中華タブ用にLenovoスタイラスペン。そして偽物と本物

 2017-04-04
少し前に購入したWindows中華タブレット「Cube i7 book」に首っ丈でした。

筆圧感知ができるワコム製デジタイザを搭載したタブレットで、お絵かきに特化したソフト「クリップスタジオ」と合わせ、20年前に夢見て果たせなかった環境が、目の前にあるという状況で、”お絵かき月間”となった3月はそれはそれで充実した月でした。


そのCube i7 bookですが、ワコムの「wacom feel it technologies」いわれるデジタイザを搭載しています。いわゆる電磁共鳴 (EMR) といわれるもので、LCD画面側が磁界を作り出すことで、ペン側に電池が要らないタイプです。

この「デジタイザ」。非常に規格が複雑で、特に筆圧感知を売りにしているものは、ペン側もそれに対応していないと機能しないというところが厄介です。ざっと調べると、概ね下記のような具合のようです・・・(たぶん) (2017年3月現在)

1.Wacom EMR(feel it technologies)  ※電磁誘導 ※ペン側電池不要
2.Wacom AES  ※静電結合 ※ペン側電池必要
3.Microsoft N-trig  ※静電結合 ※ペン側電池必要
4.Synaptics ※静電結合 ※DELL専用?
5.Apple Pencil  ※iOS専用

ざっと5種類かと思います。5.のアッポーペンはそもそもOSからして違うので論外ですが、1.のEMRが問題なんですね。

世の趨勢は2.や3.の静電結合方式に流れになっており、ペン側に電池が必要になるものの、本体側に磁界を作る装置を持たせないことで、薄型・細いベゼルで、かつ安く作れるのがメリットです。ですので、EMRは優れた性能を持ちながら、消えていく運命にあるようです。

このEMR、現在、対応しているペンを探すのが非常に困難になっています。技術の提供先であるワコムがEMRで筆圧感知に対応しているペンの生産を止めているようで、もう新品では手に入りません(2017年3月現在)。これからEMR搭載のタブレットを購入する方は覚悟が必要かと思います。

ですので、EMRタブレットを購入する際は必ず純正ペンを同時に購入するか、現在一番手に入りやすい「Lenovoのペン」を買うかです。

ようやく本題。

lenovopen01.jpg
Lenovoの筆圧感知対応デジタイザペンです。2本ありますが、1本は偽物。もう1本は本物(と思われる)です。

違いは下記の通り。

1.偽物はお尻の消しゴムボタンが灰色で本物は赤。
2.偽物はペン先が赤で、本物は黒。
3.偽物はペンホルダー部分がフラットで、本物は凹みが刻んである。
4.偽物はペン先(軸)が沈み込む動作をし、本物はしない。
5.偽物は本物よりボタンのクリック感が安っぽい。
6.偽物は本物よりやや軽い。
7.偽物は本物よりペン自体の色(黒味)が薄い。
8.本物には「Made in China」に刻印があるが、偽物には無い。

lenovopen03.jpg

lenovopen02.jpg

こんな具合ですかね。

Cube i7 bookを買った当時は、偽物ペンを使ってました。何度キャリブレーションを行っても少しだけ座標がずれるのですが、筆圧感知は普通に機能していました。だから「こう言う物だ」と思えば描けなくは無いです。そして、今回本物(と思われる)を手に入れ、早速使ってみたところ・・・

座標がずれないじゃないですか! ちゃんとペンの真下をポイントしています。筆圧感知も再調整が必要でしたが、ちゃんと動作しています。

EMRの欠点としてベゼル付近の反応がどうしても悪くなるのは仕方ないのですが、座標がずれなくなったことでウインドウの「閉じる」ボタンをちゃんと押せるようになったのが最高です(笑)

これでお絵かきも捗りますね!! ・・・・・いや、たまには自転車も乗らなきゃ・・・

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

オタ道まっしぐら

 2017-01-31
学生の頃はマンガ好きか高じて、サークルに入って同人活動などをいそしんでいたこともありましたが、社会人になってからすっかり鳴りを潜めて、まるで一般ピーポーのように生きていましたw

それが昨年、Tさんと知り合ったがゆえに、またフツフツと暗黒面が表に出てきてしまいましたねぇ。最近、記事にオタ成分が多いのはそのせいです(笑)


きっかけはTさんの持っている「VAIO Z CANVAS」に触れたこと。そのデジタル画材の進化に心底驚きました。


社会人なりたてのころ、MacのGUIに衝撃を受けPowerMacを買い、デジタルで絵を描いてみたくてPhotoshop3.0とワコムの板タブレットを導入。フォトショは、アンドゥーにより簡単にやり直しができる。レイヤーという概念により線画と塗りの使い分けが可能。マスクによる塗り部分の分離など、紙に描くのとは全く違う便利さに虜になりました。
そして板タブレット。(確か)フォトショ側が対応していなかったため筆圧感知はあまり意味がなかったですが、マウスで線画を描くよりは格段に操作しやすく描きやすかったです。
まぁ、本物のGペンみたいに線が流せないとか、ペン先とカーソル位置がえらくずれるとか、定規が使えなくて直線が引きにくいとかいろいろ苦労もありましたが、カラーで描くときに画材を机に広げなくて良いというのはすごく違いました。


・・・時は流れ、PCで絵を描くどころか、絵を描くこと自体から遠ざかっていた今日この頃に件のVAIOショック!

板タブどころか、液晶タブレットはこんなに進化してるのかー・・・かー・・・かー

Cube i7 Book
てなわけで買ってみました、Windowsタブレット。
ま、正直いいまして同人活動に復活するわけではないので、それほど本格じゃなくていいわけです。ところがワコムデジタイザやその他の筆圧感知搭載の液晶タブレットとなるとAppleのiPad ProとかマイクロソフトのSurface Proとか、なかなかいいお値段するわけです。

そんな中、中華タブが相当安く、性能もまずまずというではないですか。飛びつきましたね。いつものAliexpressからの購入で、おおよそ37,000円。日本では売っていないcube i7 bookというモデルです。純正キーボードとペンを買うと高いので、板だけ買ってペンとBluetoothキーボードは適当に安く別途購入。

CPUとかの性能には詳しくないのですが、クリップスタジオというお絵かきソフトでもって少し描いていますが、処理が重いとかファイル展開が遅いとかいうのは無いです。非常に快適です。

でもやっぱり紙に描くのとは根本的に違うので、その感触や描きの進め方に慣れは必要です。しかし新種の画材だと思えば、そんな試行錯誤も面白いと思えます。まずは一作品仕上げてみてどうかな?ってところですねd(゚ε゚*)


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫