サイクリングロードの規制

 2010-09-07
夕方のニュースで多摩サイ(多摩川サイクリングロード)の特集を見ました。

ニュースでやる多摩サイの話なんて大体決まってます。やっぱり内容は自転車のマナーの悪さと減速させる為の規制や設備についてでした。特に注目したのは段差舗装のこと。絶妙に出っ張った段差が、知らずに高速で走るロードを殺すには申し分無い印象(´゚д゚`) この段差舗装については賛否両論あるみたいですが、多摩サイを走ったことが無い私には判断がつきません。

・・・で、この前湘南平まで行く途中に、いつものように境川サイクリングロードを走ったんですが・・・ 「これじゃね!?」 って思うことがありました。 終点の休憩所手前に建物があって、おじさんがホースから水を出してました。ホースの水は出っ放しでサイクリングロードに回避不能の大きい水溜りを作っていました。私は当然自分の自転車が汚れるのが嫌だったので減速して通過しましたが、他のサイクリストも似た感じで通過していきます。

そうなんです。 泥除けの付いていない自転車に乗っている人は汚れるのが嫌で水溜りは回避か減速をするんですよね。段差舗装とか危ない物を設置するより、水を撒いたほうが良いんじゃなかろうかと。で、そこの横に「水有り」とか看板立てて。段差舗装よりは転倒の可能性は低いだろう・・・ まぁ、泥除け付きの自転車とか、泥除けが無くても気にしない人は気にしないでしょうし、常時水溜りを作る費用とかもあるから現実的かって言われると微妙なんですけど、一つの案として(;´∀`)

もっとも、そういう規制とか設備以前に自転車も歩行者も気遣い(マナー)が先なんでしょうけど。
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/168-51b31e72

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫