チューブレスをあきらめた瞬間

 2017-04-21
カンパニューロのホイール・ZONDA 2-way Fitを買ってから、頑なにチューブレスを貫いてきましたが、サイドカット&バーストをして「チューブレスパンクするんだなぁ」なんて当たり前なことに気づいた昨年の新潟のあの日

そして、今週水曜日。またしてもサイドカットを喰らいました。しかもまた後輪。そんな不幸にチューブレスはもう止めようと諦めたというお話。






「仕事は終わった、さぁ帰ろう」と自転車にまたがって少し走り出すと、妙にブワブワな乗り心地。何だと思ったら後輪がパンク。会社に引き返してよく見ると、タイヤサイドが少しぷっくりして破けています。

「またサイドカットかYO!」

直せるか・・・? パッチでも当ててみるか・・・とタイヤを外して裏側をチェックしますが、どう見ても破れていません。そうすると・・・・ビード部のインナーライナーとカーカスの隙間から、タイヤ層内部へ入り込む空気がサイドカットした部分へ向かって激しく移動、漏れているのだと思われます。

ましてや我がホイールは、シーラント腐食により、ビード下断面が完全に密閉されないというウィークポイントも抱えておりますので「さもありなん」。

もしかしたらシーラントを入れれば塞がるのでは?とは思いましたが、また”腐食進行”やら”タイヤが外れねぇ!”という事態になるのは勘弁なので、ぼちぼちチューブレスも潮時かな・・・と。



コンチネンタルウルトラスポーツ2
そんなわけで、後輪だけクリンチャーに復帰しました。Continental(コンチネンタル) ULTRA SPORTS 2ってやつ。とりあえず走れる状態にしたかったので、行った先のショップでそこそこ安かったのを適当にチョイス。
もう、高いタイヤをサイドカットで失って泣くのは嫌なんで(笑)

前輪はもったいないので、まだチューブレスのままで。


久々に乗るクリンチャー・・・・・・「うん、硬いっす」


タイヤのグレード的な部分もありますが、やっぱりチューブレスは乗り心地が良かったです。それでも手配しにくいチューブレスタイヤより、どこでも手に入り、パンク修理も容易なクリンチャーならではの気楽さがあります。乗り心地だって、3日もすれば、たぶん慣れてしまう程度の差。

20,840kmより使用開始。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

タイヤ交換…IRC ロードライト チューブレス 23c

 2015-09-12
RLT01.jpg
これは使用中のIRCのFormura Pro RBCC 700×25cです。後輪ですが、交換半年後に前後でローテーションしました。摩耗はローテーションのおかげか前後均等な減り具合で、写真のトレッド剥離は、前を走っていたバスが急停車したのでブレーキでタイヤをロックさせてしまった結果です。

使用1年、距離約5000kmを経過し、ひび割れも進行していたので交換することにしました。

IRC ロードライト チューブレス
今回はIRC/井上ゴム ロードライト チューブレス(ホワイト) 700×23cにしました。前回の25cは巷で言うほどの差異を感じなかったので、軽いほうの23cをチョイス。

これで連続3本目のIRCです。RBCC X-Guard→RBCC 25c→ロードライト・・・順当にグレードが落ちてってますねw

チューブレスといえばHUTCHINSONも有名で最初はそこのFusion3を使ってましたが、1年経たずにひび割れしまくりで、耐久性に疑問を持ちましたので、以来IRC一択です。幸い?IRCはきっちり1年でダメになります(;´Д`)

Odo 15,654kmから使用開始。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

IRC RBCC 25c チューブレス 簡単インプレ

 2014-07-29
IRCのチューブレス、RBCC 25cに交換してから200kmほど走りました。

以下、感想など

IRC RBCC 25c チューブレス 簡単インプレ の続きを読む

関連記事

その後のフュージョン3チューブレス

 2013-02-17
カンパニョーロ・ゾンダ 2-Way Fitにハッチソン・フュージョン3チューブレスを組みつけてから、おおよそ5ヶ月が経ちました。冬を迎えてから、すっかり自転車で遠乗りすることにご無沙汰になってしまって、ほとんど距離が伸びていません。

そんな環境でタイヤはこんな感じになっていました。

フュージョン3裂け
後輪です。
いま、一番気になるこの大きな「裂け」。タイヤ劣化ではないことは明白ですが、ほぼ通勤でしか使っていなくてこの状態。いつやらかしたのか・・・。幸いにも?このような傷があっても大きな空気圧低下は見受けられず、走行自体には支障が無さそうな。

フュージョン3ひび割れ後輪
後輪、別角度から。
フュージョン3でよく聞く劣化症状。タイヤの中心に全周に渡ってひび割れ。ロードタイヤではありがちな症状みたいですが、なにしろ接地面だけに精神衛生上は良くないですねぇ。これも空気漏れまでには至っていません。

フュージョン3ひび割れ前輪
前輪です。
後輪ほど負荷がかからないせいか、比較的まだましな方。でも劣化は進んでいます。問題はこのひび割れに極小の小石を挟んでいること。いずれ貫通パンクの原因となりそうです。

メーターの総走行距離を見ますと、7,132kmでした。前回交換したときは6,000km強でしたので、5ヶ月とおよそ1,000kmが経過しています。それでこの劣化具合。自転車の保管は半分外みたいな場所に置いていて、角度によって日光は当たるものの、風や雨には直接触れないのでそれほど劣悪ではないと思います。

このまま大幅にひび割れなどが進行してしまうと、ちょっと走るにはよろしく無さそうなので、交換も視野に入れなければならなそうです。やっぱりサンデーライダーの自転車タイヤ選びは対磨耗の耐久性より、時間的耐久性が重要なようで。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

クリリオンカーボン ローテ

 2012-05-10
タイヤをミシュラン・クリリオンカーボンにしてから、おおよそ2,000km走った。

後輪がやや台形に削れてきたので、少しでも長持ちさせる為に前後のタイヤ入れ替えを行った。

ミシュラン クリリオンカーボン ミシュラン クリリオンカーボン
入れ替えた前輪と・・・後輪

前輪の方が台形になってるのだけれど、写真だといまいち分からない。

来るチューブレス化に備えて、タイヤレバー無しでなんとか手でねじ込む・・・が、すっげぇ手が痛い。でも、リム中央の溝に片側のビードを落とし込んで、もう片方のビードと入れ替えるようにグリグリと押し込むようにしていくと、案外と素直に入るのだと知った。チューブレスタイヤを勝手も、意外と労せずハマったりして。

入れ替えた後の走りは、なんだか少し軽くなった気がした。何気にこういう地味なメンテは好きだったり。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫