輪行でのパッキングを考えてみる

 2012-09-17
ボクはコラテックのロードしか持ってないので、通勤からホビーライドまでなんでもこれ1台で済ませます。

当然、輪行もこのロードで行くのだけれど、ど~も、オーストリッチの模範ビデオや通常のパッキングだと上手くいかないので、改めてパッキングを考えてみました。使用する輪行袋はオーストリッチ・ロード220というありふれたもの。

rinko01_20120901094449.jpg
これは一応パッキングを完了した姿。よく見ると、ホイールの配置がトップチューブ側へずれています。

rinko04_20120901094544.jpg rinko02_20120901094510.jpg

rinko03_20120901094528.jpg
マニュアルに寄れば、ホイールの中心(ハブ)はフレームの三角形の中に納まるのが普通なんだけど、ボクの自転車場合、フレームにエンド金具をつけただけの状態で自立させると車輪はこの位置が一番安定します。だからホイールはクランクから離れて、ダウンチューブとも隙間が開いています。トップチューブとハブ、前輪と後輪がお互いに接触気味なので、この辺はクイックレバーを抜いたり、フレーム側に養生が必要かな・・・。

rinko05.jpg rinko06.jpg

rinko07.jpg
ホイールの上辺はトップチューブで固定。下2箇所をサドルとシートステー部で固定。締めすぎるとホイールが歪むので締め付けは少し甘めにした。オーストリッチのロード220はホイールポケットが付いていて、3箇所留めをしなくてもいいタイプの輪行袋なんだけれど、中でグラグラして倒れやすいのでホイールとフレームがガッチリ一体化するこのやり方が好き。

rinko08.jpg
ランドナーや一部のクロモリロードのようにチェーンフックが無いので、マジックテープバンドでチェーンを引っ張って固定。

rinko09.jpg
通常パッキングよりタイヤが張り出す分だけ、横方向に若干大きくなるので入るのか不安でしたが、やってみたら案外簡単に入りました。

rinko10.jpg
ちなみに、クランクにホイールを合わせたやり方だとこうなります。ハンドルが通りませんw 通そうとすると、ホイールが宙に浮いてしまい安定性に欠けます。少しサドルを低くすればハンドルとクランク間の距離が短くなるので、普通のパッキングが出来そうですけど、サドル高までいじりたくないので。
関連記事
タグ : 輪行
コメント
こんばんは。
私はものぐさなので、でっかいサイズのものにアバウトに入れる主義ですが、コンパクトな輪行袋だと綺麗に収まるんですね。これなら列車内で白い目で見られなくて済みそう。



【2012/09/21 22:41】 | tmz #- | [edit]
こんばんは。
小心者のボクとしては何もかも小さくなってないと気が引けるので・・・(^^;
【2012/09/24 22:53】 | kanana #SEFye3cg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/256-2d8e2c62

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫