スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

自転車で秦野の梅めぐり 78km

 2013-02-24
すっかり自転車趣味をサボってましたが、久々にソロツー行って来ました。前の晩に子供と一緒に早く寝てしまったので朝5:30に目が覚め、そのまま簡単な朝ごはんを済ませて6:30に出発。

ume01.jpg
朝日に照らされる境川から、いつものスタートです。

自転車で秦野の梅めぐり 78km の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
タグ : サイクリング 秦野

その後のフュージョン3チューブレス

 2013-02-17
カンパニョーロ・ゾンダ 2-Way Fitにハッチソン・フュージョン3チューブレスを組みつけてから、おおよそ5ヶ月が経ちました。冬を迎えてから、すっかり自転車で遠乗りすることにご無沙汰になってしまって、ほとんど距離が伸びていません。

そんな環境でタイヤはこんな感じになっていました。

フュージョン3裂け
後輪です。
いま、一番気になるこの大きな「裂け」。タイヤ劣化ではないことは明白ですが、ほぼ通勤でしか使っていなくてこの状態。いつやらかしたのか・・・。幸いにも?このような傷があっても大きな空気圧低下は見受けられず、走行自体には支障が無さそうな。

フュージョン3ひび割れ後輪
後輪、別角度から。
フュージョン3でよく聞く劣化症状。タイヤの中心に全周に渡ってひび割れ。ロードタイヤではありがちな症状みたいですが、なにしろ接地面だけに精神衛生上は良くないですねぇ。これも空気漏れまでには至っていません。

フュージョン3ひび割れ前輪
前輪です。
後輪ほど負荷がかからないせいか、比較的まだましな方。でも劣化は進んでいます。問題はこのひび割れに極小の小石を挟んでいること。いずれ貫通パンクの原因となりそうです。

メーターの総走行距離を見ますと、7,132kmでした。前回交換したときは6,000km強でしたので、5ヶ月とおよそ1,000kmが経過しています。それでこの劣化具合。自転車の保管は半分外みたいな場所に置いていて、角度によって日光は当たるものの、風や雨には直接触れないのでそれほど劣悪ではないと思います。

このまま大幅にひび割れなどが進行してしまうと、ちょっと走るにはよろしく無さそうなので、交換も視野に入れなければならなそうです。やっぱりサンデーライダーの自転車タイヤ選びは対磨耗の耐久性より、時間的耐久性が重要なようで。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

今シーズンは湯沢攻め。ガーラへGo!

 2013-02-08
12-13、今シーズンは湯沢づいています。

1月4日に神立。1月31日-2月1日に家族旅行で中里。そして今回、2月4日はガーラで3回目の湯沢です。また、スキーに行くときはいつも車で行っていましたが、今回は初めて電車を使って行ってきました。今回、目指すゲレンデはGALA湯沢。JR直結のスキー場で、もちろん初めてのゲレンデです。

ガーラ湯沢
最寄り駅から始発に乗って東京へ。朝5時だというのに意外とお客が多いのは平日だからでしょうか?スキーブーツを送る手段を考えあぐねて、結局手荷物として持っていくことに。ブーツが意外とでかくて、大き目のキャリーバッグを使わないと入りませんでした。これにウェアと小物も詰めてゴロゴロしていきます。

ガーラ湯沢
東京駅からMaxたにがわに乗っていざ新潟へ。今回、会社のスキー仲間のHさんとUくんが一緒でしたが、Uくんはど~も具合が悪そう。そしてUくんは自らの判断で大宮で降りて引き返していきました。彼は後ほどインフルエンザであったことが判明。つーか熱があるなら強行するなよ・・・。

さて、E1系新幹線はデッキに荷物置き場があって、すでにスキー板やスノーボードで一杯。平日なのに新潟を目指すスキーヤー、スノーボーダーで自由席は満席でした。若者が多いかな~。上野、大宮あたりからもかなり乗って来ましたが、その人たちは座れなかった模様。

一路、新幹線は新潟を目指します。

ガーラ湯沢 ガーラ湯沢
朝5時に家を出て、8時チョイ過ぎには終点GALA湯沢へ到着。これは早い。そしてラクチン。さらに流石のGALA、改札を出ればそこはスキーセンター「カワバンガ」です。みんな速攻でツアークーポンをリフト券に交換してゲレンデに出る準備を始めていました。
東京での新幹線への乗り継ぎ時間が少なくて駅弁を買えなかったのでボクは朝飯抜き。お腹が減りまくりんぐ。とりあえず、おにぎりとワッフルを買って、3階の休憩室でまずは腹ごしらえしてからのゆっくりとスタートです。

ガーラ湯沢
3階からみたレンタルコーナー。電車組みはレンタル派が多いのか、かなりの行列です。これだけで30分はロス確実ですね。

ガーラ湯沢
さて、準備も終わってさっそくゲレンデへ。駅から中央ゲレンデ基部へゴンドラで行きます。JR SKI SKIのCMにも登場してますね。本田翼ちゃん、カワエエ。



ガーラ湯沢 ガーラ湯沢
今日の湯沢の天気予報は曇りのち雨。スキー場で雨!? そう、今日はとっても暖かいのです。ゲレンデにいても、凍える感じが一切しません。でも空はなんとか持ちこたえているみたいで、リフトでトップ付近まで上がれば、山の向こうに晴れ間が見えています。

エーデルワイスという初級者コースを1本滑ってみました・・・狭いですね。まるで連絡コースのよう。GALAは初級者が多いのか、コース上に点々と転んで座り込むボーダーやスキーヤーがいます。GALAの初級者コースは、ゲレンデマップで見るよりも予想以上に狭いコースが多く、広めのバーンはほとんどが中級者以上用で、初級者には少し厳しいゲレンデ構成だと思いました。初級者は石打や舞子、岩原あたりに行った方が楽しいと思います。

ガーラ湯沢
GALAは中央・北・南と3箇所に分かれていますが、中央は混みぎみでクワッド1本だけの稼動なので「待ち」が発生していました。そこで、北エリアへ逃げてみました。まだ客が集まってないのか、けっこう空いています。北エリアからは三山共通リフト券があれば石打へ入れますが、今日はGALAのリフト券しか持っていないのでそこはパス。北エリアをメインに数本滑りました。いやー・・・ヘッピリ腰で滑っているのが、自分でも分かります。

ガーラ湯沢
朝からろくにご飯を食べていないので、早めのお昼ご飯を。北エリアのレストラン「オーレ」でカツカレー。受付のお兄さんが超元気なんですけど。お昼ごはんを食べていたら、雲が晴れてめっちゃ明るくなって来ました!

ガーラ湯沢 ガーラ湯沢
最高ゥッッ!
湯沢・・・というか、新潟は曇りがちで灰色の空というイメージがあったのですが、すばらしい快晴。雲が切れきってないので、油断はできませんが本日最高の景色をいただきました。

さぁ、これで滑走にも気合が入りますよ!といいたいところですが、晴れる=雪が緩むっちゅうわけで、ワックスが合ってないのか少し斜度が緩いところに入ると失速して、やや滑りづらい感じに。何本か滑っているうちに午後1時を回り、足もヘタってきたので帰ることにしました。北エリアのシャリオリフトから下山コース「ファルコン」へ。コース長2,500mは狭いし急だし初心者にはきついそう! 休憩を挟みながらヘロヘロになりつつ下山。

ガーラ湯沢 ガーラ湯沢
カワバンガ内のガーラの湯で汗を流します。スパのロッカールームとお風呂の脱衣所が別になっていて、変な感じです。う~ん、普通のお風呂って感じかなぁ。温泉って印象は薄いですね。一風呂浴びて新幹線の発車時刻まで無料休憩室でお休み。車できたらこんなの飲めないねぇ。

ガーラ湯沢
帰りはE4系Maxたにがわ。2階建て車両なので座席は十分。GALAから乗る人はまだ少ないのかガラガラ。越後湯沢駅から乗ってくる人の方が遥かに多いです。

そんなこんなで5時前には東京へ到着。帰宅は6時過ぎで、車では考えられないくらい早い帰還となりました。車で湯沢から帰ると、普通なら10時くらいの帰宅ですからねえ・・・。この辺は電車の強み爆発です。

電車VS車の一人当たり費用は、3人だと平日ならトントンくらいで、土休日だとやや車が有利。4人以上なら車が有利。2人以下なら圧倒的に電車有利です。ただ、車はスタッドレスタイヤやチェーンの用意、運転手の疲労などの要素がありますので一概に車が良いとはいえませんが。電車だと切符の手配がありますので当日の天候で行き先を変えられないなどのリスクを含みますが、移動の楽さと時間の正確さは大きな魅力です。特に湯沢エリアは新幹線の駅から各スキー場へが比較的近く、シャトルバスでのアクセスが容易で利便性が高いですね。

電車のスキー、また行きたいと思いました。
関連記事

湯沢へ・・・しかし滑らないw

 2013-02-03
1月31~2月1日―

新潟は越後湯沢まで家族旅行に行ってきました。うちの子供たちは雪国へ行くのは初めて。さて、どんな反応を示すのか・・・?

朝9時に出発。今回は八王子ICから中央道~圏央道~関越と繋いで走ります。平日なので、朝の一般道は流れが悪いですが、高速に乗ってしまえば渋滞も全く無く一直線に新潟です。

エンゼルグランディア越後中里
湯沢に着きました。いい天気!ゲレンデトップから!(ソリの)

今回、宿泊地に選んだのは「エンゼルグランディア越後中里」
かなり大型のリゾートホテルで、子連れの宿泊に力を入れています。安さも魅力で、宿泊費が我が家の家族構成(大人2人+5歳+2歳)で20,000円切っています。その割りに(バイキングですが)食事もおいしくバラエティに富んでいます。子供を意識したコーナー(キッズバイキング)もあります。アメニティの基本は揃っていて、部屋も清潔。個人的にはかなり気に入りました。

ただ、当然、ファミリーやカップル、若者、修学旅行団体などが多いので、シングルでしっとり宿泊とかそういう雰囲気は全く無いですね。オッサン同士だと少し居心地悪そうw

エンゼルグランディア越後中里
上の子とソリ遊び。割とスピード出るよね。

今回はスキーは封印・・・といいつつ、1回券を3枚買って目の前の中里スノーウッドスキー場を1本半だけ滑ってみました。中里スノーウッドはエンゼルグランディアとは経営は別みたいですが、位置はホテル併設というほど近いです。
リフトは2本で、1本は初級者コース用。2本目は中級コース用の中継点ありの上級コース行きリフトでした。一番上から滑ってみましたが、基本的にコースが1本だけのシンプルゲレンデなので、飽きるのは早そうです。でも、逆にホテルの宿泊者しかいなさそうなので、混まないから子供を練習させるのに良いかもしれません。ホテルの狙い通り!?

エンゼルグランディア越後中里
2日目もホテル前の雪のキッズコーナー「ゆきゆきランド」で雪遊び。雪玉製造機や子供シャベル、バケツなどが用意されています。ソリゲレンデもここのエリア内です。初めての雪国なので、スキーをさせるなど無理はさせずに雪遊びに徹しました。まずは雪が楽しいものだと感じてもらわないとね。

なかなか子供たちは楽しかったみたいで「また行きたい」との台詞を頂戴いたしましたw うむ、作戦成功。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。