AVENUEとお別れ

 2010-06-20
airbase01_20130326085724.jpg
AVENUE Airbase 27-speed TIAGRA お別れ直前の写真です。現在はこの自転車には乗っていません。

AVENUEとお別れ の続きを読む

タグ :

自転車のライドポジションの見直し

 2010-04-19
この前横浜まで50kmポタをした時に、結構な肩こりになりました。

airbaseを購入してからペダル-サドル間の長さしか調整して無いので、自分で思うよりも前傾姿勢がきついせいかもしれません。ここは再調整です。

airbase19_20130325224221.jpg
まず前傾がきついのでハンドル位置を上げます。新しいステムを買うのももったいないので、ステムを上下裏返して再取り付けしました。Airbaseのステムは標準状態で地面と水平ですので、これを裏返せば簡単にハンドル位置を上げられます。

airbase20_20130325224222.jpg
次にサドルもやや前下がりでセットしてありポジションが前傾+前荷重だったので、後部を1ノッチほど下げてほぼ水平か気持ち後下がりに変更。

背景とデジカメの歪曲収差のせいで錯覚を起こしそうな写真ですが、一応2枚とも調整後の写真です(^^;

10kmほど試しに乗ってみると・・・すごい楽(^^ やる気ポジションからまったりポジションへの変更ですから当たり前なんですけど数cmの差でここまで違うとは・・・。 自転車の調整は奥が深いですね。

自転車のライドポジションの見直し の続きを読む

バーセンターバーとか(笑)

 2010-03-03
季節の変わり目だからか、最近の空模様はイマイチはっきりしませんが、合間の晴れの日を狙って再び自転車に乗り出しました。色々あって冬の間は自転車に乗ってませんでしたから本当に久々。

バーエンドバーって使ってますか?

クロスバイクやMTBなどフラットハンドルの自転車には装着率が高いですよね。私のairbaseにも納車時に付けて貰いました。これがあると登り坂で自転車を振りやすくダンシングで登るのが楽です。でも私の場合、普段の使用率が極めて低くほぼ飾りみたいなものになっているので、前々から考えていた事を実行してみました。

airbase18.jpg
バーエンドバーを外側じゃなくて内側に付けちゃいます。世間ではバーセンターバー?とか言う方もおられるようです。 ロングライドをしていると、ブレーキがいらなそうな長い直線では前傾ポジションを取るためにバーエンドを握ったりしますが、体が開くので思いっきり空気抵抗になっている気がします。

ロードを見ていると、肩がすぼまって明らかにフラットハンドルの自転車とは姿勢が違って、空気抵抗が低そうな感じがします。そこで、フラットハンドルでも前傾+肩すぼまり姿勢を実現する為に・・・真ん中にバーエンドバーを設置というわけです。

まぁ、擬似TTスタイルと言えなくも無いです。 設置は内側から、シフター・バーエンドバー・ブレーキという順です。交換したシマノのシフターはレバーが大きくて邪魔だと感じていましたが、イイ感じにブレーキ・グリップ部から遠くなってハンドルが握りやすくなったのは嬉しい誤算(^^) バーセンターバー・・・実際に使ってみると予想以上に好感触です。

流石にココを持って自転車を振ることは出来なくなり上り坂では全く使えない代物になりましたが、見通しの良い直線ではTTモドキな感じが気分的にも速度UP(笑) ブレーキ操作も普通のバーエンドバーの位置と同程度のタイムラグで出来ます。 見た目はともかく使い勝手は上々なので、しばらくはこのクワガタスタイルでいってみます。

―追記
バーセンターバーはこの後しばらくして元に戻しました。理由は2つ。 1.持ち手が極度に狭くなるのでバランスが悪くなり、長い直線でしか出番が無い。 2.坂道でダンシングで自転車を振るときに、やっぱり外側にあったほうが便利だから。 相対的に見て使用頻度が外側にあったほうが高いのでバーセンターバーは止めました。しかし内側と外側の計4本あれば使い勝手は完璧だと思います。


よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ : クロスバイク

トリプルクランク化、完成!

 2009-10-25
しばらく頓挫していたダブルクランク→トリプルクランク化の改造ですが、必要な部品が揃ったので、一気に完成まで漕ぎ付けました。

airbase27.jpg
今まではシフターがmicroShift、フロンドディレーラー(FD)がシマノ、クランクがFSAとなんとも多国籍軍な構成だったので何が悪くて変速が上手くいかないのかさっぱり検討がつきませんでした。この構成で取り付けしてもどうも変な位置でFDが止まって変速しないので、シフターによるインデックス位置が合わないのだと予想し、思い切ってシフターをシマノ製に交換することにしました。

airbase28.jpg
よって改めてパーツ構成は・・・

クランク:FSA OMEGA Megaexo トリプル(50-39-30)
シフター:シマノ SL-R440 9スピード
FD: シマノ 105 FD-5603-B(直付式)

となりました。 結論から先に言うと「一応、変速しています」・・・かな。 シフトダウンは問題ありませんが、シフトアップが少々もたつく感じで重いです。フロントの変速はチェーンリング依存率が高いのですが、FSAの低グレード品なのでチェーンの引き上げ能力が低いのか、シフトアップ時はFDで強引に持ち上げてやらないと変速しません。

まぁ、FDとシフターの組み合わせもシマノの推奨と違うので、その辺の影響もあるのかもしれません。前回の記事で105はフラットバー用で無いと書きましたが、なんかやってみたら大丈夫みたいです。 今回はなんとか上手くまとまりましたが、何よりもFDが直付けでフレームに取り付ける台座に苦労させられました。

airbase29.jpg
写真のようにFDとフレームの間にL字型の台座があるのですが、取り付け幅を持たせるためにフレーム固定側のネジ穴が大きく作られいました。ちょうどいい位置でつけると、どれだけネジを硬く締めてもワイヤーでFDを引っ張った瞬間、台座ごとFDが後ろへ動いてしまい調整もクソもありません。

結局、フレームが上から見て菱形になっているので、台座がフレームに当たるまで位置を下げてそれ以上動かないようにしました。これだとFDの取り付け位置がやや後寄りになってしまうのですが、まずまず変速しているのでOKかなと。他にもL字台座の垂直が出ておらずFDがチェーンリングに水平にならなかったりと色々あって、取り付け取り外しを繰り返しながら万力で台座を締め上げたり・・・とFD設置の調整が大変でした。

色々な都合(特に予算面)でメーカー混成な組み合わせになりましたが、当たり前だけど出来うるならシマノで統一した方が、気持ちのいい変速動作が行えるでしょうねぇ。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ : クロスバイク

ダブル→トリプル化、道険し・・・!

 2009-10-18
この前のサイクリングで湘南平を上りきれなかったので、かねてから考えていたトリプルクランク化を実行してみることにしました。 

airbase26.jpg
見た目をあまり変えたくなかったので、あえて純正FSAのダブルのトリプル版を入手。

クランクの取り付け自体は簡単でした。左クランクを外せば、右のギア付きクランクはスポッと抜けます。 問題はフロントディレーラーの調整です・・・。 当初は初めから付いているmicroshiftシフターはトリプルも兼ねているようなのでイケると思ったのですが、インナー→ミドル→アウター方向は上がっていくのに、どう調整してもミドル→インナーのみ落ちません。

インナー方向へ調整代がすでに無く、強引に変速させることも出来ないようです。やはり構造的な違いでダブル用ディレーラーでは無理みたい。結局、シマノ105のトリプル用フロントディレーラーを手に入れました。

でも・・・やっぱりと言うか、ちゃんと変速しません。105はSTIレバー用なのですが、フラットーバーシフターで引けると思ったのですが、レバー比に対してディレーラーの移動量が多すぎるみたいで、行き過ぎてしまいます。リアと違って、フロントはパンタグラフみたいな構造でアウターに向かって斜めに移動するのですが、この辺にSTI用とフラットバー用の構造の違いがありそうです。 う~~~~ん!ちゃんとシマノの互換表通りに組み合わせないと駄目ですね。シフターもmicroshiftのスペック不明のヤツなので、サイアクの場合、シフターとフロントディレーラーも交換しなきゃなー。

フロントディレーラーは外れた状態なので、しばらく部品待ちです。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ : クロスバイク
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫