。確かに夏かなってくらい暑いです。

赤潮に染まる海
海には赤潮が発生。


走行、ちょうど100kmくらい。もう日中に走るには日焼け止めが必須です。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/389-1c9a1a4f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫