ビブがこんなに良い物とは・・・

 2011-11-03
Wiggleで購入した「Gore Bike Wear Contest II Thermo Bib Tights Plus

ビブショーツを履くのは初めてだが、気温が下がってきたこともあり履いて試走してみた。

こいつはビックリだよ・・・。

横浜の早朝の気温は概ね10度くらい。走ると指貫グローブでは耐え辛く、上が半袖では100%無理で、半袖ならアームウォーマー+ウインドブレーカーないし、サイクルベストが欲しいところ。足は7部なら耐えられるかもしれないが、ニーウォーマーがあるといいかも知れない・・・という状態。


さて、Gore Bike Wear Contest II Thermo Bib Tights Plusを履いてみた感じはとても良い。しかし、パッドの前面面積が国内製品よりも小さくて、大事なシャフトが「こんにちは」しそうな感じ。外人さんの方がおっちいと思うのだが、気にしないのだろうか?
パッドは厚めで、ロングライドの不安は感じさせない。なによりも生地表面が滑らかで、サドルに引っかかる感じが無くペダリングが快適だ。Goreの場合、「Plus」と付いている製品はパッド付き。付いてなければパッド無しとなっている。


耐寒性能は、走り出しは体が暖まっていないので寒く感じるが、それでもビックリしたのは腹が冷えないこと。普通のズボン型レーパンと全然違う。その代わり、腰の左右が妙に涼しく感じる。腹が冷えない分、普段気にならない部分の感覚が目立ってしまうのだろうか?

走って暖まってくると、腰の寒さも気にならなくなってきた。膝頭もそれほど気にならない。ただ、足を回していると10度前後の気温なら「流すならちょうど良く、気合入れ気味なら少し暑い」ってくらいだが、下りが続いて足が止まると風が寒い。裏起毛じゃないから耐風性能は「Wind Stopper」と書いてある製品ほど気にしていないのだろう。この辺は放熱とトレードオフの部分であるので、個人の好みか外気温次第かもしれない。



後日談―
履いていたのはパンクした日だった。あのあと家にすぐ帰ってもう一回寝たのだが、なんだか底冷えして寝づらかった。ビブは腹が冷えない代わりに股間が冷えると聞いたことがある。やはり自分が思っている以上に、腰周りが冷えていたのかもしれない。
この前、コメントくださった方ごめんなさい。このビブだけで真冬は無理です。最低7分丈くらいのオーバーパンツが必要だと思います。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/33-44865d56

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫