Cube i7 Book その後

 2017-08-14
i7sonogo.jpg

さて、今年1月に購入して、お絵かきデバイスとして活躍している「Cube i7 Book」のその後のお話です。

まずペン。ワコムEMRのペンは、ワコム自身が電磁誘導式(EMR)をやめており、対応ペンも生産を終えているところから、すでに過去の技術になりつつあります。筆圧感知機能を売りにしているタブレットは、EMRでは予備ペンの入手が難しい傾向になりつつあるので、新規で購入する際はデジタイザの方式に注意をしたほうが良いと思います。

ボクの場合はEMR対応のLenovoペンを偽物と本物(と思われる)を2本購入し試しましたが、どちらも痛し痒しという印象で、結局のところCubeの純正ペンを買って、いまのところそれに落ち着いています。純正ペンはLenovoのOEMかと思ったら、サイズも形状も少しづつ違い、ちゃんと差別化された製品でした。性能は・・・Lenovoペンが50点としたら、70点って感じです。座標ズレと画面端の反応の悪さは仕様とあきらめるべきでしょう。

本体のほうは、画面が頻繁に一瞬だけブラックアウトする現象に悩まされていましたが、原因はBluetoothでした。デバイスマネージャーからBluetooth(インテルワイヤレスBluetooth)のドライバのプロパティに入り、電源の管理タブから「電力の節約のために~」項目のチェックを外すことで、ピタリと現象が止みました。

さて、タブレット自体の総評です。

2Dのお絵かきはセルシルのクリップスタジオEXで行っています。i7のスペックは、ソフトの推奨スペックに到達していませんが、それなりに動作はします。”すごく”快適!というわけにはいきませんが、そんなにもっさりでもないというところです。描く絵の規模によるのでしょうが、350dpi・A4サイズのキャンパスにフルカラーで描いて、レイヤーを40枚程度構成しましたが、極度に遅くなるということはありませんでした。同人誌の作成程度なら、たぶんいけるでしょう。・・・てか、実際にこれで1冊仕上げました。

3Dは危ういです。2D絵を描く際に何度か3Dモデリングを動かしたのですが、演算に時間がかかるようで、かなりカクつきます。静止状態をマウスで動かすだけでこんな様子ですから、3D作成は多分無理です。おそらくCPUであろう発熱も半端ないです。背面がすごく熱くなります。

この機種の問題点は2つです。
1つ目は発熱。充電しながらの動作は禁忌です。バッテリー周りと思いますが、充電しながらの作業はWeb閲覧だけでも相当熱くなります。膝の上でなんか絶対してはいけないぐらいの熱さです。これがお絵描きなどある程度処理が必要な作業を行うと、バッテリー+CPUの発熱で、ぶっちゃけ落ちかねません。落ちるくらいならいいですが、焼けてしまった場合データ破損も考えられますので、同人の入稿データなんかを作っていたとしたら最悪の状況に陥るかと。

2つ目はペンの動作が不安定です。原因がクリスタなのかドライバなのか不明なのですが、それほど発熱していない状態なのに、作業中にペンタッチがALT+SHIFTキー、またはWinキーが押されっぱなしの状態になって操作を受け付けなくなることがあります。マウポインターのほうは無事なことがあるので、ペン側に問題があるのは間違いないです。Lenovoペン2種、純正ペンの3本すべてに起こるので、ペンの物理的な不具合ではなく、ソフトウエア上の問題であるのも間違いないはずです。面倒なので放置してますが。


まとめますと、ベンチマークに基づく性能は上々。コストパフォーマンスでいえばかなりいい部類と思います。普通に動かしている分には値段の割になかなか良いという結論に。ただし、信頼性という部分で大きくマイナスです。いつ基盤が逝くかわからない危うさがあるので、メインにちゃんとした作業PCがあって、そのうえでのお遊びのサブ機という扱いならOKかと思います。お絵描きを例にとれば、TwitterやPixivなどにそこそこの作品を上げるようなスタイルなら、データが逝ってしまってもダメージは少ないので可。しかし、何か月にもわたって本を作るような長期の制作活動の場合、爆弾を抱えているようなものなのでまったくもってお勧めできません。

あと、画面サイズですがお絵描きにはこの10インチサイズは最低限のサイズかなと思います。パレットを広げすぎると描画エリアがかなり狭いので、絵の拡縮を頻繁に行うことになります。

正直、SurfaceBookがとても欲しい今日この頃です。
関連記事
タグ : cube i7 book タブレット

夏のヒルクラツアー「浄土平」

 2017-08-06

2017年8月5日―
7月は別の趣味や天気など諸々な理由で全く自転車に乗れてませんでした。体重も順調に増加中・・・てなわけで、ちょっと山に登ろうかツアーを組んで、福島県は「浄土平」に行ってきました。

joudo02.jpg
福島駅まで輪行。そこから道なりに走ればやがて浄土平につきます。磐梯吾妻スカイラインの標識がみえてきて、いよいよヒルクラスタート!先の道はいい感じに傾斜してますねぇ。本日のお連れ様、エイジさん、Kさん、Uくん。

joudo03.jpg
台風5号の影響か、降水確率は低いものの天気は曇り。山に登れば当然雲の中に突っ込んでいくので、このような結果に。でも粒大き目の霧って感じで、蒸して妙に暑い中に、ストシャワーみたいで気持ちがいいです。案外ヒルクラにはいい陽気!?

joudo04.jpg
中盤の高湯温泉まで到着!いやー・・・きついっす。距離や斜度を考えたら、乗鞍相当と言って過言ではないと思います。少し嘗めてました。特にきちーのが無散水消雪道路のコンクリ道路辺り。

joudo05.jpg
休憩中に芽生える友情。今日の生き物1、トンボ。

joudo06.jpg
高湯を過ぎて少し上がっていくと、なかなかいい天気。下界を見渡せば、かなり雲の上に来ていました。

joudo07.jpg
よっしゃ!標高1000m

joudo08.jpg
今日の生き物2、道路のカエル。

joudo09.jpg
磐梯吾妻スカイライン名物「不動沢橋」。ダイナミックなアーチ橋です。

joudo10.jpg
橋上からの眺め。雲が切れるといい眺めが少し見れました。快晴は理想だけど、これはこれでまぁまぁいい感じ?

joudo11.jpg
エッチラオッチラ上っていると、やがて森林限界に到達。コーナーを超えると、雄大なはげ山風景が見えます。霧が流れて隠れてしまいましたが、現地ではもう少しはっきり見えました。

joudo12.jpg
最後の九十九折を越えると、浄土平へ到着!なんだか写真は上半分を消しゴムで消したみたいになってますが(;^ω^)

joudo13.jpg
レストハウスのレストランでソースカツどん。うーん、デリシャス。補給食が不足して空腹で上がってきたので、なおのこと旨いです。

joudo14.jpg
浄土平駐車場を過ぎて、反対側に少し上がると、最高地点「1622m」。浄土平、いただきました(^^♪

joudo15.jpg
ばびゅーんと下って、一路、郡山を目指します。

joudo16.jpg
スカイライン途中からバイパスを避けて旧道へ入ります。道中、野生の猿軍団に遭遇!今日の生き物3、猿。ようこそジャパリパーク。

joudo17.jpg
概ね平野部まで降りてきました。国道4号を行くルートも考えましたが、面白くなさそうなので農道を抜けて、なるべく市街地に出ない道を選択。う~~~ん、暑い!ここにきて、ついに夏のサイクリングの様相。

joudo18.jpg
駅前のお祭りにルートを阻まれつつも、なんとか郡山駅に到着・・・ゴール!
到着とほぼ同時にゲリラ豪雨来襲!ギリギリのタイミングでした。


本日のルート。

乗鞍や富士山、美ヶ原なんかと比較すると、浄土平って自転車乗りにイマイチ知名度が低い印象です(個人的に)。ですので、そんなに大変じゃないだろう・・・と嘗めてかかったのですが、これが思いのほかきつくって、よく考えたら福島駅から30㎞上りって、けっこうありますよね(笑)
今回は天気にめぐまれたような、そうでないようなびみょうーな感じでしたが、なまった体をリハビリするには厳しすぎない陽気はよかったかなと。眺めも時折晴れ間が出て、それなりに雄大な景色が見れましたし( ^ω^ )

さて、今月末は例年通り、直江津。予算とスケジュールの関係で、日帰り新潟になりそうですが、そもそもはたして走り切れるのかっ?って感じです(;''∀'')

関連記事
タグ : 浄土平
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫