これがなきゃ、アレじゃない

 2009-09-05
我が家のブリヂストン・マリポーサカルバ(スマートベルト)は一味変わったシティサイクルです。 ブリヂストンの狙いを考えると純粋なママチャリではなく、ママチャリより少しスポーティな自転車というところでしょうか。マリポーサはシティサイクルの命ともいえるパーツが2個ほど「オプション」だったので取り付けをしてみました。

mariposa06.jpg
一つ目は「馬蹄錠」です。 色々みたのですが、後付の馬蹄錠ではこのブリヂストン製のものしか無さそうです。なぜならマリポーサのフレームが19φもあるので、普通のタイプは取り付け金具が回りきらないんですね(失敗経験あり)。この馬蹄錠がつくと、一気にシティサイクルって感じになります。作りガッチリ、重量級です(^^;

mariposa07.jpg  
二つ目は「カゴ」です。 コレが無いとシティサイクルじゃないですね。買い物袋を突っ込んで持って帰れる幸せ♪ カタログで推奨されているカゴは細長くて買い物袋向けではないので、同じリラクシーバイクシリーズのベガス用丸型バスケットを流用して取り付けしました。取り付け途中、ちょっと無理かな?と思われましたが、意外としっかり取り付けできました。

mariposa05.jpg
それ以外に、サドルも交換しました。  純正だとスポーツサイクル向けのやや固めのサドルだったのですが、嫁さんが「痛い」というのでテリー型サドルを買って交換しました。

まぁ、なんて言うか・・・普段ロード用の硬いサドルに乗りなれていると、バネ付きのママチャリサドルはまるでソファみたいです。乗り心地が良いか悪いかは主観ですねー。車に例えるとスポーツカーとラグジュアリーセダンを比べるみたいなもので、単に方向性の違いですからねぇ。

これ以外にもマリポーサならではの特徴もたくさんあるのですが、ネタ切れにならないようにボチボチ書いていきます(^^;

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/103-44e15532

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫