クリンチャータイヤをチューブレス状態にしてみた

 2012-01-30
自転車仲間のM氏の口車に乗って、クリンチャータイヤからチューブを外してチューブレス化してみたらどうなるのかやってみた。

タイヤチューブレスでホイールはクリンチャー用ってのはたまに聞くけど・・・。

ボクのチャリのホイールはゾンダ 2way-fitなので元からチューブレスには対応している。今はチューブレスバルブを外して、クリンチャーとして使用している。

まずはチューブのエアを抜いてタイヤとチューブを外す・・・のだが、
タイヤ、硬ッッ!」

クリンチャーのくせにビードがリムにガッチリはまり込んで、全周に渡って指でリム中央に落とし込まなきゃならなかった。ペキペキと音を立ててリムからはがれるビード。やはり、チューブレス対応のリムは少し違うみたい。・・・てか、こんなに硬く嵌まってたらパンク修理する時にすごく不安・・・。

で、チューブレスバルブをしっかりと取り付けてタイヤだけはめ込む。一度つけたタイヤなのに、やっぱり最後はタイヤレバーを使う必要があった。ミシュランのタイヤ(クリリオン)って内径小さくない? こりゃ、本当のチューブレスタイヤを使う時に先が思いやられるわ。

なんとかタイヤをはめてフロアポンプをシュコシュコ。

ピキ・ピキ・ピキ!

「おお~、なんかチューブレスっぽい音が・・・」

イイ感じにビードが上がり始め、タイヤがみるみるリムに貼り付いていく。リムとビードの密着を強くするために、目一杯の10barまで入れてみた。なにかイケてる感じじゃん?

最終確認にタイヤのサイドウォールに石鹸水を吹き付けてエア漏れチェック。


ロードバイクチューブレス
じゅわ じゅわ じゅわ・・・

うっは!洗顔にも使えそうな超クリーミィな泡発生中ww しかも全周に渡って泡まみれ。


なんか予想通りな結果に。そりゃ、こんなんでクリンチャータイヤが簡単にチューブレスタイヤになったら、わざわざチューブレス専用タイヤが存在している意味なんて無いよなー。やっぱ構造からして違うわけで。

もしかしたらシーラントでエア漏れを抑えることが出来るかもしれないけど、そこまでするなら素直にチューブレスタイヤを買ったほうがいいでしょう。
関連記事

ここのところ色々あった

 2012-01-27
先週は仕事始めから体調を崩して、夜勤の初日も偏頭痛で死んだ。

一段落したと思ったら、子供たちが「お腹の風邪」をひいて吐きまくり下痢まくり。

それもなんとか収まり、一息ついた・・・そんな"ぶらりポタ散歩"。

ここのところ色々あった の続きを読む

関連記事
タグ : ロードバイク

右から左へ

 2012-01-26
My自転車はオクで購入したので、半組み立て状態で来た。

ハンドル、ブレーキ、STIレバー、ワイヤー関連はバラの状態で一緒に箱に入っていた・・・って、これってほぼバラバラw ロードバイクなんか組んだこと無かったんで苦労した。

その時にはこういう組み方をした。

右から左へ の続きを読む

関連記事

GOLDWINのサイクルジャケット・GWB1052

 2012-01-20
昨年末にサイクルジャケットを新調しました。冬の初めに安いジャケットも購入したんですが、色々あってまた買いなおしたわけです。

それにまつわる感想とか。

GWB1052
今回買ったのはGOLDWIN レースライドウインタージャケット(GWB1052)

それまではこんな感じのサイクルジャケットを使っていました。買ってすぐのころは不満は感じなかったのですが、使い込んでくるとやはり安かろう悪かろうという部分がありました。細かい仕上げが荒いのは値段なりで仕方ないですが、一番の不満は汗の乾燥が悪いこと。

「あー・・・安物の吸湿速乾性能とかはこんなもんか・・・。」

で、さらに色々と小細工しようとしたら最終的にダメにしてしまって着れないものになってしまったので、新たにサイクルジャケットを買いなおし。前のが黒だったので、それじゃ面白くないから色つきのヤツをチョイスしました。

GWB1052 GWB1052
黒い生地と赤い生地が交差するように編んであって、少し沈んだ感じの渋めの赤。裏地は流行の裏起毛じゃなくツルッとしてます。これは同じくらいの値段のパールイズミのジャケットと違う部分ですね。前のが裏起毛で汗の乾きが良くなかったので、そういうのは避けてみました。

GWB1052
派手過ぎないデザインと色はかなりお気に入り。性能表示を袖口にデカデカとデザイン?これが割りと便利で、このウェアは何度対応だったかな?なんて思い出せないときにすぐ確認できますw

サイズは重ね着を考慮して177cm・68kgでXLを選択したけど大正解。

耐寒性は「吸湿乾燥インナー+長袖ジャージ+このジャケット」と着ると、気温0℃近辺でもいけます。足先・指先の方がむしろ冷たくて大変。気温5~10℃くらいなら吸湿乾燥インナー2枚重ね+ジャケットで平気。気温が上がって暑くなってくるとさすがに蒸れっぽくなることもあるけど、びちゃびちゃって感じにはならないし、前のジャケットのように半日たっても乾いてない・・・ってことは無いので、サイクルウェアとしての基本性能は持っているのだと思います。背面ポケットに携帯とかを入れてると、汗ですごいことになりますが・・・。

逆に保温性能はそんなに高い感じはしないかな。通勤・ロングとこの冬はずっと使っているけど、「暖け~」っていう感じの時はほとんど無い。「寒くはないけど」って感じ。まぁそれで十分です。


あと別な話だけど、これを買う前にGOLDWINのカスタマーに電話しました。

GWB1051GWB1052の細かい違いが分からなかったので、どこがどう違うのか聞きたかったのだ。電話口にはオジサンが出たんですが、質問をしたら担当者に代わると保留になって、出たと思ったら、どうも社内連絡の電話を取り間違えた人のよう(全然関係無さそうな部署を名乗った)。挙句に、内線とごっちゃになったらしくて、また保留が切れたと思ったら受話器から「だれの担当だ?」とか遠くから聞こえてくる始末。面倒くさくなって切ってしまいました。

もう少し・・・サポート対応、何とかした方がいいんじゃない?


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

ディスプレイスタンドが・・・

 2012-01-11
ロードバイクの保管は部屋の中に入れる人が多いと思うけど、うちはアパートで狭いから半分屋外みたいな場所に置いてる。で、自立させるのにミノウラのディスプレイスタンド
ミノウラ DS-30BLT 展示スタンド

ミノウラ DS-30BLT 展示スタンド
価格:1,580円(税込、送料別)

を使っていたんだけど、右側のハブシャフトに噛ませる筒部分がバリバリと割れてしまった。使用期間は・・・ん?もしかして7年くらいになるのかな?あー、寿命って奴かもしれない。

というわけで新しいのを買ってみた。

ディスプレイスタンドが・・・ の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫