MTBを子供に合わせて改造

 2017-04-29
グランジ ステム 45mm
いただいたGIANT XTC2をさらに子供の体に合わせて細々と改造しました。

サイクリーでグランジの45mm中古ステムを買ってきて交換。これでぐっとハンドルが近づきました。

キックスタンド
キックスタンドも装着。アマゾンで999円のやつ。中華製ですが思いの外いい作りしてます。aliexprressでも同等品が1,200円近辺なのでお買い得。ただ、もう少し足が短いといいかな。26インチだと傾斜角が少なくて簡単に反対側に倒れそう。中身の芯を少し切って短くしてしまえばいいのだけれど。

ギザプロダクツ チェーンガード
ズボンのまま乗ることが多いと思うので、GP(ギザプロダクツ) SW-722 チェーンリングカバーを取り付け。アウター46tでちょうどぴったりサイズです。48tだとギアがはみ出るかも。

ギザプロダクツ チェーンガード
取り付けは簡単かつ秀逸。チェーンリングボルトは筒状に貫通してるので、裏側からそこを通して木ネジでもってチェーンガードを固定します。PCD104限定ですが、費用対効果が高い製品です。

ギザプロダクツ チェーンガード
アウターに変速したときのクリアランス。ギリギリですが当たっていません。変速に影響なしです。

これでようやく完成形かな。丁寧に乗ってくれるといいのだけれど。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

MTB再生!GIANT XTC2

 2017-04-26
XTC01.jpg
MTBをいただきました。

2009年式 GIANT XTC2です(たぶん)。 なんとなく心当たりがあり、ネットで出所を調べました。おそらくボクで4代目のオーナーかと思いますが、前の方々の話は面識がないので割愛。

カタログを調べて初期装備と比較すると、フレーム以外のパーツがほぼ換装されています。MTBは未知の領域なので、これが良いのか悪いいのか不明ですが、しばらくぶりに遊べるおもちゃが手に入った!という感じ。






まずは各部のチェック・・・ちょ、汚れヤバイw 


油と砂や埃が混じったものがこびりついて、洗浄油を使いながら洗います。外せるパーツは全て外して徹底的に。

左右クランクも外してチェーンリングも分解して清掃。油圧ブレーキ周りははじめて見る装備なので、付けた状態で出来る限り・・・と。フロントのブレーキパッドは残ってないよと教えられたので、それは交換。

リア、フロント共にホイールの回転に若干渋さがあったので、ハブをばらしてベアリングの掃除と給脂。あいにくデュラグリスを切らしていたので、大型機械用の軸受け用グリスをぶっこみました。なんかいい感じ。

XTC02.jpg
リアディレーラーはプーリー周りがひどかったので、プーリーを外して清掃。再装着にはロックタイトを塗って軸ネジを締めすぎないように固定しなおし。チェーンも伸びて錆も浮いてたので交換。倒した時のディレーラーガードもどきとして、余ってたあさひのハブライトホルダーを付けてみました。

XTC04.jpg
フレームはひどい汚れを水吹きで落として、車用のコーティング剤を塗って艶出し。塗装の削れは・・・ポスカだとアルミに塗料が乗らないみたいなので、後で車のタッチアップペンで補修かな。

XTC03.jpg
BBがゴリゴリいって死んでたので、ここも交換。右ワンがなかなか外れなくてまいった! しかもカタログでは118mmになってたのでそれを用意してたら、外してみたら110mm入ってるし。まさかBBまで交換してると思いませんでした。無理やり変速調整合わせたけどw

XTC05.jpg
ブレーキオイルは全量交換して、グリップも新品に。ロックリング付きなので固定も楽々。街乗り仕様にするので、ハンドル幅を少し詰めました。

・・・と、ここまで修理して乗ってみると、やっぱフレームが小さいDeath。サドルをポスト限界まで上げても足の回転がやや狭苦しい印象・・・。


そんな訳で、ちょうど下の子の自転車が小さくなってきたので、お兄のをお下がりして、コレは上の子に使わせようと思います。子供に使わせるにはもったいないくらい本格MTBなんですけどね(=∀=)
乗らせてみたらやはりフレームが少し大きいので、ステムを短くしてキックスタンドも付けようと思います。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
タグ : MTB 修理 GIANT

やりすぎシートクランプ

 2012-04-27
サドルがぐるぐる回り、やがて落ちた。 浮遊感がタマらないw

サドルの高さを変えようと、クランプを緩めて調整後に締めなおしたら、走り出して直ぐ緩んだ。

また締めなおしてじっくり観察すると、ゆ~っくりとフレームからクランプが上がってきて、ポンッとはずれた。

ん、ん~??

シートクランプ
外してみてみたらクランプが曲がっとる。・・・締めすぎて歪んだようだ。だからテーパー状になって圧力が上へ逃げて抜けてしまう。そういえば、アルミの切り粉みたいのが付いてるな。ネジ穴が揉まれて大きくなったから歪んだのか・・・。

これは使い物にならないので買い替えた。

シートクランプ
前と同じタイオガのヤツ。でも今回はMTB用で、前のロード用よりも深く入りネジ受けに補強が入っている。割りの位置もロード用と微妙に違っていて、フレームの割りとは少しずれるようになる。

結果、当たり前だけどきちんと固定できた。

うーん、やはり自分でメンテする場合は、トルク管理くらいきちんとしたほうが良いのかな・・・。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫