スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初めてのチューブレスタイヤの感想

 2012-10-01
カンパニョーロ・ゾンダにハッチソンフュージョン3チューブレスタイヤを組み付けて少々走りました。組み付けで苦労と失敗をしたせいで少々不安の残る走り出しとなりましたが、意外と大丈夫だったみたいでパンクなどの不具合は出ていません。

初めてのチューブレスに乗ってみた、簡単な感想を

チューブレスタイヤのネットのインプレでは「乗り心地がいい」というのを一番良く見かけますので、それに大いに期待しての交換だったわけですが、想像よりも良くない・・・というか、クリンチャーとあまり変わらない印象です。

おそらく、これは交換前に履いていたタイヤが原因だと思います。

フュージョン3に換える前はミシュラン・クリリオンカーボンというクリンチャータイヤを履いていました。非常に耐久性がよく、乗り心地も悪くないお気に入りタイヤでした。このタイヤ、ボクの体重が68kgで推奨空気圧が7barとクリンチャーにしては割りと低い空気圧指定です
転じてフュージョン3の推奨空気圧は6.5bar・・・。あれ?0.5barしか変わらないですよ。

この空気圧、やっぱり・・・というか、乗った感じ、かな~りそっくりです。クリリオンもフュージョン3も空気圧よりタイヤ自体で支える設計でしょうか。両者とも指定空気圧よりも1bar上げると入れすぎ感が強くて硬く跳ねる感じになり、その分クリリオンは軽快感が増しますが、フュージョン3は大きな変化は感じません。逆に低い空気圧だと両者とも乗り心地はアップしますが、クリリオンは露骨に重くなり、フュージョン3はわずかに抵抗を感じるという程度です。空気圧変化による印象の変化はクリンチャーの方が大きいと思いました。

走行の感触は、フュージョン3は漕ぎ出しでもっさりした印象があるのですが、速度が乗ってくるとクリリオンよりも明らかに軽快に走ります。こういうのを「転がりが良い」というのでしょうか?特に25km/h~から気持ちよく、平坦で無風なら30km/hで走るのも楽に感じました。「コー」という反響音みたいなのもお気に入りです。

総括としては、乗り心地に関しては若干フュージョン3の方が衝撃がマイルドかな?という程度にとどまり、ボクの期待していたほどではありませんでした。しかし、低圧で乗り心地がよく、かつ軽快な走りが堪能できるというチューブレスの特性を身をもって感じることができました。

ちなみに空気の保持力ですが、装着したては24時間で1barくらい抜けていましたが、馴染んできたのか今は24時間で0.5bar程度まで改善しています。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/265-0014ea42

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。