スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

SL・C58といちご ~秩父路の旅~

 2010-05-18
GW外しの家族旅行に行きました。 行き先は「秩父」。埼玉にあり地図だと近いけど、妙に遠く感じる不思議な場所。5月15-16日に1泊2日の旅です。
 
車での移動だと概ね3時間弱の見通しで、ゆっくりと午前10時に出発。東京・環八は混雑していたものの第三京浜と関越自動車道は空いていて、予定通りに花園ICを通過。午後1時には長瀞(ながとろ)へ到着。

titibu_f01.jpg titibu_f02.jpg
長瀞といえば「ライン下り」。荒川の渓流を船で下ります。荒川と言えばサイクリングロード?それとも金八?? 当日は水位が浅く、流れが穏やかで川岸の雄大な景色を楽しみながらのしばしの船旅・・・のはずが、なめてました!急流部分は結構な勢い!!濡れる直前の写真がコレ(;´д`)

titibu_f03.jpg
今回の宿泊は「旅籠一番」さん。江戸時代から続く老舗旅館なんだとか。建物は小さいですが、料理が食べきれないほど出てきて、美味しかったから残すのがもったいなく感じました。

titibu_f04.jpg
2日目は手初めに羊山公園に。芝桜で有名な場所で、丘一面に芝桜がはってあります。

titibu_f05.jpg
一面の芝桜・・・・・・のように見えて実は開花時期はとうに過ぎているので、一歩引くとこんな感じ。4月下旬から5月頭が一番良いみたいです。でもその期間は入場が有料(゚Д゚)

titibu_f06.jpg
長瀞→秩父と秩父地方を奥の方へ移動しつつ、農園「将門園」さんでイチゴ狩り。農園主さんの話では、GW中は沢山の人が来てハウスのイチゴが無くなったのだとか(^^; でも今日はまた花が咲いて実が付いてちょうど食べごろになってたみたいです。子供はイチゴ好き。好きなだけ食べて良いよと言うと「は~~~」と感動で声が裏返り(^^

titibu_f07.jpg
イチゴ狩りを堪能した後は、秩父鉄道の終点「三峰口」まで移動。そこで今回の旅の目的のひとつを待ちます。待ってる間は駅横の「車両公園」で秩父鉄道の古い展示車両を見学して暇つぶし。しばらくすると・・・ キターーー!m9(^Д^)

titibu_f08.jpg
SL C58 パレオエクスプレス! 秩父鉄道では春から秋にかけて週末にSLを走らせています。ここ三峰口は終点の為、方向転換でSLが転車台に乗ります。引込み線で釜の石炭カスを出すと、結構な勢いでバックしてきました。目の前を動く鉄の塊の雄姿に感動・・・。


titibu_f09.jpg
駅で出発までに記念撮影を終え、客車に乗り込みます。4両編成の客車は1両が指定席で、今回は指定席を取ったのですが、(GWじゃないから?)案外自由席も空いていて競争しなくても十分乗れそうな雰囲気でした。行き先は熊谷ですが、そこまでだと車を置く三峰口まで戻ってくるのが大変なので、途中の長瀞まで約1時間の行程。乗っちゃうと普通の列車なんですが、機関車のすぐ後の客車なんで窓を開けてると結構煤が入ってくるんですね。 窓から外を眺めれば、沿線でSLを見る人がみんな笑顔になってるのが印象的でした。 長瀞に到着。秩父の旅はこれでFinishです。

titibu_f10.jpg
SLに”さよなら”をして、電車で三峰口まで戻ります。観光案内を見回してみれば、まだまだ見たいところが結構あります。 秋にはぶどう狩りが出来るそうです。また秋になったら行こうかな!

SL・C58といちご ~秩父路の旅~ の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
タグ :

小田原・箱根方面 100kmライド

 2010-05-05
odapota01.jpg
GWなんで遊び倒すつもりで懲りずにサイクリングに行ってきました。この前尿管結石で救急車で運ばれたくせに、我ながら遊びすぎだと思います(笑)  

今回は3人つるんでサイクリング。8時に出発。いつもの境川CRは薄曇り。気温はさほど高くなく、陽射しも柔らかで自転車で走るには都合の良い天気です。


小田原・箱根方面 100kmライド の続きを読む

関連記事

五月の鯉の吹流し

 2010-05-03
地元の遊水地広場で毎年恒例の鯉のぼりが掛けられました。


koi01.jpg koi02.jpg
男の子の立身出世を願って飾られる鯉のぼり。うちは5月人形も無いのでコレで代用。愛息よ、決して他力本願というわけでは無いぞ(笑)

五月の鯉の吹流し の続きを読む

関連記事
タグ : こいのぼり

ノスタルジー

 2010-05-01
GW初日。日ごろから考えていた事を実行。 小学~中学の多感な時期を栃木県は小山市で過ごしました。心の故郷と言ってもいいこの地に、自転車を持ち込んで街がどう変わったのか・・・ノスタルジーに浸る旅に行って来ました。

oyama01.jpg


冒頭の小学校は3~6年の3年お世話になった学校。懐かしく、そして眩しい思い出の日々です。

oyama02.jpg
当時の自宅(借家)があった場所から学校に至るまでの道をゆっくりと逆に辿っていきました。 道々の家は多くなりましたが、変わらぬ風景。 自転車だからか自分が大きくなったからか・・・意外なほど距離が無い。円形の垣根ごとにランドセルを置き、ジャンケンで負けたら友達のランドセルも持ちながら帰る遊びも懐かしい思い出です。

oyama03.jpg
住んでいた借家はすっかり立派な個人の一戸建てに変わっていました。今度は中学までの道を辿ります。 高架化して装いを変えた国道。側道があるので押しボタン式信号は昔のままありました。

oyama04.jpg
中学校。 1年は木造。2年はプレハブ。3年は鉄筋と立替時期に当たり、1年ごとに違う校舎でした。

oyama05.jpg
市街地の雑居ビル。 以前は父親が勤めていた会社の事務所があり、昔は横にもう少し高いビルがあった気がします。父親の転勤の都合で来た小山市ですが、多感な時期をここで過ごすことが出来て良かったと、今では思えます。

oyama06.jpg
小山市中心を流れる思川(おもいがわ)。 様々な川遊びの思い出がここにはあります。今は亡き父親と、プラモデルで作った潜水艦を川そばの池に入れて、潜行したっきり浮上しなかったり(笑)

oyama07.jpg
小山駅。 当時は生鮮食料品以外の買い物といえば駅ビル。「駅ビル行ってくる」はお決まりのセリフ。ビル内のおもちゃ屋に行くのが楽しみでした。当時はガンプラが大流行して、やがてファミコンへ・・・と、良い思い出です。再開発された駅前はすっかり装いを変えていました。 雑多な商店街道路は広い街路と化し、街は綺麗になりましたが、なんとなく閑散としています。

oyama08.jpg
東側にも足を伸ばしてみました。国道50号沿いのTBC OAビル。 (多分)当時、唯一市内でパソコンを売っていた場所。当時のパソコン売り場といえば高級機器よろしく、じゅうたん敷きの気取った店内が当たり前。友人に連れられて・・・でしたが、子供心に入っていい場所なのか悩みました。当時の最新パソコンはNECのPC-6001だったかな?まだ磁気テープの保存が現役でした。

oyama09.jpg
そして北へ。小山ゆうえんちも今は昔。 CMで知名度だけはあった小山ゆうえんちは巨大ショッピングモールへと姿を変えていました。しかし、その施設の中に「横浜ドリームランド」から移設されたメリーゴーランドがあります。懐かしい地で別の地の懐かしい物に出会う・・・なにか不思議です。横浜ドリームランドがあった昔、このメリーゴーランドにも乗った記憶があります。



oyama10.jpg
子供の頃は行かなかった川向こうも探検。 比較的新しいサイクリングロードがありました。小さな蝶がたくさん飛び回っていて「」を感じさせました。

小山を離れて約20年。変わらぬもの変わってしまったもの。懐かしいもの目新しいもの。過去を振り返り、確かめて今を見る。なかなか有意義な1日でした。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。