リップスティックとかいう乗り物

 2016-04-30
なんか子供たちが腰をクネクネさせて乗っている、スケートボードみたいな乗り物を見たことありませんか?

広義には「キャスターボード」。商品名だと「リップスティック」や「ブレイブボード」。または「Jボード」やら「エスボード」と、まぁ色々あるらしいです。
構造はどれも一緒で、前後セパレートされたボード(デッキ)がトーションバーで連結されてて、板をに捻りを加えることで、傾いてついている車輪に前進する力が与えられ自走することができるっつーものです。だから少々の坂道なら上ることもできます(ちゃんと漕げればw)

リップスティック ネオ
アパートの子供たちがこぞって乗っているのを少し借りて乗ってみたところ、案外おもしろい! もしかしたら、スノーボードのオフトレに使えるかもしんない・・・ってことで、子供たちに「やってみたいよね!?」と強引に購入の方向へw

購入はココで。

リップスティックの練習
注文から数日で到着。さっそく上の子が練習中・・・。

ちょっと借りてやってみます。ううむ・・・40オーバーのおっさんにはなかなか難しいぞ。

数日間、暇な時間を使って練習した結果・・・なんとか蹴り乗りして、フロントサイドでターンまではできるように。ただ、地面が上り傾斜していると漕ぎ力が足らないのか、勢いが無くなりストップ。まだまだ体の動かしに固さがあるようです。

練習していると、近所の子供たちがいろいろ教えてくれるのでまわりは師匠だらけw 


少々の練習の中で会得したコツは・・・

・遠くを見る(足元は見ない)
・・・ってDVDにもある基本ですね。

・両手を広げる
・・・バランスがとりやすく、かつ上半身と下半身を別々に捻りやすくなります。

・ターンのときは前に突き出した手で曲がる先を指さす
・・・これ、スノボスクールで習ったことですが、師匠(子供)たちの動きを見ていると、きちんと上半身から先に捻っていることに気づきました。つまり上半身が先行して下半身がついてくる形です。特にバックサイドでターンするときは有効のように思いました。

・滑りにくい靴底のものを履く
・・・後ろ足はデッキを動かすために激しく前後運動するのですが、グリップがあるとデッキコントロールがやりやすいです。くれぐれもサンダルとかでやらないように!(最初、舐めててサンダルでやってデッキからすっぽ抜け、転倒して怪我しました)


う~ん、面白いけど、これってスノボのオフトレになってるのかな?!(=∀=)

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

海沿いポタリング

 2016-04-23
会社の自転車仲間、Hさんと久々に休みが合ったので、「5月のハルヒルに向けて少し走っとこうかポタリング」に行ってきました。

Hさんがここんとこだいぶ走ってないので、それほど遠くなく適度な距離で・・・ということで、まずは逗子まで。いつもの昼飯処「めしやっちゃん」の開店前に一発山登りです。

被露山公園
逗子の高台「披露山公園」まで坂アタック。平均8%、距離600m強ってとこですね。だいぶ息が上がっちゃってますけど、ハルヒル、イケそうですか?

めしやっちゃん
適度に小腹をすかしたところで、ようやくめしやっちゃんでお昼ご飯。今日はカツオのユッケとかき揚げ定食。う~ん、味はグッドですが、なにかユッケに硬いものが・・・ウロコかな?ユッケの中に時々混じってて、気になって仕方がなかったです。しっかり完食しましたけど。

134号
食べた後は運動ですよ♪(o・ω・)ノ)) 由比ガ浜から134号に出て茅ヶ崎のY'sロードまでお買い物。フラットな海沿い道路を追い風に乗って快調に飛ばします。やはり湘南はイイ! 今日は曇りの予報だったけど、午後から天気回復でラッキー。

茅ヶ崎C
Y'sでボクはミッシングリンクの予備を。Hさんは決戦ホイール用のチューブを買いました。あそこは自転車ラックの前に、盗難防止の警備員がいるんですね。最初はビル警備かと思ってました。
そして、せっかくなのでサザンビーチのCマーク前でパチリ。モニュメント周りの砂が掘ってあって、後ろに変な砂山が写り込んでいます・・・。

この後はまた134号を東進し、浜須賀の交差点から藤沢橋へ。そのまま遊行寺坂を駆け上がり国一に出て適当に走って帰宅。


そういえば、この日は例のカーボンサドル+レーパンで走ってみました。結果「意外といけるんじゃね?」って印象。もっとも、改めてサドルの角度をちゃんと水平にした上に後退幅も見直したら、明らかに尻にヒットする部分が変わったので、それが効果大だったのかもしれませんが・・・。

しかし、それでもやっぱり100㎞程度止まりって感じですね。ソロで走れば休憩の間隔が長くなるので、ダメージの蓄積は早くなると思うので、本当はもっと耐えられないかも。やっぱ決戦サドルの扱いかなぁ。

そんな感じの走行60㎞ポタリングでした。Hさん、ど~ですかね?5月GWはハルヒルの試走ですが、あっこは平均6%、距離14.6㎞ですよ(○´・Д・`)ノ

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

カタァイ!中華フルカーボンサドル

 2016-04-21
愛用というか、ずっと使ってきたセライタリアSLKが痛んできたので、新しいサドルを物色してたんです。そんな折に酒Powerで気まぐれに注文してた中華フルカーボンサドルが届きました。

カーボンサドル
うっす!煎餅か。 そして超軽い。なんかカッコいい。すげー速いロードバイクみたいw

カーボンサドル
前のサドルと。少し幅が狭くなってます。

少しだけ乗ってみました。

「カタァイ!」

わかっちゃいたけど・・・。ちょっとしたギャップでも、通り過ぎた時のダイレクトな衝撃が半端ナイ。しなりとかそういうのは関係ない世界。きれいな路面のところでは問題ないんだけどね・・・。
でも、いいところもあります。表面がサラサラしてるのでペダリングがやりやすい気がします。あとダンシングで振った時に軽いです。


結論、これでロングライドは絶対無理! レーパン無しで通勤に少し乗っただけで、なにか腰(尻ではない)に残っちゃいけないダメージが。
こいつはヒルクラ専用アイテムとして保管ですな。ハルヒルの時に活躍してもらいましょう。

でも何気に気に入ってます(^∇^)ノ

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

甲州街道で松本を目指せ!

 2016-04-17
毎年、夏の最後に行われる、自転車で直江津を目指して走る「直江津集合!」イベント。去年はしまなみに遊び予算を割いたので参加できませんでしたが、今年は行きたいと思ってます。

でも初参加の時こそ夜通しで一発走行しましたが、やっぱり夜間走行は性に合わない・・・。暗くて危ないし、なにより何も見えなくてツマンナイので。だから今年は「自宅~松本」「松本~直江津」に2行程に分けて、普通に日中サイクリングを楽しみながら走ることにしました。いわゆる”刻み”ですネ。

まずは松本までを走ってみることにしました。

matsumoto201601.jpg
matsumoto201602.jpg
松本まで200㎞超。時間に余裕をもって早朝出発。日中の暑さを考慮して、やや薄着できたら相模湖あたりで超寒い!あれあれ~?松本制覇は6月あたりで良かったんじゃね?と後悔しつつ、気合いで足を回します。
{{{{( ̄△ ̄)}}}}ガチガチ、サムー
相模湖から甲州街道へ。あとはひたすら道なり。四方津を過ぎたあたりからようやく日が差してきて暖かくなってきたー。

猿橋
大月の名勝・猿橋です。今回ルートでは数少ない見どころなんで避けて通るわけには♪(o・ω・)ノ

笹子トンネル
国道20号を行くと、二択を迫られる笹子山。国道のトンネルを行くか、峠を越えるか・・・。今日は距離を少しでも短くしたいのでトンネルへGo!トンネルは甲府へ向かってやや下っているようでスピードは乗せやすいですが、やはりトラックは怖いですねぇ。

matsumoto201605.jpg
笹子トンネルを抜ければ甲府盆地に向かって爽快ダウンヒル。南アルプスを望みつつ20号バイパスを飛ばします。韮崎で昼食をとり、さらに諏訪を目指して走る・・・が、どうも右膝が痛いし尻も痛い。しかも腹具合も何か・・・。

matsumoto201606.jpg
富士見に向けて緩い上り基調で、少し上って平坦、少し上って平坦とジワジワと足を削られ・・・ますます膝も尻も痛い・・・地味な上りで速度が出ないから気は焦り・・・と良くない状況。
「諏訪まで行ったら終わりにしちゃおっかな」とか「いやいや、松本まで行かないと直江津本番で距離が残りすぎる」とか色々葛藤。
今回は見どころがなく延々と走っているだけなので、花でも撮らないと記事のネタが・・・ってホームセンターのサンプル花壇なんだけどねw

富士見峠
なんだかようやく富士見峠。休憩の回数、半端ナイ。先の見えない長い上りってのが一番つらいなぁ。結局、どこまで行くか決まらいまま諏訪湖へ向かってまたダウンヒル。


アレ?走りやすい?
もしかして、いまオレ来てる? なんだろう、風が来てる。確実にこっちに。 いま、最高に乗れてる!



matsumoto201608.jpg
いや追い風がすごいだけだわw リアルウインド。 御柱祭りのノボリがすげーなびいてるし。

諏訪湖
風と共に諏訪湖。いや~、なんだかようやくここまで来たなって感じ。ここまで来たら松本まで走ろうって気になってきました。あとは塩尻峠かー。

塩尻峠
あー、ダメダメ。膝の右膝の痛みが半端なくなってきて、右をかばって左で踏んでたら、両方痛くなっちゃった。平地はいけるけど、思いっきり踏み込むとギリギリと痛むので、適度に緩くなるところまで押し歩き。緩めのとこだけシッティングでエッチラオッチラ上って、なんとか塩尻峠へ到達。
どんな形であれ最後の山場を越えたので、あとは松本に向かって下るのみ!

松本駅
松本駅、到着!
これで直江津への橋頭保を確保。8月の本チャンはこっからスタートです。さて輪行で帰りますよっ。ホームへの階段を下りた時、膝にマジ痛み!あー、これは逝ってますわ。ヤバイ、ヤバイ。


自宅から松本までと帰りの最寄駅からの距離を足して、本日の走行219㎞。本当は12時間以内にクリアしたかったけど、走力的に無理でした。っていうか、あそこまで膝が痛くなったのは初めてで、踏めないってのが一番つらかったかな。なぜか尻痛もひどかったし。

あ、昼飯後に少し昼寝したから、そのせいで余計時間かかったのかもw

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

サドルのお話

 2016-04-15
いまのロードバイクを買ってから、ず~っとこのサドルを使い続けてきました。

セラ・イタリア SLK Gel Flowというモデルで、最初から付いてたやつです。幸いにして、サドル沼にはまることなく、これ一つでどこでも走ってきたわけですが、さすがに6年以上使ってくると、そこそこヤレが出てくるわけで。

セライタリア SLK Gel Flow
特に気になるのがこの破れ。いまは黒マジックで塗りつぶしていますが、すぐ退色するので下地のスポンジが見えてしまいます。なんかあまりにぼろっちく見えるので、機能的にはまだ使えるんですが、新しいサドルへの交換を検討してみることにしました。

本当は同じモデルが欲しいのですが、どうも生産が終わっているらしく現在のラインナップに無い模様。仕方ないので、別のサドルを物色です。

でも、イキナリ「コレだっっ!」って決められるものでもないので、サドル沼にハマっているY君から余っているブツをレンタルして試してみることにしました。

タイオガ スパイダーツインテール
レンタル第一弾。「タイオガスパイダー ツインテール」
第一印象は・・・軽っっ! プラスチック製でこんだけ肉抜きすれば当然な気もしますが、軽さ命なら十分選択肢かと。で、さっそく取り付けて使ってみました。

無理・・・!( ノД`)

サドルレールの長さ比較
いや、素材から想像するほど硬くはないです。適度にしなるし、足も回しやすいと思います。でも、レールの付け根がサドル中心に近すぎやしませんかね? 写真でSLKと比較してもレールがかなり短いのが分ります。ちょうどお尻をサドルの乗せたいところに置くと、レールの後部取り付け部分に近いところになって、”しなり”効果まったく出ないので衝撃が来ると超痛い。

かなり前後のポジションを限定されるサドルと見ました。ロングライドでは座る位置をチョコチョコ替えたいボクとしては、あまり向かないサドルかな。

フィジーク アリアンテ
借り物第二弾。「フィジークアリアンテ

第一印象は・・・・・・柔らかっ!

スパイダーは言うに及ばず、SLKよりも明らかに柔らかいです。ロングライド向きと言われる理由がすぐにわかりました。SLKと寸法もほぼ一緒なのに、座った感じはこっちのほうが広く感じます。ただ、座面はSLKと違ってフラットでないので、前後の自由度はやや低めと感じました。

いままでのSLKは股間中央の圧迫が中割れ構造により逃がせてましたが、そうでないサドルはどうなのか・・・?という点でも興味があったのですが、独特なシェル構造によりその辺の問題も解決している模様。確かに乗ってて真ん中が痛くなるということはありませんでした。

やはりアンタレスは噂に違わぬ良いサドル。現行のアリアンテR系モデルはちょっとだけアリオネに似たシルエットになってて、さらにスタイリッシュ。こりゃ購入サドルは確定したかな!?

でもお高いんでしょう?○| ̄|_

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫