STIレバーが5700系に変身!

 2017-05-26

前回の記事でSTIレバーの調子が悪いことを書いたら、なんとDBK仲間のヨッシーさんが5700STIレバーを譲ってくれました!

神、降・臨・!!


これはさっそく交換作業に入らねば・・・ってことで、まずは構造把握を兼ねた分解清掃から。ワイヤーの通し位置とかが5600系と全然違うので、なるほどなーと感心しながら観察しました。

ST570002.jpg
新しいワイヤー類を買ってきて交換作業に入ります。右レバーが終わって、5700系と5600系のミックス状態です。走るだけならこの状態でも差し支えないですけどね(笑)
インナーワイヤーは新品ですが、アウターとバーテープは再利用しました。

ST570003.jpg
取り付け完了! 5600系世代の特徴であるシフターワイヤーの”触覚”が無くなって、少し現代バイクっぽくなったかな? うれしくもあり、少し寂しくもあり。でもこのおかげでライトの光軸上にワイヤーが入らないので、影ができたり、ワイヤーが反射してまぶしかったりしなくなったのが地味に良い!

ところで、これでますますパーツ構成のツギハギ感に磨きがかかりましたw STIレバーが5700系。ブレーキキャリパーが5600105。クランクが5600105改(リング交換)。FDが5600105。RDが6700系アルテグラ。その他チャイナパーツ諸々・・・と。


少し走ってみました。

いいですね! 変速もスパスパ決まって違和感なしです。ただレバーの握り心地はかなり違います。5700系105は一言でいえば「ごつい」です。カバーに包まれている構造物がカクカクしてボリュームもアップしているせいだと思いますが・・・。でも握りにくいかというとそうでもなく、10分もすると「こんなもんだ」と慣れてました。

次の遠乗りが楽しみになりました( ・∀・)


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
タグ : STI 5600 105 5700

STIレバー不調

 2017-05-22
105STI
ボクの自転車は5600系です。このSTIレバーも納車時からずっと使っているので、7年くらい使い続けています。

最近、このレバーの調子が悪いみたいで、ローからトップへシフトアップするとき、3,4速のところだけ一気にシフトアップするようになってしまいました。中のラチェットが滑っているみたいで、レバーのリリースは1回分だけなのに、ダダン!と1速分飛ばして変速します。

ですので、3速を使いたいときは4速まで変わってから1速シフトダウンするという2度手間をかけています。レースに出ているわけじゃないのでさほど不都合ではないのですが、あまり気持ちのいいものではないです。


5600系なので10速なんですよね。5700系のレバーを探して付け替えるか、思い切って11速化するか・・・どうしようかな?


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
タグ : STI 5600 105

行き先、思うがまま(笑) DBKサイクリング

 2017-05-21
玉川兄弟
2017年5月20日―
DBKのオフで鴻巣奥多摩釜飯蕎麦屋に行ってきました。5月なのに夏を感じさせる暑さでしたが、風はまだ冷涼さを少し残していて、快適なサイクリングでした・・・というお話。




林檎さんからお誘いを受けたとき行き先の相談をされたので、簡単に調べて「鴻巣のポピーが見頃らしいですが」と言ったので鴻巣になったのですが、よくよく調べたら結構距離があるし、なにしろ狛江の集合地点から鴻巣まで道が複雑! やばいなコレは・・・と思ってたら、やっぱり変更になりました(^^) 奥多摩の釜飯屋に行こう!ということになったので、まずは国立に8時集合です。

是政橋
国立までは約40km。横浜環4から柿生へ向かい、黒川を経て是政橋へ。多摩川の橋はどれも立派ですねぇ。

国立折り返し
早く着きすぎそうだったので、コンビニで時間調整しつつ国立折り返しの集合場所へ。本日は林檎さん、GURIさん、マトケンさん、ぴかぬうさん、ボクの5名によるオフです。

多摩サイ
国立から奥多摩に向かうには、とりあえず多摩川を遡っていけばいいわけなんで、ひたすら多摩サイを行きます。マトケンさん先導の下、のんびりペースで走ります。

玉川兄弟前にて
玉川兄弟の像まで到着。以前にひとりで来たときは上の道路から休憩所を見ただけだったので、兄弟像がどこにあるのか分からなかったんですよね。多摩川では有名な場所に来れてちょっと感動(^▽^) 冒頭の集合写真を撮り、さらに川上めざします。

阿蘇神社
阿蘇神社。お参りと自転車お守りを買いました。ここに来るのは2回目。なんだか林檎さんの座る回数が増えて怪しい雰囲気ですが!?

暑いねー
元気そうに見えますが、日影はきっちりキープです(笑) どこからそう決まったか定かでないのですが、釜飯屋は少し遠いから蕎麦屋にしようということに。9km弱縮んだだけなんですが(=∀=)

そば梅の内
蕎麦屋 梅の内に到着!開店前なので談笑しながらのんびり待ちます。日向にいるとなかなか暑いっすねぇ。

いろり
一番乗り(当然)で店内に入り、囲炉裏をGet!全員が天盛りです。

天盛
ずいぶん多く見えますが、ざるが逆さなので量は普通です。天ぷらがおいしかったです、玉ねぎ、にんじん、鮎、諸々・・・。囲炉裏端の居心地がよく、食べ終わってもついつい長居してしまいました。

御岳山駅
明日も御岳山オフがあり、マトケンさんが駅まで行っておきたいと言うので青梅線・御嶽駅まで少し足を延ばします。

御岳渓谷
御岳渓谷・・・良い眺めです。こういう場所みると、旅行とかも行きたいな・・・と思います。自転車持ってねw

キウイアイス
軍畑(いくさばた)の交差点でGURIさんとお別れ。残りのメンバーは来た道を戻る形でまた多摩川沿いを走ります。海に向かって下り基調なので少し楽です。途中、あまりの暑さに今年初のアイス休憩。ボトルの水がお湯になってて超マズいです・・・。

解散
四谷のY'sロードに行くというお話でしたが、ボクはここ多摩大橋で離脱。みなさんお疲れ様でした!またいずれご一緒に。

北八王子を抜ければ拝島からよりは楽かなぁ?なんて考えてのに、案外細かいアップダウンの連続で地味にきついです。しかもよく見れば前に走ったことある道だし。ツマンネー、シッパイシタ。

境川
八王子と橋本の間に一山あって、たいていは八王子バイパスの歩道か国道を行くのですが、第3ルートを開拓!とばかりに野猿街道に入り込みます。これがまたしても大失敗。無意味に遠回りでしかも国道の御殿峠を変わらない傾斜。意味なく体力だけ失ってよろよろと戦車道へ合流。そのまま町田を目指して境川へ。あとは勝手知ったる帰路です。


本日の記録。集合が多摩川沿いだと、どうしても多摩丘陵のどっかを抜けなきゃいけないので毎回ルート検索するのですが、どうにも良い道が無いですねぇ(笑) 奥多摩は清川・宮ヶ瀬に雰囲気が似てて好きです・・・の144.8km(メーター)

次は6月3日でしょうか? ホームでお待ちしています!


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

2年ぶりの三浦一周

 2017-05-03
GWは自転車からスタートです。

2017年5月3日― いつものU君と三浦は初めての同じ会社のKさんとボクの3人でくるっと回ってきました。程よく涼しあったかい天気に走りやすく、「たーのしー!」サイクリングになりました・・・というお話です。




ヴェルニー公園
スタートはここヴェルニー公園から。東京方面から来るKさんは輪行で。U君とボクの二人は神奈川県人ですので自走です。奥に見えるのは米軍の船なのかな?

馬堀海岸
馬堀海岸のストレート区間です。今日は南寄りの風向きらしく、やや向かい気味ですが、ペースが緩いのでさほど気にならないです。ゆるゆると速度抑え気味でのんびり走ります。

観音崎
観音崎まで来ました。ど~もお腹が減っているようなので、たこ焼きを買って食べたのですが、やはり粉物は腹に効く・・・!そのときは良かったのですが、まったく消化されてる感がなくてお腹が重かったです。

浦賀の渡し
いつもソロで走るときは利用しない「浦賀の渡し」も今日は乗ります!ロードだと船を待ってる間に、対岸へ行けてそうな感じもしますが、乗ることに意味があるので(笑) トトトトト・・・と軽快なエンジン音で小舟がやってきます。

浦賀の渡し
桟橋へ直接接岸して、自転車を担いで乗り込み。固定したりとかはしません。柵に立てかけるだけ。乗船時間、およそ5~6分ってとこでしょうか。水上では潮の香りが強く、ほどよい揺れでもう少し乗っていたかったですね。

三浦海岸
いつも先頭ばっかりじゃつまらないので、たまにはU君に引かせます。三浦海岸は道なりに一直線なので、迷う心配もないですね。それにしてもGW初日ということもあってか、あちこちの海岸なのでBBQしまくり。通り過ぎるときにいい匂いがするんだな!

宮川公園
風力発電の風車が目立つ宮川公園に到着。右回りだと松輪までの上りと、この公園までの上りがきつめのところでしょうか。ここまで緩いながらも休憩少なめのペース配分だったので、お昼時間までには少し余裕がありそう。まぐろと大根のオブジェの前で。

三崎の町
時間調整のため城ヶ島に立ち寄りました。・・・といっても立ち寄って休憩しただけですけどw 戻りの橋上から三崎の町を一望です。

牡丹のまぐろラーメン
また来ました。中華料理「牡丹」のまぐろラーメンです。あっさり塩味のスープで、例の粉物でやられた胃にはちょうど良かったです。Kさんが一緒に頼んだシューマイがおいしかったな! 帰り際、店のご主人に「2年ぶりに来ました、また来ます。」と言ったんだけど、調べたら5年4か月ぶりでした(´∀`;)ゞ

立石海岸
三崎を出ると、あとはゴールの藤沢に向かってひたすら134号線です。ところどころ激しいGW渋滞が発生しつつも、自転車は関係ないとばかりにガンガン進みます。さらに前半は敵だった風が、後半は味方に。追い風に乗って漕ぐ力も少なく軽快な帰路となりました。途中、立石海岸で小休憩。

森戸海岸
最後に森戸海岸に立ち寄って、海に立つ鳥居見学。天気が曇りになって風が冷たく、早々に退散しました。

15:30ごろ、無事に藤沢駅についてKさんがここでゴール。輪行で帰宅です。ボクとU君はさらに境川CRでもって自走帰宅。帰りの境川ではマビック・コスミックカーボンの巡行性能に十分満足しました。上りは重い・・・けどね。


今回のルート。何度か走っているし、ルートもほとんど変えてないので予想通りの114km。 三浦一周は車が多くて、少し危ないこともあるんだけど、それなりに見どころもあって、走るのも山的なら内陸寄り、海を眺めたいなら海岸線・・・とルート変更もある程度許容してくれます。

サイクリングは緩めのペースで無理せず、かわりに休憩少なめにすると時間管理がやりやすくなりますね!・・・と気づいた三浦一周でした。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫