パリミキ自転車用眼鏡:SP FIT 601 購入

 2011-04-11
常々欲しいと思っていた自転車用アイウェアをGetしました。

自分は近視+乱視のメガネ君(&コンタクトしない派)なので、自転車のアイウェアも「度入り」のものでないといけません。ネットで大体どんなものがあるかは調べていたのですが、高かったり店が遠かったりで二の足を踏んでいる状態でした。

ふと出掛け先で見たパリミキの店先に「サイクル専用メガネ!」なんて立て看板が立ててあるのを見て、「ほほぅ、どんな物かな?」と見に入ったのが運の尽き。数日後には買っていました(笑)

パリミキモデルには601と602の2種があって、購入に当たって迷うのは「どちらを買うか・・・?」です。フレームの大きさでは601が小さくスマートで良いが、デザインが普通のメガネっぽくて特別感が無いです。翻って602は自転車のアイウェアっぽく釣り上がっているが、フレームが大きくてスマートさに掛ける印象。帯に短しタスキに長しというところでしょうか。最終的な結論は・・・

spfit03.jpg
SP FIT 601」にしました。

詳細です。

spfit04.jpg spfit05.jpg
1) フレームは「SP FIT 601」と「SP FIT 602」の2種類(2011年4月現在) 共に23,000円。
2) フレームカラーは2種とも6パターン。
3) ツルの折りたたみ方が、601は珍しい回転式。602は普通の折り畳み式。
4) 602の方がフレームサイズが601よりやや大きく、メガネの顔面占有率が高い。ただし視界も広い。
5) デザインは602の方がやや釣り上がっており自転車のアイウェアっぽい。ただし真上から見るフレームのカーブ率は両者ともそれほど変わらない印象。
6) 専用レンズは4種類。
 ・155   (10,500円。通常カーブレンズ。)
 ・160   (21,000円。155よりコーティングが強い。通常カーブレンズ。)
 ・160BS (31,500円。155よりコーティングが強い。ハイカーブ対応レンズ ※601,602共通)
 ・160PAL (39,900円。155よりコーティングが強い。遠近両用レンズ。通常カーブレンズ)
上記全てのレンズで、調光機能(グレーorブラウン)+ミラー加工(シルバーorゴールドorブルー)の好きな組み合わせが選択可。
※お店によれば、上記レンズ以外も入れられるとの事。調光・ミラーでない普通のサングラスにすることも可能のよう。

7) その他。
上記2モデルの写真(上が601、下が602)を見ると、601の方がフレームとレンズの隙間が大きくなっています。店頭の展示品も同じようなデモレンズが入っていますが、ここに注意です。店で見ると、一見して602の方がかっこよく見えると思います。それは160BS相当のハイカーブレンズが入っているからです。レンズは10,500円からで、最安で23,000+10,500円=33,500円で作れますが、602を展示品と同じ仕様にすると、31,500円のレンズを入れなければならず自動的に54,500円までアップします。ここまですると、普通にRudy projectやオークリーの値段まで匹敵するかも。フレームがもう少し安ければ・・・

今回、自分はパリミキさんの対応が非常に好感度が高かったのと、あまり気合いの入り過ぎないモデルでという思いがあったので最終的に601に決定しました。最初の写真は601に160BS(調光グレー×シルバーミラー)を組み合わせた仕様です。ハイカーブレンズを入れてもベンチレーションのために少し隙間が開くようです。通常レンズだとさらに隙間が大きくなります。

そのうち、このメガネの使用レビューも書いてみたいと思います。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/208-42da56c7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫