偏頭痛と薬の話

 2009-12-08
自分が"偏頭痛持ち"だとはっきり意識したのはいつだったかな・・・?

思い返してみれば、少なくとも高校や大学の頃は慢性的な頭痛など、まったく意識することがありませんでした。社会人になってから、頭痛が起きて吐き気が酷くなることが時々ありましたが、「偏頭痛」という病名?は知りませんでした。

いつだったか、隣にいた人が薬を飲んでいるのを見て「何の薬?」と聞いて、はじめて偏頭痛なるものがあるのを知った次第。 以下は、全て偏頭痛関連の話なので、興味のない方はスルーの方がいいかも(笑)
偏頭痛は不思議なもので、慣れてくると自分が「なりそう」というのが分かります。大抵は微妙に頭がクラクラするとか、少し痛むという初期的なものですが、変わったのでは時々光が強く見えるとか、視界の端っこでカメラのフラッシュが炊かれているような閃光が見えるとかがあります。

この初期段階で薬を飲めば、ほぼ収まりますが、手遅れたり無理して飲まなかったりすると、頭痛が悪化して吐き気・拍動性頭痛のWパンチにKOされます。こうなったら、あとは薬を飲んで治まるまで寝るしか対処法がありません。

で、その市販の鎮痛薬も自分なりにいくつか試してみて、以外と方向性というか・・・相性みたいなものがあるんだなと気付きました。以下は飲んだ薬のインプレッション的なものです(笑) (※頭痛薬は本当に相性があるので、私がそうでも他の方が同じとは限りません。)


イレノーA 
ジョンソン・エンド・ジョンソンの「タイレノール」です。 個人的には一番お世話になりたい薬です。鎮痛薬としては日本ではなんと言ってもバファリンですが、タイレノールは前述の偏頭痛を知るきっかけになった人が飲んでいました。飲む量は1回1錠で、飲んで横になるとスーッと痛みが取れて効いて来るのがはっきり分かります。効き目も長いみたいです。また胃にも優しいみたいで、私はこれでおなかが痛くなったことはありません。ただ、単価が高いので出かけ先とか仕事中とかの「どうしても抑えたい!」って時しか飲みません。



バファリンA 
ライオンの「バファリン」です。 超メジャー製品ですね。消炎鎮痛剤のスタンダードと言えます・・・が、私には合わないようです。まず効き目があまり良くないです。これは相性なのでしょうが、はっきりと頭痛が消えていくといったことを感じたことがありません。「いつまでも痛いなぁ。でも気にしないで置こう」なんて考えているうちに、なんとなく消えてるのかな?と言う感じで。あと胃に優しいとありますが、飲む度になぜか胃痛に悩まされます。何処でもあるけど、ちょっと遠慮しちゃうかなぁ。


バイエルアスピリン
 
バイエル薬品の「アスピリン」です。 バファリンを超えるスーパーメジャー品です。アメリカじゃ常備薬を越えて日常的に摂取している人も多いとか。映画でもよくアスピリンを飲んでいるシーンがあります。水無しで飲むのもスゴイですが、こう言う薬を日常的になんとなく飲んでいるというのもすごすぎ(^^; 単価が安いので試しに何度か飲んでみたのですが、合わないのか薄ボンヤリとしか効かない感じです。例えばタイレノールが100%痛みが取れるとしたら、アスピリンは60%くらいで止まっている感じ。なんとか我慢できる程度にまで回復するけど、それ以上は頑張ってくれないみたいな(笑)あと、バファリンほどではないですが、時々胃の痛みやむムカつきが有りました。



ハッキリエースa
 
小林製薬の「ハッキリエース」です。 名前はアレなんですが(笑)、今のところ一番お世話になっている薬です。これもタイレノールと同じくらい良く効きます。効果が出るスピードが一番速い気がします。散剤(粉薬)なのも一役買っているかもしれません。ただ、はっきり効く代わりに、効果が切れるのも早い気がします。タイレノールなら帰宅まで持つのに、仕事中に飲んでも仕事が終わる前に効果が切れてしまうことが、たまに有ります。でも単価が非常に安いので、自宅・職場・旅行カバン・車の中などほぼ常備しています。

こうして飲んできた薬を見ると、私が好むのは「アセトアミノフェン」系の薬だと言うことです。

市販の頭痛薬は大別して3種に分かれるようで、アスピリンやバファリンの「アセチルサリチル酸」系。タイレノールやノーシン、ハッキリエースの「アセトアミノフェン」。イブの「イブプロフェン」系の3種です。 人によって、効く系統の薬があると思うので、この辺を考えて市販薬の選択をしてみるのも悪くないと思います。

ただ、上記で系統分けしましたが気をつけなければならないことがあります。例えば、バファリンではバファリンAはほぼアセチルサリチル酸メインの薬ですが、バファリンプラスSはアセトアミノフェンとの混合です。またバファリンルナに至ってはイブプロフェンとアセトアミノフェンのハイブリッド薬で、薬効は同じ系統でもバファリンAとは全く違う薬です。 普段何気なく飲んでしまう薬ですが、飲みすぎも。薬とは上手く付き合っていきたいですね。
関連記事
タグ : 偏頭痛
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/122-c70659a0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫