au Run&Walkを自転車で使ってみました。

 2009-08-29
以前に、コメ欄でmicさんから「Alpslab」でルート作成できることを教えていただきました。

その後、「Yahooドライブ」でも似た感じの機能があることも知りました。 これらは、事前にルートを検索して使うと言うイメージが強いもので、標高も表示されるのでサイクリングの計画立ての強い味方です。 逆に、走ってきたルートを記録してマップ上に展開する・・・ということも出来そうだったので、挑戦することにしました。


私の携帯はauのW64Sで、標準でアプリに「Run&Walk」と言うものがあって、これはジョギングや散歩、自転車で通行した道のりをGPS で拾いながら、auサーバーへアップする機能があります。いわゆるGPSロガーですね。 早速、使ってみました。 携帯の写真が無いのですが・・・ まずアプリ「Run&Walk」を起動します。自転車で利用するには、月額105円の有料サービス「ベーシック会員」になる必要があるみたいで す。

起動したらその中の「"Bikeモード"でワークアウトを行う」を選択。さらに「フリーラン」を選択して、「走行開始」と手順で選 択していきます。GPSの測位が終わったら、「Workout Stat」を押して開始です。 愛車には携帯ホルダーが付いていないので、携帯はバックパックに放り込んで自転車を走らせました。あとで見たら、その間ちゃんと計測していたみたいです。 走り終わったら、「Stop」を押してサーバーにデータをアップして終了です。Stopしないと、いつまでもデータ通信を行ってしまいます。 家に帰り、さっそくPCでログを確認してみました。

au_run01.jpg
まずauの「Run&Walk」のホームページにアクセスしログインします。IDは携帯に記録されています。確認は一番下の登録・変更で見ました。最初はパスワードも設定されていないみたいです。 ログインしてデータタブのリンクを開くと・・・

au_run02.jpg
おー・・・しっかりと記録されています。

一 応、走行距離とか走行時間、簡単な標高なんかも出ます。その他に消費カロリーとか・・・この辺はどうでも良いですが(^^; 携帯には平均速度もありまし たが、止まっているときも計測するので、サイコンよりもかなり遅めに出ます。 この表示地図は縮尺変更等ができないので、軌跡をGoogleマップに入れてみました。 まず、上の写真の右上に「このデータをエクスポート」をいうボタンがあるので、それをクリックします。すると、軌跡のデータをKMLデータに出力してくれるので、PCのどこかに保存します。タイトルは「workout~.kml」となります。

au_run03.jpg
googleマップを開き、ログイン(無料アカウント)します。ログインしたら、上丸印の「マイマップ」をクリックし、さらに「はじめに」をクリックします。

 au_run04.jpg
丸印の「インポート」をクリックして、保存したKMLデータを参照、アップデートします。すると・・・

au_run05.jpg  
出たー!
ちゃんとマップ上に出ました。でも飽くまでGPS測位だけなので、拡大すると実は結構適当な軌跡なのはご愛嬌ってことで(^^; 何の役に立つかって聞かれると返答に困りますが、面白いことは確かです。

強 いて言えば、適当にポタリングした後で、どこを通ったのか確認する・・・みたいなのが適当な使い方でしょうか? 一応、Alpslabにもアップすることが可能でした。しかし、はっきりとした標高が表示されるのは、どうもGoogleアースだけみたいで す?Googleアースはロースペックパソコンにはきつそうなので、入れて無いんですよねー。

まぁ、標高が出ても「ああ・・・あの坂はきつかったな」と回想して終わりなんですが(笑)
関連記事
タグ : au run&walk
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nnnhh.blog.fc2.com/tb.php/101-978b6db4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫