スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

TIME 「ATAC XS」 両面ビンディングペダル

 2010-12-22
実は少し前からPD-M520に代わって、TIMEの両面ビンディングを導入しました。

TIME・ATAC XS クロモリシャフト

time01.jpg
TIMEのMTB用両面ビンディングペダルです。ロードバイクにつけている例がなかなか見つからなくて見た目のマッチングに不安があったのですが、非常にお求め価格で出ていたので見切りで購入しました。取り付けてみると、まずまず違和感が無くて一安心

導入の動機は、SPDで百数十キロ走ってみたところ、右足のクリートをどう調整しても良い点が見つからないことと、足の取り付け可動範囲が狭いので疲れが溜まってくると膝にきて、慣れるより先に膝が壊れそうな不安があったためです。このペダルの評価を調べると「かかとの振り角が左右5度」「踏み面の横移動が左右に2.5mm」ずつあるので膝に優しいとのこと。それならということで・・・。


早速使ってみました。

このペダルはアーチ状部分にクリートの前後がはまって、靴底と支え合って固定されます。ペダルへの着脱しやすさはSPDと大差無い印象です。SPDが「パチン」「ペキン」ってデジタルな印象なら、ATACは「パコン」「ポコン」と良い風に言えばアナログな優しい感じ(笑)  特に外す時が印象的で、SPDがある点で一気に外れるのに対して、ゆっくりひねっていくと段々とバネの反力が増していって、限界に達すると外れるという風です。粘り腰というのかな?でも外しにくいというわけではないです。

肝心の足の取り付け可動範囲の広さですが、かかとの振り角はかなり効きます。5度なんて実は意味無いんじゃないかと思っていましたが、予想以上に影響が大きいようで、ペダリング中の右膝痛はほとんど感じなくなりました(やっぱり自分のペダリングの右側かかとを振って回す癖は抜けないようです)。かかとの振り角はかなり体感できましたが、踏み面の左右移動は良く分からんです(^^; がっちりクリートがはまっているので、スコスコ動くわけじゃ無く、グリグリねじってみて「ああ、少し横にスライドするなぁ」という感じ。

time02.jpg
写真はSH-RT81にATACのクリートをつけたところ。この組み合わせだと靴底の出っ張りの高さにより、ペダルとの勘合がきつすぎたので、わずかに靴底を削りました。

面白いのがクリートの形状。ATACのこのクリートは、かかと側の出っ張りが少しずれた位置にあります。これはクリート取り付けの仕方によりリリース角度の調整が出来るからです。写真の取り付けだと通常の13度でペダルと靴がはずれます。これを左右逆につけると17度までひねらないと外せなくなります。ちょっとやってみましたが、意外とその差は大きいです。裏を返すとつまり(なかなかやら無いと思いますが)かかとを内側(フレーム側)にひねっても外れるということです。SPDだといくら内側にひねっても外れませんが、このペダルならもしかしたら何らかの非常事態には外れてくれるかも(^^;

それにしても数百メートルしか歩いていないはずなのに、クリートの削れっぷりが気になるなぁー(;・∀・)

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

しばれるジテツー

 2010-12-17
いよいよ神奈川も寒くなってきましたねぇ(・∀・) 自転車通勤の途中にある畑にも、すっかり霜が下りていました。「師走」と言う言葉通り、忙しい日々が続いています。

jitetsu03.jpg
2010年もあとすこしですね。 
関連記事
タグ :

キャットアイ・CC-RD200

 2010-12-12
サイクルコンピュータをケイデンスを計れるものに付け替えました。 キャットアイ・CC-RD200 [STRADA CADENCE]

ccrd20001.jpg
取り付けは前のCC-MC100Wと同じくステムの上にしました。クリック感が良く、大きさもほどほど。求めていた機能は十分なので満足できる逸品です。

ccrd20002.jpg ccrd20003.jpg
配線は極力ダウンチューブにタイラップを付けたくなかったので、BB下経由後は前後シフトワイヤーの中央を走らせてビニールテープで処理しました。ステムへ上がる処理は、1回ブレーキワイヤーへ巻き込んで細身のスパイラルチューブで保護。スパイラルチューブがほつれないように両端をビニールテープで固定しました。

ccrd20004.jpg
今回のトピックはケイデンス計の処理。センサーの固定自体は普通にタイラップ締めとしましたが、マグネットの方をダイソーで円形のネオジム磁石を買ってきてペダルシャフトの根元へ貼り付け。これでクランクに付属の磁石をタイラップ固定しないですむようにしました。ばっちり反応しています。

mariposa01.jpg
それまで付けていたCC-MC100Wが余ったので、ママチャリ・マリポーサ号へ取り付けしました。

キャットアイ・CC-RD200 の続きを読む

関連記事

パールイズミ・冬用グローブ

 2010-12-10
冬用のグローブとして、ワークマンの防寒作業グローブを愛用していましたが、長年の使用に耐え切れずとうとう破れてしまいました。
いままでは自転車用品は高いので躊躇していたものの、やっぱり専用品はそれなりにいいので、今回は思い切って自転車用の冬用グローブを購入しました。

PIglobe.jpg
パールイズミ・ウィンドブレークウィンターグローブ

パールイズミの冬用グローブ。自転車用に立体縫製されたっていうのは伊達じゃないです。突っ張り感が無く、自然にハンドルを握ることが出来ます。それと何よりありがたいのは手首までカバーすることです。自分が普段着ている厚手のウインドブレーカーは、自転車用じゃないので前傾姿勢を取ると袖丈が足りなくて手首が丸見えになります。この手袋をすると手首までしっかりカバーしてくれるので、上着が自転車用じゃなくても全然平気です。

自転車用品は高いですけれど、長年使用することを考えると、コストパフォーマンスは悪くないのかな・・・と思います。やはり快適度が全然違いますから。
関連記事

Go!静岡 名所・山坂・巨大ロボ

 2010-12-06
2010年12月5日(日) 静岡まで行って、ぐるっとサイクリングをしてきました。 なんで静岡かって言うと、去年から明智平(日光)、湘南平と攻めてきたので、次は「日本平」かなと。

車で静岡まで移動し、郊外の公営運動場に車を駐車し、スタート!

メンバーはいつもの3人で、オデッセイにロードバイクを3台載せるのもいい加減慣れてきました (笑)

nihondaira01.jpg
いきなりですが、日本平からの絶景。 雲ひとつ無い快晴と適度な気温に恵まれ、走りやすい日でした。青い空に雪化粧をした富士が映えます。日本平の上りで は、先だって導入したビンディングの効果が大いに発揮されて、ゆっくりですが足を着くことなく快適に登ることができました。

nihondaira02.jpg
Hさん、ゴール!

nihondaira03.jpg
Yくん、ゴール! 重いRNC3+フラットペダルの条件で頑張りました。

nihondaira04.jpg
日本平を後にして、三保の松原へ。茶店で安倍川餅+抹茶でしばしの休憩・・・。

nihondaira05.jpg nihondaira06.jpg
三保の海岸。羽衣伝説の松は枯れてしまっていました。海岸が浸食されて海がすごく近くなっているので、仕方ないのかもしれません。もう少し奥に2代目の羽衣の松がありました。2代目・・・

nihondaira07.jpg
三保から海岸線のいちごライン沿いに走るサイクリングロードを通って静岡市街を目指します。少し路面が荒れ気味ですが、海沿いの平坦な道は低ケイデンスでゆっくり走るととても快適です。

nihondaira08.jpg
途中、道に迷いながらも東静岡駅前まで到着。話題のガンダム。ちょっと時間が押してて会場の外から(笑) 個人的にはギャンが一番好きです。 中の人も素敵ですしw

17:00、車まで戻り藤枝市まで足を伸ばして「瀬戸谷温泉 ゆらく」に移動し温泉で汗を流しました。施設が立派でなかなか良かったです。入湯料が500円と設備の割りに安いです。 今回のルート。道に迷った分も再現(笑) この記事を書いていて、体の節々が痛いのは年のせいでしょうか(^^;

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。