TRIGONフルカーボンフォークを購入しました。

 2014-01-19
現在の愛車である、Corratec Forciaを購入してから3年半が経ちました。

某オークションで型落ち新古品を手に入れたので、パーツの取り付けや整備は全て基本DIYでやっております。ショップのプロにお任せするのが一番楽だとは思いますが、自分であれこれ試行錯誤しながらやるのも楽しいものです(整備費用の節約もできるし・・・w)

しかし、購入してポジションがおおよそ出てから、いままでずっと懸念事項となっていた事柄がありました。

それは

ハンドル位置が低いことです。

購入時は半組み立て状態で届き、ワイヤー各種は張っておらず、ハンドルも未装着でした。ただ、コラムだけはなぜかガッツリ切ってあって、突き出し量にあまり余裕がありませんでした。ステムをちゃんと付けるとスペーサーが10mm強というところです。

ロードに乗りなれてきてポジションがおおよそ固まり、サドル高をもっとも良い位置に持ってくると、ハンドルを目一杯高くセットしても落差が12cmくらい出てしまいまして、正直言って

「きついです」

体が固いのと首の柔軟性が低いのが相まって、深い前傾だと前方視界がかなり下寄りになり、危険がアブナイになってしまいます・・・。

ステムのライズ角を+で付ければ、もう少し上がるんですけど、そこはホラ、カッコ重視で水平にもっていきたいところじゃないですか。なので、サドルを理想値より低くして、さらにステムをコラムより3割ほどはみ出して付けてハンドル高を稼ぎ、落差を9cm程度まで縮めるという危ないことをしてました。


それから3年経って、なんとなくネットショプを見ていたら、TRIGONのフルカーボンフォークが半額で売っていたので、これ幸いとばかりに購入に踏み切ってしまいました。

TRIGONフォーク比較
さっそく純正フォークを外してコラム長を計測。ステムが掛かってなかった分を入れ、さらにハンドルを上げたい量を計算してコラムカット。あさひで1050円でやってくれました。

TRIGON RC-28S ブレードの比較
ベンドフォークだと思ってたら、ストレートフォークでした。前から見ると緩いS字を描いています。Forciaの純正フォークと形状が似ていますが、前からの見たときのS字カーブがやや強く、ブレードの前後幅が細くなっています。

カーボンコラムの中
カーボンコラムの内側です。フォークの作りは綺麗なんじゃないでしょうか。フルカーボンフォークなんてまじまじ見たことが無いので比較しようが無いですけどね…。

コラムの材質がアルミからカーボンに変わったので、純正より200gほど軽くなりました。
200gというと…バター一箱分くらいですかね。オフセットは純正45mmから44mmへ。よってトレールが1mm伸びますが、正直体感は出来無そうです。


さて、さっそく取り付けしたいところですが、ネット注文したプレッシャーアンカー待ちであります。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/361-598b47d5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫