チューブレスをあきらめた瞬間

 2017-04-21
カンパニューロのホイール・ZONDA 2-way Fitを買ってから、頑なにチューブレスを貫いてきましたが、サイドカット&バーストをして「チューブレスパンクするんだなぁ」なんて当たり前なことに気づいた昨年の新潟のあの日

そして、今週水曜日。またしてもサイドカットを喰らいました。しかもまた後輪。そんな不幸にチューブレスはもう止めようと諦めたというお話。






「仕事は終わった、さぁ帰ろう」と自転車にまたがって少し走り出すと、妙にブワブワな乗り心地。何だと思ったら後輪がパンク。会社に引き返してよく見ると、タイヤサイドが少しぷっくりして破けています。

「またサイドカットかYO!」

直せるか・・・? パッチでも当ててみるか・・・とタイヤを外して裏側をチェックしますが、どう見ても破れていません。そうすると・・・・ビード部のインナーライナーとカーカスの隙間から、タイヤ層内部へ入り込む空気がサイドカットした部分へ向かって激しく移動、漏れているのだと思われます。

ましてや我がホイールは、シーラント腐食により、ビード下断面が完全に密閉されないというウィークポイントも抱えておりますので「さもありなん」。

もしかしたらシーラントを入れれば塞がるのでは?とは思いましたが、また”腐食進行”やら”タイヤが外れねぇ!”という事態になるのは勘弁なので、ぼちぼちチューブレスも潮時かな・・・と。



コンチネンタルウルトラスポーツ2
そんなわけで、後輪だけクリンチャーに復帰しました。Continental(コンチネンタル) ULTRA SPORTS 2ってやつ。とりあえず走れる状態にしたかったので、行った先のショップでそこそこ安かったのを適当にチョイス。
もう、高いタイヤをサイドカットで失って泣くのは嫌なんで(笑)

前輪はもったいないので、まだチューブレスのままで。


久々に乗るクリンチャー・・・・・・「うん、硬いっす」


タイヤのグレード的な部分もありますが、やっぱりチューブレスは乗り心地が良かったです。それでも手配しにくいチューブレスタイヤより、どこでも手に入り、パンク修理も容易なクリンチャーならではの気楽さがあります。乗り心地だって、3日もすれば、たぶん慣れてしまう程度の差。

20,840kmより使用開始。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

IRCの新型Formula Pro RBCC チューブレス

 2016-07-11
IRCの新型FORMULA PRO RBCC
恒例のタイヤ交換です。IRC 〝FORMURA PRO RBCC チューブレス″の新型です。23cで。

前のRBCCよりトレッドゴムの幅が広がって耐パンク性が上がり、コントロール性アップのためにヤスリ目のパターンが刻まれました。ブランドロゴも前モデルよりさらに素っ気無さに磨きがかかりましたw

チューブレスタイヤといえば、HUTCHINSON Fusion3 23c→IRC RBCC X-Guard 23c→IRC RBCC 25c→IRC Load Light 23cときて、今回の新型RBCC 23cです。通算5本目になります。すべてカンパニョーロ・ゾンダ 2Way-Fitでの使用です。

前タイヤはIRCのロードライトチューブレス 23cで、これはこれで良かったです。約3,000kmの使用で、後輪は摩耗インジケーターが無くなるほど台形化しましたが、前輪はまだまだいけそうでした。ゴム厚があるせいか、ひび割れの進行もいままでのタイヤより少ない印象でした。


江の島
新型RBCC、少し乗ってみました。境川を経て江の島へ。

ライダー体重67㎏、バイク重量約9㎏で空気圧は今までと変わらず6barにしました。スリックからパターン付きに変わりましたが、滑るように走る感じは健在です。新品タイヤということを差し引いても、やはりチューブレスの乗り心地は良いです。クリンチャーを離れて長らく経ちますが、敢えて戻ろうという気にはなりません。

2012年9月から約12,000kmをチューブレスで過ごしていますが、一回もパンクの経験がありません。

銭洗い弁天
そのまま調子に乗って鎌倉まで走って、銭洗い弁天の劇坂アタック。この坂はほぼ1日中日影で、道路の端には湿った落ち葉などが堆積していることがあるのですが、その上でトルクをかけても「ズルッ!」といくことは無かったです。思いの他ウェットグリップも高めなのかな?

やはりIRCチューブレスは良いです。お値段も2本買って1万円くらいなんで、WiggleでHutchinsonを買うより安い・・・っていうか、HutchinsonってもうINTENSIVEしかチューブレス作ってないの?ホイールはどんどんチューブレス対応が増えているのに、タイヤはあまり増えませんねぇ。

そういえば、IRCを買ってから知ったのですが、パナレーサーからも「RACE A EVO3」っていうチューブレスが出たんですね!新しいもの好きとしては、こっちでもアリ!だったかもヾ(・∀・)ノ


いちおう、デメリット・・・っていうか、気になる点も。もしかしたら過去のシーラント剤によるリム腐食の影響があるかもなんですが、空気圧の自然漏えいは多めです。24時間で1.5barほど落ちます。通勤でも使っているので長らく放置ってことは無いのですが、5日も放っておくと2~3bar程度までは下がっています。

泊りを挟んでサイクリングを行うとき、ベストコンディションを求めるなら空気の再充填は必須かと。・・・てなわけで、ボクはこんなポンプをいつも自転車に付けています

18,790kmから使用開始。

ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
タグ : IRC RBCC チューブレス

タイヤ交換…IRC ロードライト チューブレス 23c

 2015-09-12
RLT01.jpg
これは使用中のIRCのFormura Pro RBCC 700×25cです。後輪ですが、交換半年後に前後でローテーションしました。摩耗はローテーションのおかげか前後均等な減り具合で、写真のトレッド剥離は、前を走っていたバスが急停車したのでブレーキでタイヤをロックさせてしまった結果です。

使用1年、距離約5000kmを経過し、ひび割れも進行していたので交換することにしました。

IRC ロードライト チューブレス
今回はIRC/井上ゴム ロードライト チューブレス(ホワイト) 700×23cにしました。前回の25cは巷で言うほどの差異を感じなかったので、軽いほうの23cをチョイス。

これで連続3本目のIRCです。RBCC X-Guard→RBCC 25c→ロードライト・・・順当にグレードが落ちてってますねw

チューブレスといえばHUTCHINSONも有名で最初はそこのFusion3を使ってましたが、1年経たずにひび割れしまくりで、耐久性に疑問を持ちましたので、以来IRC一択です。幸い?IRCはきっちり1年でダメになります(;´Д`)

Odo 15,654kmから使用開始。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

IRC RBCC 25c チューブレス 簡単インプレ

 2014-07-29
IRCのチューブレス、RBCC 25cに交換してから200kmほど走りました。

以下、感想など

IRC RBCC 25c チューブレス 簡単インプレ の続きを読む

関連記事

タイヤを流行りの25cにしてみました

 2014-07-15
前回のタイヤ交換ではIRC X-Guardというチューブレスタイヤを装着しました

それから1年と1ヶ月が経ちタイヤのひび割れも進行し、磨耗インジケーターもまずまず浅くなってきたので、交換に踏み切ることにしました。

次のタイヤは・・・

rbcc25c.jpg
IRC Formula PRO(RBCC) TUBELESS 700×25c」です。

最近25cを使うのが流行りだと聞いたので、ミーハーにもそれに乗っかってみました。

古いタイヤを外すと、くっさいくっさいシーラント剤がタイヤ全周にこびりついていましが、幸いにもホイールにはそれほどしつこく付いておらず、ちょっとボロ雑巾で拭くだけできれいになりました。

以前にこのシーラント剤が原因と思われるリムの腐食に対し、このような補修作業を行いました。それが、1年ぶりにどうなったかを確認すると・・・やっぱり耐えられなかったみたいです。
セメントの形は補修時のままでしたが、半分固形化したシーラントにくっついてタイヤと一緒に剥がれてきました。

今回はシーラント剤を買っていないので、完全Noシーラントです。チューブレスといえど、ゴムだからある程度の空気の自然漏洩は避けられないと悟ったので、あまりにひどい漏れが無ければ、このままいっちゃおうと思っています。

odo 10,809kmから使用開始。

タイヤの感想は後ほど。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫