スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

つちのこサイクリング! Day2

 2017-09-16
tsutinokoday2_01.jpg
2日間かけて走ったのんびりツーリングの続きです。前回は輪行で上諏訪からスタートして、飯田まで天竜川沿いに走ってきました

今日はここ飯田から、目的地の東白川村を経由し、名古屋方面へ抜けるルートです。計画ルートのほぼ全域が山間部であるので、平坦な道が期待できないタフな道のりの予定です。さて、泊まった健康ランドを後にして出発しましょう!






tsutinokoday2_02.jpg
飯田市街地の台地から見える山々。今日はあの辺を突き抜けていくよーと後ろのU君に話かけます。「そうっすか・・・」とテンション低めの返事w

tsutinokoday2_03.jpg
県道8号に入り、いよいよ峠道の始まりです。道中、このように仏像が何体も設置してあってあらかた撮ってみたのですが、30か所以上あって、よくよく考えたら全部アップできるわけないですよね(笑)

tsutinokoday2_04.jpg
この県道8号、南木曽町のほうへ抜けるのですが、山をはさんで反対側に国道が走っているのでここを通る車は少なく、なかなか自転車には都合のいい道です。まだ残暑厳しい陽気のはずですが、日陰気味の道は適度に涼しく、沢筋を吹き降ろしてくる風は少し寒いくらいです。序盤の傾斜がややきつかったものの、中に入ればゆるゆると標高を上げていくポタリング的に走れる好ルートでした。

tsutinokoday2_05.jpg
この道は太平街道とも言って、途中に太平宿という集落があります。そこでは古民家を現存して里山の宿泊を楽しむ・・・みたいなコンセプトでしょうか?

tsutinokoday2_06.jpg
こんな感じの道のり。えっちらおっちらのんびりとサイクリングを楽しんで上っていきます。

tsutinokoday2_07.jpg
飯田峠、到着! 100㎞超の計画としては序盤から厳しく、お連れのU君のHP残り50%くらいでしょうか(;'∀')

tsutinokoday2_08.jpg
太平宿に入ってきました。休憩できそうなお茶屋さんがやっていたのですが、少しペースが遅めなので後ろ髪惹かれる感じでスルー。

tsutinokoday2_09.jpg
二つ目の峠に到着! ボクも今日のルートに関しては不勉強だったので、飯田峠が最高地点と思っておりましたが、太平宿からさらに上がって、ここ太平峠が本日の最高地点でした。距離はありますが、無理しなければ、楽しい峠道といって良いです。紅葉の時期にもう一度走ってみたい・・・と思いました。

tsutinokoday2_10.jpg
前写真の太平峠の看板からすぐ行った先にある土管のようなトンネル。標高的にはほぼ変わらず、トンネル上部に「木曽峠」ってあります。太平峠であり木曽峠である・・・みたいな感じですかね?

tsutinokoday2_11.jpg
太平峠/木曽峠から先はひたすらダウンヒル!ただブラインドコーナーが多いので、対向車に注意をしながら飛ばし過ぎないように下ります。途中、木曽見茶屋という茶屋があって、その付近から見える木曽の山々。こういうダイナミックな風景が見られるから、山のサイクリングはいいんですよね~。

tsutinokoday2_12.jpg
太平街道を下りきって国道256号に出ると、妻篭に向けて豪快な高速ダウンヒルになります。交通量少な目で非常に長い下り。そして整備されたアスファルト・・・ここまで長く爽快なダウンヒルルートは初めてでした! そして妻篭を抜けて中山道へ。木曽川をせき止めたダム湖を眺めながら走ります。

tsutinokoday2_13.jpg
木曽川を渡る橋上で、ようやく岐阜県に入りました!

tsutinokoday2_14.jpg
標高が下がってくると暑くなってきて、体力消費が激しく上がってきました。道の駅 賤母(しずも)で丸団子状の五平餅を食べて休憩。この甘みそ味が好きなんですよー(*^^*)

飛騨牛カレー
U君のHPが底を尽きかけてきているので休憩回数を増やしつつ、道の駅 付知(つけち)で昼食。思いのほかボリューミーな飛騨牛カレーをいただきました。お腹一杯すぎる・・・(*'ω'*)

tsutinokoday2_15.jpg
今回のサイクリングの目的地「つちのこ館」に到着!!このつちのこ館がある東白川村は「つちのこ」の目撃例が多く、つちのこの聖地的な位置づけみたいになってます。

tsutinokoday2_16.jpg
中は小さいですが濃密な資料館になっていて、ツチノコに対する情熱で満ち溢れていて息苦しいくらいw 凝った展示品もあるので、ぜひ自分の目で見てほしいので詳しい写真は無しで( ^ω^ )

tsutinokoday2_17.jpg
ハイ、発見っ!! アニメ「けものフレンズ」に登場する「つちのこちゃん」です。作中のキレキャラっぷりにすっかり魅了されてしまい、この吉崎観音氏の描きおろしイラストが見られるのは、寄贈されたつちのこ館だけ。これを見にはるばる来たといっても過言ではありませんw

tsutinokoday2_18.jpg
まんぞく・・・。 裏手の渓流が涼しげだったので、降りてみて足をつけてみました。冷たくて気持ちがいい・・・。

tsutinokoday2_19.jpg
道中、要所要所でTwitterでつぶやいてたら、白川茶屋さんからリプをいただき、立ち寄って無事捕獲!ツチノコ焼き、ゲットォ~。あんこの甘みと少し塩味が効いた皮が相まって、なかなか美味。白川茶も飲んで大変満足!

tsutinokoday2_20.jpg
東白川村を後にし、県道62号を下って国道41号へ。ここは下呂と美濃加茂をつなぐ唯一の主要道なので、車の通りがすごく多いです。自転車には不向きですが、ここしかないので仕方なく。 途中、天心白菊の塔を通り過ぎました。悲しく犠牲者の多かった事故ですが、心霊スポットとかいって茶化すのはどうなんでしょうね・・・。

この後は多治見まで行って輪行の予定でしたが、U君の足が限界ということと、時間的にややオーバーであることを考慮し、太田線・可児駅からの輪行に切り替えてサイクリング終了~。ちょうどやってきたディーゼル車に乗って、多治見乗り換えで名古屋まで行き、そこから新幹線で新横浜へ。21:00くらいに帰宅とあいなりまいた。


本日のルート。2日間の合計で走行距離220㎞でした。

いわゆる聖地巡礼のためのサイクリングでしたが、天竜川を眺めながらの長距離平坦路。飯田峠/太平峠を含む峠道の牧歌的良さ。木曽路の素晴らしい風景。豪快なダウンヒルなどなど、目的地以外にもみっちりと実に楽しいサイクリング体験ができた旅でした(*'ω'*)
関連記事
スポンサーサイト

ふらふらと遊びまくり

 2017-01-29
GP20170114.jpg
1月の土曜日はなんだかずっとフラフラと遊んでおりました。 第一土曜日に予約を取り逃がした「ガールズ&パンツァーカフェ」。第二土曜日にリベンジ。キャンセル待ちで滑り込み、なんとかイベント終了前に堪能することができました。

・・・・まぁ、高いよね(笑) 食事してジュース飲んで軽く3000円超えてくるからw

第三土曜日は家族と中華街あたりへお出かけ。猛烈に風が強い日でした。


そして、1月最終週。土曜日ではない日曜日、久々に自転車乗ってきました。

江ノ電
冬は日が出ている時間が短いので、自転車で気持ちよく走れる時間も限られてきます。あまりナイトランは好きではないので、冬季はどうしても一発の距離が短くなりますね。ですので、またあてどもなく鎌倉方面。

鎌倉宮
正月にお参りできなかった鎌倉宮に再チャレ。さすがに人はまばらで、参拝余裕でした。よこしまなお願いをして、早々に退散。




今期のアニメで「南鎌倉高校女子自転車部」という自転車アニメが始まりました。その名の通り鎌倉が舞台で、話の折々に鎌倉の名所が登場します。また、珍しいことに自転車のブランドも正式に採用され、ママチャリからロードまでちゃんと現実のモデルに則した作画がなされています。「弱虫ペダル」や「ろんぐらいだぁす」では、微妙に違うロゴで誤魔化していましたが、この作品に限ってどういう理由でしょうね?
はたして作画のクオリティが保てるのか?


オルゴール堂
そんなアニメの聖地巡礼というほどでもないですが、作中に登場する場所に立ち寄ってみました。
一つ目は「鎌倉オルゴール堂」にあるからくり時計。オープニングにちょこっと登場。 ちなみにオープニングのタイトルロゴから登場する名所は以下の順です。

タイトルロゴ:鎌倉高校前交差点→鎌倉駅→鎌倉文学館→鎌倉オルゴール堂→佐助稲荷神社→長谷寺→御霊神社→銭洗い弁天→八幡宮

長谷寺
そんで長谷寺です。すぐ近くなんで(笑) 拝観料が必要なので外から眺めるだけ。この周辺なら、高徳院(大仏)と長谷寺と鎌倉文学館のコンビネーションです。八幡宮周辺まで行くとなるとそこそこ歩くので、長谷の駅から江ノ電で行った方が疲れないんじゃないかな?

そんな感じでダラダラと走って41kmくらい。鎌倉と自宅を往復すると、どのルートを走っても大体こんな距離です。

それにしても、普段の通勤ではママチャリを使っているので、久々にロードに乗ると飛ぶように走るので、その速さに驚くw


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。