SL・C58といちご ~秩父路の旅~

 2010-05-18
GW外しの家族旅行に行きました。 行き先は「秩父」。埼玉にあり地図だと近いけど、妙に遠く感じる不思議な場所。5月15-16日に1泊2日の旅です。
 
車での移動だと概ね3時間弱の見通しで、ゆっくりと午前10時に出発。東京・環八は混雑していたものの第三京浜と関越自動車道は空いていて、予定通りに花園ICを通過。午後1時には長瀞(ながとろ)へ到着。

titibu_f01.jpg titibu_f02.jpg
長瀞といえば「ライン下り」。荒川の渓流を船で下ります。荒川と言えばサイクリングロード?それとも金八?? 当日は水位が浅く、流れが穏やかで川岸の雄大な景色を楽しみながらのしばしの船旅・・・のはずが、なめてました!急流部分は結構な勢い!!濡れる直前の写真がコレ(;´д`)

titibu_f03.jpg
今回の宿泊は「旅籠一番」さん。江戸時代から続く老舗旅館なんだとか。建物は小さいですが、料理が食べきれないほど出てきて、美味しかったから残すのがもったいなく感じました。

titibu_f04.jpg
2日目は手初めに羊山公園に。芝桜で有名な場所で、丘一面に芝桜がはってあります。

titibu_f05.jpg
一面の芝桜・・・・・・のように見えて実は開花時期はとうに過ぎているので、一歩引くとこんな感じ。4月下旬から5月頭が一番良いみたいです。でもその期間は入場が有料(゚Д゚)

titibu_f06.jpg
長瀞→秩父と秩父地方を奥の方へ移動しつつ、農園「将門園」さんでイチゴ狩り。農園主さんの話では、GW中は沢山の人が来てハウスのイチゴが無くなったのだとか(^^; でも今日はまた花が咲いて実が付いてちょうど食べごろになってたみたいです。子供はイチゴ好き。好きなだけ食べて良いよと言うと「は~~~」と感動で声が裏返り(^^

titibu_f07.jpg
イチゴ狩りを堪能した後は、秩父鉄道の終点「三峰口」まで移動。そこで今回の旅の目的のひとつを待ちます。待ってる間は駅横の「車両公園」で秩父鉄道の古い展示車両を見学して暇つぶし。しばらくすると・・・ キターーー!m9(^Д^)

titibu_f08.jpg
SL C58 パレオエクスプレス! 秩父鉄道では春から秋にかけて週末にSLを走らせています。ここ三峰口は終点の為、方向転換でSLが転車台に乗ります。引込み線で釜の石炭カスを出すと、結構な勢いでバックしてきました。目の前を動く鉄の塊の雄姿に感動・・・。


titibu_f09.jpg
駅で出発までに記念撮影を終え、客車に乗り込みます。4両編成の客車は1両が指定席で、今回は指定席を取ったのですが、(GWじゃないから?)案外自由席も空いていて競争しなくても十分乗れそうな雰囲気でした。行き先は熊谷ですが、そこまでだと車を置く三峰口まで戻ってくるのが大変なので、途中の長瀞まで約1時間の行程。乗っちゃうと普通の列車なんですが、機関車のすぐ後の客車なんで窓を開けてると結構煤が入ってくるんですね。 窓から外を眺めれば、沿線でSLを見る人がみんな笑顔になってるのが印象的でした。 長瀞に到着。秩父の旅はこれでFinishです。

titibu_f10.jpg
SLに”さよなら”をして、電車で三峰口まで戻ります。観光案内を見回してみれば、まだまだ見たいところが結構あります。 秋にはぶどう狩りが出来るそうです。また秋になったら行こうかな!

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/152-802997c3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫