長野でサイクリング(小布施~ヤマボク)

 2012-07-28
siga 001
2012年 7月 26日―
今年の夏休みは長期となり自転車メンバーが揃いやすい日程となったので、久々に遠くまで車+自転車サイクリングを決行してみた。エイジさん、Hさん、Yくん、そしてボクの4人でGo!

目的地は長野。計画では小布施PAを基点に志賀高原方面へ上がって下ってくる総距離66kmのルート。さてカングーに4人4台を積んでいざ発進。
siga 002
圏央道・高尾ICから高速に乗り、おなじみの高坂SAで休憩を挟んで小布施までの260kmをひた走る。

siga 003
8:30過ぎくらいに高速を下りて道の駅おぶせへ車を置く。おおよそ9:00にサイクリングスタート。のどかなブドウ畑の中をゆっくりと走る。道はすでに山に向かってわずかに上り傾斜。

siga 004 siga 005
コンビニで食料+飲料をそろえて、高山村内の坂道をゆったりと上る。スタート地点からずっと上りが始まっていて、ウォームアップ無しの登坂で相当足に来そう。

siga 006
道中、Good!な撮影ポイントを見つけて即座に準備を始めるエイジ氏。立派な社殿。

siga 007
奥山田の松川の橋上で撮影。車で高速を走っているときは曇っていたので微妙に天気が心配だったが、蓋を開けてみればとんでもない快晴。むしろ晴れすぎ&暑すぎ! 標高は上がっているのに全然涼しくない。

siga 008 siga 009
八滝展望台付近で休憩。展望台に上ると渓谷の向こうに八滝が見えた。手持ちのコンデジじゃ~遠すぎて撮るのはちょっと辛いかな。えっちらおっちら山田牧場、通称ヤマボクを目指して上る。景色が夏だねー。

siga 010
あまりに暑いので途中の人口滝で"冷やしヘルメット!"  これが大失敗で、ヘルメットから落ちる雫が目に入ってきて前が見えねぇー。

しばらく走っていると、ヤマボクまで残り3kmあたりでHさんが失速。両腿が攣ってしまいペダリングできず押し歩き。ついでにYくんも延々と続いた坂にグロッキー。計画ではヤマボクで昼食にして、さらに笠ヶ岳まで上がる予定だったが、レジャーサイクリングで無理をしても意味が無いということで、最終目的地をヤマボクに変更してとりあえず上りきることに。

siga 011
目的地手前に九十九折の道をショートカットするわき道を発見!無茶を承知で(ボクだけ)突っ込んでみた!

siga 012
どう考えても無謀w 腐葉土とヤブと土にアスファルトが見え隠れする道をロードで突っ走る。

siga 013
そしてアスファルトは消えたw 完全にハイキング道。砂利の獣道を自転車を押して登る。レーパンですね丸出しの姿なので、蛇が出てきたら一発でやられる。

siga 014
無事、ハイキング道をロードで突破しヤマボク到着!

siga 015 siga 016

siga 017
RED WOOD INN」で昼食。平日なのでメニューはラーメンのみだが、特製・燻製ラーメンはなかなか美味だった。コミュニケーションノートに名前とブログ名を書いてみた。

siga 018 siga 019
夏場は牧場。冬はスキー場に変身するヤマボク。記録的な暑さに避暑地という感じでは無いけれど、流石に標高が高いからか日向でも気持ちの良い暑さに夏を満喫。牛とロードバイクのコラボレーション。

今回はHさん、Yくんが厳しいということなのでここでリターン。ここまで必死で稼いだ標高を一気に吐き出して下る。スタートから上りだったので、ゴールまで下りという快適さ。

道の駅おぶせまで無事全員が到着し、自転車を解体してカングーへ積載。かいた汗を「おぶせ温泉 穴観音の湯」で流して気分爽快。大人600円の安さで、内風呂は熱い硫黄泉。露天は温めで長湯が出来た。ボクは風呂あがりに整体もやってもらって帰りの運転に備える。

今回のサイクリングは計画とは違ってしまったが、カングーに4人4台詰めることも分かったし夏の高原サイクリングを堪能できたので良かった。


ルートはこんな感じ。ショートカットも再現w 










関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/243-368491e6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫