買い物自転車・マリポーサ カルバ号

 2010-04-26
mariposa08.jpg
最近は自転車と言えばこっちのブリヂストン・マリポーサにばかり乗っています。AVENUEの方じゃカゴが無いので移動は楽だけど荷物の運搬が出来ないこともありますからね。こんなとき、ママチャリとはひとつの完成形だと感心してしまいます。

もっともマリポーサはリラクシーバイクプロジェクトによれば、スポーティバイクの位置づけみたいですが。 この自転車に搭載されている内装8段のインター8が、しばらく前まで走るとチャカチャカとわずかなラチェット音のようなものが聞こえていましたが、機構に当たりでもついたのか全くの無音になりました。するとこのベルトドライブ自転車の出す音といえばタイヤの出すロードノイズくらいで、まさにサイレント・ラン。非常に快適です(^^

mariposa04.jpg
これが当自転車の秀逸なベルトドライブ機構です。 ブリヂストンのベルトドライブは一般のシティサイクルには「フローティングベルトドライブ」を使用しており、漕ぎ出しで自分が思うよりも進まない→ベルトがぐにょーんと伸びているという誤解が多くあったようです。

このマリポーサには「スマートベルトドライブ+偏芯ギア」で非常にダイレクトな漕ぎ味を出しています。ブリヂストンの説明によれば"こういうことらしい"です。 実際に乗ってみると、チェーンと遜色無い駆動性能です。

チェーンと比較しての利点は「静かなこと」。これが突出してます。そして「注油の必要が無い」ことです。しかし裏を返せば、それ以外ではチェーンと同等でコスト高にすぎる印象です。ベルト自体は非常に頑丈で、巷で言われる”切れる・伸びる”は無いと思います。 ヘン物好きで購入したので満足はしてますが、もっと分かりやすい違いが無いと理解されにくい商品だと思いますね。半端に高いですし。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/148-cca3383d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫