ロードバイクとレインポンチョ

 2016-09-23
この前の直江津集合で塩尻から糸魚川経由で直江津までおよそ150kmを走りました。

その行程中、塩尻から糸魚川までの110kmはほぼ雨で、そこをポンチョで走ってみてどう感じたか・・・ロードバイクで雨の日を走るとき、ポンチョってどーなのよ?ってお話しです。

レインポンチョ
そのとき使用したのがコレ。ドッペルギャンガー・パッカブルレインポンチョってやつです。自転車通勤の短距離移動用にイトーヨーカ堂で買いました。がっつり150kmも走るのに、なんでポンチョでイケる!と思ってしまったのかは謎ですが、たぶん荷物を少なくしたかっただけでしょうね。


先に結論から言いますと、
ロードバイクポンチョは向いていない
と思います。

それは・・・

理由その1:足がすげー濡れる
ポンチョってかぶるマントみたいなものなので、下半身はむき出しです。雨が真上からまっすぐ降ってくる分には大丈夫ですが、自転車に乗ると斜め前から降る感じになります。ロードで時速20km程度も出そうものなら、感覚的には”前から降ってくる”と感じるほど浅い角度になります。すると、ポンチョをハンドルより前に出してカバーしないと、もう太もも辺りから下はビチョビチョです。

naoetsu201633.jpg
ボクのバイクはコンポーネントが5600系で、STIレバーから触覚が出ているのでそこにポンチョの先を固定して、まぁまぁいい感じにできましたが、最近の触覚無しだと固定ができなくて、下半身を前から向かってくる雨から防げないと思います。

理由その2:すげーはためく
ママチャリ程度の速度なら大丈夫ですが、ロードバイクのスピードだとポンチョの中へ風が巻いて入り、月光仮面かバットマンかってくらいにマントのごとくはためきます。どの程度ぶれているか確認できないのですが、車への巻き込みのことを考えると少し危ないかなと思います。

理由その3:夜は使えない・・・かな
これはボクの自転車の仕様とポンチョの使い方に寄るのですが、ボクはライトをハンドルに固定して使っています。そういう人、多いと思います。で、この状態でポンチョをシフトワイヤーに固定して使うと、ライトを完全に隠してしまいます。この状態だとライトとして全く役に立ちません。

理由その4:思ったより濡れるし蒸れる
それなりの速度で走ると、霧状の雨などが風と共にポンチョ内部へ入ってきます。さらに風圧でポンチョが広がるので、前輪や後輪で巻き上げた泥水がポンチョの内側へ撥ね飛んできます。坂を上っているときは低速なので前述のような水濡れはありませんが、体温が上がって汗をかき、熱気は下へは抜けないので案外ポンチョの中へ溜まって熱いです。高速では水に濡れ、上り坂(低速)では汗で蒸れるって感じです。


ではメリットはないのか?っていうと、そうでもないです。

いいところ、その1:バックポケットが使える
サイクルジャージのバックポケットはすごく便利ですが、上からウインドブレーカーやレインジャケットを羽織ると、ひじょーに手が入りにくくなります。その点、ポンチョならかぶっているだけなので、普段通りに手をまわして中身を出し入れできます。また、バックパックを背負うときも、レインジャケットだとバックパックにもカバーを付けなければなりませんが、ポンチョなら上から丸ごとカバーできるので、バックパックに防水カバーを付ける手間がはぶけます。

いいところ、その2:脱ぎ着が楽
ロードバイクとコンビニは切っても切れない関係ですが、雨でビチョビチョのまま店内に入るのは気が引けます。だから入店の時はレインウェアは脱いで入るようにしているのですが、ズボンタイプは脱ぐのがすごく面倒。その点、ポンチョの脱ぎ着の簡便さは特筆ものです。

いいところ、その3:荷物が少なめになる
上下セットのレインウェアはかなりかさばります。オルトリーブのサドルバッグLでもレインウェアだけで一杯になるでしょう。そうなるとバックパックの出番ですが、できれば背中には何も背負いたくない・・・って人は多いんじゃないでしょうか。ポンチョなら相当コンパクトになるので、荷物としては格段に少ない配分になります。


ということで、結論。

ロードで雨の中をそれなりの距離を走ることを考えると、走行時の快適性は上下セットのレインジャケットが一番です。雨天走行は「いかに体を濡らさずにできるか?」ということが重要で、体に伝わる”しっとり感”や”濡れ感”が少ないと、案外と普通に気にせず走れたりします。

だから、最初から雨の中を走ることが想定されている場合はレインジャケット。行程の大半が降らない、でももしかしたら少し降られることがるかもしれない・・・という場合は、念のためポンチョ持参というのがイイのではないでしょうか?


ポチッとお願いします(o'ー'o)

パールイズミ・コールドブラックレーサービブパンツ

 2016-06-12

パールイズミ 「T293-3DNP コールドブラック レーサービブパンツ」
いままではコールドブラックスパッツ 2253Dの旧モデルを使用していましたが、7部より半パンタイプのほうが圧倒的に膝を動かしやすいので、これからの夏に向けて久々に新規購入です。ちょっと気合を入れてビブにしてみました。
パールイズミはサイクルウェアではド定番ですけど、なんだかんだでここのパッドが一番お尻に合うんで、結局はこのブランドを選んでしまいます。

PI2.jpg
ビブなんで着丈基準でXLをチョイスしたら、レーサータイプだから、鍛えている足が太い人用なんでしょうか?太ももまわりが余りまくり。ですので、20mmほど折り返して詰めてみました。ちなみに、このすべり止め部分が来る僕の太もも周長は39cmくらいでした。


さっそく着て走ってみました。

11日土曜日は開成町のあじさい祭り最終日直前ということで、そちらを目指しました・・・が、お昼をしたあとからだんだんお腹が痛くなって、モチベーションだだ下がり。結局、行き先を湘南平に切り替えて一発上って終了にしました。

それにしても湘南平、上るたびに遅くなってます○| ̄|_  この日は9分4秒で前回より10秒遅れ。ハルヒルは7分短縮してんのに、どんどん遅くなるmiracle!

あ、パールイズミのレーパンは最高ですよv(o゚∀゚o)v このレーパンは新しいパッドの3Dネオプラスってやつなんですけど、普通の3Dネオより確かに足が回しやすいです。存在感を消しつつも、仕事はきっちりこなしている感じで、かなりイイですね。

この日は65km走って終了~。

endcap.jpg
帰り際、辻堂のセオサイクルによってねじ固定式のエンドキャップを購入。赤いワンポイントがお気に入り。

ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヘルメット:セレーブ・マトリックスのアジャスター交換

 2016-01-18
頭は一つしかないのに自転車ヘルメットは2つ持っていまして、内、一つがOGK・リガス。もう一つはSelev(セレーブ)・マトリックスです。

マトリックスの初代モデルですが、イタリア製ながら妙に自分の典型的日本人頭にフィットし、シルエットも比較的キノコらないのでお気に入りです。

ただ、バンドを締めて頭に固定するためのアジャスター機構が、ダイヤルで締め上げるタイプではなく、左右から順にスライドして締めていくタイプで、両手を使わないと調整できないところが唯一の欠点でした。

セレーブ マトリックス S2サイズレギュレーター
これが件のアジャスターセレーブ流に言うと「S2 サイズレギュレーター」です。締めるときはギザギザバンド上を赤ボタンの付いてる部品を中央に寄せ、緩めるときは赤いボタンの広い側を押して内部の爪を浮かせ広げます。

最近、この爪が緩んできたのかいつのまにか締め付けが緩んでヘルメットが走行中に動いてしまうことがありました。ボチボチ、アジャスターが寿命なのかもしれません。そこで・・・


セレーブ マトリックス プロロールサイズレギュレーター
アジャスターだけ交換しました!これもセレーブ流に言うと「プロロール サイズレギュレーター」です。

現行品「マトリックスR」のものですが、パッド形状及び固定法が同じなのでそのまま使えます。今度はダイヤル式となり片手で締めと緩めができるようになりました。ついでに反射板もついてる優れモノ。

これでようやく、今風ヘルメットの仲間入りw 

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

中華な冬用グローブを入手

 2015-11-10
01_2015111017291683e.jpg
中国の楽天?ともいうべき、あやしさ大爆発のAliexpressから冬用グローブを購入しました。

注文が10月24日で到着が11月10日。中16日ですがEMSならこんなもんでしょうか。

02_20151110172917670.jpg
うーん、このカタチw

03_201511101729196c2.jpg
さて検証開始。右は2010年に購入したパールイズミのウインドブレークグローブ(モノホン)。こうやって並べると、似てるけど少し違いますね。手にはめた感じも同じ「L」サイズですが、中華グローブの方が小さめです。

04_201511101729206cb.jpg
掌面はこんな具合。親指の付け根部分のパッドが無いのが一番の違いでしょうか。パッドの厚み自体はどちらも変わらない感じです。
さすがにパールの方は5シーズン使っているので痛みと汚れが・・・。それで新規グローブの購入なのですが。

05_20151110172922057.jpg
内側の縫製の違い。左が中華で右がパールです。やはり、こういう細かい部分に差が出ますね。パールの方が手が込んでいて、耐久性が高そうです。

まだ時期ではないので耐寒性能は未知数ですが、はめて見た印象は「値段ほど悪くはないが・・・」というところです。パールの方は長年の使用で手になじんでいるので一概に比較できないのですが、中華グローブは生地がやや厚めでサイズも気持ち小さいのでパールほど指の動きが良くない感じです。

改めて良く見てみれば、パールの方は指部分の縫い目が見えない様にしてあるなど、手の込んだ造りになっています。指もTryDというだけあって立体断裁になっていてSTIを操作しやすく、この辺りに価格差分の良さを感じます。

ボクの場合、真冬の通勤に酷使するのでグローブの痛みが激しいんですね。だからパールはオーバースペックというか「もったいない」(笑)

だからこの1600円のグローブで十分なのでした(・∀・)

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

新SPDシューズっ!

 2015-04-13
SPD01.jpg
長年愛用してきたSPDシューズ「SH-RT81」が、かなりくたびれてまいりました。通勤&レジャーの両方で酷使しているので当然の結果なのですが。

もうベルクロとか「ギリはがれない」っていう程度にしか効いてません。ラチェットバックルが無かったら、とうの昔に終わってると思います。

常々、シューズの新調が課題事項となっていましたが、同じ会社のSさんに「使ってないシューズ、譲っていただけませんか?」と臆面もないお願いをしてみた結果・・・

SPD02.jpg
神は舞い降りた!( ゚∀゚)ノ

ほぼ新品のSH-M087、いただきマンボ

ラチェットバックルタイプのMTB用SPDシューズで、輪行野郎としてはRT81より歩きやすい靴底がイイ感じ。しかもワイドモデルで窮屈感ゼロ。これでまた5年はシューズを買わなくて済みそう(・∀・)

Sさん、ありがとうございました。大事に使わせてもらいます!

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ : SPDシューズ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫