レーパンあれこれ

 2013-11-24
ロードに乗ると気になるレーサーパンツ。いわゆるレーパン

あのピッチリスタイルが恥ずかしいと感じる人が多いですが、開き直って一度履いてしまえばその機能性と効率の良さをすぐに感じることができる思います。

ところで、ボクの手持ちのレーパンはこんな感じです。(高級品は無いです)

wiz01.jpg wiz03.jpg
初めて買ったレーパン、「Wizard・フロートフィット3Dショーツ」。4部丈?くらいの長さです。確か4000円くらいだったと思います。初心者が最初に手を出すには手頃な値段。パッドの前面にチン○カップが付いていて、迂闊な形が浮き出ないようになっている代物。メイド イン 台湾は珍しい?

wiz02.jpg wiz04.jpg
パッドの厚みはけっこうあって、耐衝撃性は高いかも。縫製はバラバラにはなったりしないけど糸が出やすいので値段なりという感じです。ボクはサイクリング中に疲労が腰に溜まると、信号待ちとかで腰のツボのあたりをサドルの先端でグリグリする悪い癖があります。そのせいかレーパンの尻のやや上辺りにすぐ毛玉が出来てしまいます。おかげで常に生地の耐久テストをしてるみたいになってます。この癖やめなきゃ・・・。

gore01_2013112406084936f.jpg gore02_20131124060852c39.jpg
Wiggleで購入した「ゴアバイクウェア・コンテスト サーモビブタイツ」。ビブがどんなものか知ってみたくて購入した品。結果、お腹が冷えやすいボクにはぴったりな逸品でした。"腰までタイツ"と違って腹部の圧迫感は無いし、お腹も冷えないしで一石二鳥でした。

gore03.jpg gore04.jpg
ただ、パッドの厚みは十分なんですけど、ちょっと横幅があるのかペダリングしててゴワゴワするんです。パッドの前も短いので、粗品が普通の生地の部分へ出てしまう感じがあるので、下車してる時にすごく気になります。
それと、身長177cmでMを購入したのですが、微妙に(本当に微妙に)着丈が短いのか、ちょっと肩が引っ張られる感覚があって、100kmを超える距離を走ると肩こりみたいな症状になるときがあるので最近は使っていません。ビブはサイズ選びが難しいと思いました(日本人と欧米人では胴と股下の比率が違うので、海外製品は特に)。

pi01.jpg pi03.jpg
サガミサイクルで購入した「パールイズミ・ウインドブレーク ビブタイツ」。気温5度対応品で、前面が防風素材で後面は普通のライクラっぽい生地で熱を逃がす構造になっています。漁師や渓流釣りをする人が着るようなウェダーに似ていて、それだけに防風機能は完璧です。チャックが上下に付いていて、トイレのときも安心な設計がいかにも日本的で好感が持てます。

pi02.jpg pi04.jpg
パッドはパールイズミご自慢の3Dネオ。クッション性は問題なく、防寒ウェアは蒸れやすいものですが、これは通気性も悪くないと思いました。ただ、生地は毛玉がすごく出やすいですね・・・。まだ2回しか使ってないのに、写真の有様です。少し耐久性が心配かな。

gw01.jpg
最後は「GOLDWIN・レースライド クォーターパンツ」です。7分丈のレーパンで、いままで一番使っている品です。7分丈は春秋のやや涼しいときや峠からの下りで膝の冷えすぎを防ぎ、真夏の超絶日照のときは日焼けを避ける・・・みたいに3シーズンオールマイティーに使えるのでお気に入りです。

gw02.jpg gw03.jpg
すごくお気に入りの7分丈レーパンですが、最大の残念ポイントは、この青いパッド。買ったときから「薄手だな~」と思っていましたが、使い込んできてさらにペッチャンコになった感があります。

幸か不幸か、おかげでペダリングで気になることは無いのですが、ほとんどのロングライドで尻痛になります。ボクのサイクリングは結構休み休みなのでそれでも耐えられていますが、連続30km以上乗りっぱなしはちょっと無理そうな気がします。

パッドはOUTですが、逆に凄いのは生地の異常な対摩擦性能です。青みがかった光沢のある毛色の変わった素材で、前述の3種のレーパンがことごとく毛玉を出ていたのに対して、コヤツはスバ抜けて稼働率が高いくせに、擦れて薄くなるとか毛玉とが発生するとか、そういう気配をまったく見せません。どうなってんだコレ?


以上、4種類の手持ちのレーパン紹介でした。

春秋用のゴアが苦手アイテムになってしまったので、代わりになるロングタイツが一丁欲しいところです。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
タグ : レーパン

初めての一周

 2013-11-22
2013年11月22日―

久々の天気がいい休日になりました。ここ最近自転車で走ってなかったので、今日は少し遠出してみることにしました。

13miura01.jpg
まずは境川っすな~。遠出といっても今日は特にルートを作らず、思いつきで走ってみることにしました。風は無風。空気は冷えていますが、日差しが暖かく走りやすい日和です。

さて…とりあえずは藤沢方面に。

13miura02.jpg
境川を気分良く走り、藤沢駅周辺で朝の自転車通勤軍団に紛れつつ…海へ到着。Oh・・・Good scenery!

この時点で、今日は三浦一周することに決めました。いままで自転車でぐるっと回ったことは無かったしね。

13miura03.jpg 13miura04.jpg
以前に三崎まで行ったときと比べて景色はさほど変わらず、淡々と漕いで進みました。松輪入口から県道を離れて半島の中寄りへ侵攻。高台から見る一面の三浦大根畑は壮観です。

13miura05.jpg 13miura06.jpg
風力発電の風車がある宮川公園にて。コーヒー&サンドイッチでしばし休憩…。ギターの練習をしている人がいてその音色を聞きつつ、のんびりした陽気と相まってなかなか良い雰囲気でした。

13miura07.jpg
三浦海岸。20年前に海水浴に来た時は海がとてつもなく汚かった印象がありますが、今は綺麗になったのでしょうか。乗馬をしている人がいたのでフレームに入れてみました。あれは観光アトラクションなのかな?

13miura08.jpg
浦賀の渡し。今日は利用しませんが、話のタネに使ってみるのも悪くないかも。

13miura09.jpg
観音崎へ到着!せっかくなので、外周を徒歩で回ってみました。昔、友人と夜に遊びに来た時、いきなり街灯が全部消灯して、すっげえビックリしたことがありました。いまはどうなの?

13miura10.jpg
よこすか海岸通りを快調に飛ばします。ここは走りやすいですよん。この辺りでお昼の時間になってきて、昼食をどこで食べるか思案しながら走っていました。

結局、いいところが見つからず、いつの間にかヴェルニー公園もスルーしてしまったので、仕方なくコンビニで簡単にお腹を膨らませました。そしてボトルに飲み物補充。

13miura11.jpg
横浜まで行ってぐるっと距離を伸ばすか、内陸を横断して早めに帰るか…悩んで、後者を選択し環状4号へ。ずっと平坦な道だったので、終盤へきての朝比奈の登りがきついです。太ももがツリそう…!

環4は相変わらずの大渋滞で、時には並び、時にはすり抜けを繰り返しながら進みます。これがあるから悩んだんだけど、道路が狭すぎなんだよね。その後、大船~国道1号~自宅みたいな感じで帰宅。


本日のルート。

久々の100km超えで疲れが腰に来た…!(´・_・`)
関連記事
タグ : 三浦一周

ちょうど頃合です

 2013-11-09
aki01.jpg

10月は運動会とか、なんだかんだと色々あって忙しかったのですが、11月は少し落ち着いてきたので、久々に車で家族とドライブに行ってきました。

2013年11月9日―
まずは富士の五合目までスバルラインで上ってきました。この日はあいにくの曇りでしたが、五合目まで上ると雲は下に広がって、なかなか豪快な雲海が見られました。やはり下界からではなかなか判断がつきませんね。

そうそう、自転車で上っている人もチラホラ見ました。これから自転車で来る人は防寒に要注意ですぞ。五合目の気温は5度でした。寒っ!

富士を後にして次に目指すは・・・

ちょうど頃合です の続きを読む

関連記事
タグ : ドライブ 河口湖
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫