激安サイクルジャケット

 2011-11-21
新興のサイクルウェアWebショップ「ノラナイカ」で、激安サイクルジャケットを購入してみた。

その出来やいかに?
spakct01.jpg spakct02.jpg
SPAKCT ウインドブレークジャケット。黒と白のシンプル配色が好印象。ブランドロゴは前後に1ヶ所づつ。背面の腰周りの帯と一緒で、反射基材でできている。177cm、69kgのボクだとXLでピッタリ。

spakct03.jpg
黒い生地はウインドブレーク加工がされたもので、編み込みをきっちり詰めて風を通さない仕様になっており、伸縮性がほとんど無い。普通のジャージに比べると少しゴワゴワする。白い生地は走行中に風が当たりにくい箇所に配置され、薄手で伸縮性を持ち、放熱と体へのフィットを兼ねている。

spakct04.jpg spakct05.jpg
YKKならぬYCCという中国ファスナー。さすがにYKKと比べるとスムーズさで劣るが、別段不都合は無い。ジャケットだからか?背面ポケットは中央に一箇所ファスナー付き出入り口があるだけで、中はドカーンとドンガラ。うーん、ここはせめて2つくらいのポケットに分けて欲しかったかな。

spakct06.jpg
裏地はフリース裏起毛。起毛といっても毛足が長いわけじゃなく、サイクルウェアにありがちな薄手のもの。保温という面では期待薄だが、自転車乗りは自ら発熱するものなので特に気にはならない。

通勤で気温10度の朝にジャケットの下はユニクロの長袖ヒートテック(丸首)のみといういでたちで走ってみた。

ほほう・・・本当に風を通さない。黒い生地は風をほぼ100%カットしているようで、漕いでいるとむしろ暑い。もう少し寒くても大丈夫そうだ。後日、1回洗ってみたのだが、空気を含ませて浴槽に沈めてみたら、本当に黒い生地部分はエア漏れゼロでちょっとビックリした。
気になる点は1点。個人的にもう少し襟を低く、かつ柔らかい素材で作ってあったら良かった。自分には少し高いようで、首の角度によってはアゴへの接触が気になる。ついでにファスナー隠しもあるといい。

細かい部分は値段相応な印象を受けるが、肝心な部分はキッチリ出来ていて十分使用できる製品だと思う。普通、サイクルジャケットって言ったら1万円以上が普通だからねぇ。それが3,000円なら十分だなー。


販売店「ノラナイカ」
http://noranaika.com/

メーカーサイト
http://www.spakct.com/
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/38-1eb8f712

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫