つちのこサイクリング! Day2

 2017-09-16
tsutinokoday2_01.jpg
2日間かけて走ったのんびりツーリングの続きです。前回は輪行で上諏訪からスタートして、飯田まで天竜川沿いに走ってきました

今日はここ飯田から、目的地の東白川村を経由し、名古屋方面へ抜けるルートです。計画ルートのほぼ全域が山間部であるので、平坦な道が期待できないタフな道のりの予定です。さて、泊まった健康ランドを後にして出発しましょう!






tsutinokoday2_02.jpg
飯田市街地の台地から見える山々。今日はあの辺を突き抜けていくよーと後ろのU君に話かけます。「そうっすか・・・」とテンション低めの返事w

tsutinokoday2_03.jpg
県道8号に入り、いよいよ峠道の始まりです。道中、このように仏像が何体も設置してあってあらかた撮ってみたのですが、30か所以上あって、よくよく考えたら全部アップできるわけないですよね(笑)

tsutinokoday2_04.jpg
この県道8号、南木曽町のほうへ抜けるのですが、山をはさんで反対側に国道が走っているのでここを通る車は少なく、なかなか自転車には都合のいい道です。まだ残暑厳しい陽気のはずですが、日陰気味の道は適度に涼しく、沢筋を吹き降ろしてくる風は少し寒いくらいです。序盤の傾斜がややきつかったものの、中に入ればゆるゆると標高を上げていくポタリング的に走れる好ルートでした。

tsutinokoday2_05.jpg
この道は太平街道とも言って、途中に太平宿という集落があります。そこでは古民家を現存して里山の宿泊を楽しむ・・・みたいなコンセプトでしょうか?

tsutinokoday2_06.jpg
こんな感じの道のり。えっちらおっちらのんびりとサイクリングを楽しんで上っていきます。

tsutinokoday2_07.jpg
飯田峠、到着! 100㎞超の計画としては序盤から厳しく、お連れのU君のHP残り50%くらいでしょうか(;'∀')

tsutinokoday2_08.jpg
太平宿に入ってきました。休憩できそうなお茶屋さんがやっていたのですが、少しペースが遅めなので後ろ髪惹かれる感じでスルー。

tsutinokoday2_09.jpg
二つ目の峠に到着! ボクも今日のルートに関しては不勉強だったので、飯田峠が最高地点と思っておりましたが、太平宿からさらに上がって、ここ太平峠が本日の最高地点でした。距離はありますが、無理しなければ、楽しい峠道といって良いです。紅葉の時期にもう一度走ってみたい・・・と思いました。

tsutinokoday2_10.jpg
前写真の太平峠の看板からすぐ行った先にある土管のようなトンネル。標高的にはほぼ変わらず、トンネル上部に「木曽峠」ってあります。太平峠であり木曽峠である・・・みたいな感じですかね?

tsutinokoday2_11.jpg
太平峠/木曽峠から先はひたすらダウンヒル!ただブラインドコーナーが多いので、対向車に注意をしながら飛ばし過ぎないように下ります。途中、木曽見茶屋という茶屋があって、その付近から見える木曽の山々。こういうダイナミックな風景が見られるから、山のサイクリングはいいんですよね~。

tsutinokoday2_12.jpg
太平街道を下りきって国道256号に出ると、妻篭に向けて豪快な高速ダウンヒルになります。交通量少な目で非常に長い下り。そして整備されたアスファルト・・・ここまで長く爽快なダウンヒルルートは初めてでした! そして妻篭を抜けて中山道へ。木曽川をせき止めたダム湖を眺めながら走ります。

tsutinokoday2_13.jpg
木曽川を渡る橋上で、ようやく岐阜県に入りました!

tsutinokoday2_14.jpg
標高が下がってくると暑くなってきて、体力消費が激しく上がってきました。道の駅 賤母(しずも)で丸団子状の五平餅を食べて休憩。この甘みそ味が好きなんですよー(*^^*)

飛騨牛カレー
U君のHPが底を尽きかけてきているので休憩回数を増やしつつ、道の駅 付知(つけち)で昼食。思いのほかボリューミーな飛騨牛カレーをいただきました。お腹一杯すぎる・・・(*'ω'*)

tsutinokoday2_15.jpg
今回のサイクリングの目的地「つちのこ館」に到着!!このつちのこ館がある東白川村は「つちのこ」の目撃例が多く、つちのこの聖地的な位置づけみたいになってます。

tsutinokoday2_16.jpg
中は小さいですが濃密な資料館になっていて、ツチノコに対する情熱で満ち溢れていて息苦しいくらいw 凝った展示品もあるので、ぜひ自分の目で見てほしいので詳しい写真は無しで( ^ω^ )

tsutinokoday2_17.jpg
ハイ、発見っ!! アニメ「けものフレンズ」に登場する「つちのこちゃん」です。作中のキレキャラっぷりにすっかり魅了されてしまい、この吉崎観音氏の描きおろしイラストが見られるのは、寄贈されたつちのこ館だけ。これを見にはるばる来たといっても過言ではありませんw

tsutinokoday2_18.jpg
まんぞく・・・。 裏手の渓流が涼しげだったので、降りてみて足をつけてみました。冷たくて気持ちがいい・・・。

tsutinokoday2_19.jpg
道中、要所要所でTwitterでつぶやいてたら、白川茶屋さんからリプをいただき、立ち寄って無事捕獲!ツチノコ焼き、ゲットォ~。あんこの甘みと少し塩味が効いた皮が相まって、なかなか美味。白川茶も飲んで大変満足!

tsutinokoday2_20.jpg
東白川村を後にし、県道62号を下って国道41号へ。ここは下呂と美濃加茂をつなぐ唯一の主要道なので、車の通りがすごく多いです。自転車には不向きですが、ここしかないので仕方なく。 途中、天心白菊の塔を通り過ぎました。悲しく犠牲者の多かった事故ですが、心霊スポットとかいって茶化すのはどうなんでしょうね・・・。

この後は多治見まで行って輪行の予定でしたが、U君の足が限界ということと、時間的にややオーバーであることを考慮し、太田線・可児駅からの輪行に切り替えてサイクリング終了~。ちょうどやってきたディーゼル車に乗って、多治見乗り換えで名古屋まで行き、そこから新幹線で新横浜へ。21:00くらいに帰宅とあいなりまいた。


本日のルート。2日間の合計で走行距離220㎞でした。

いわゆる聖地巡礼のためのサイクリングでしたが、天竜川を眺めながらの長距離平坦路。飯田峠/太平峠を含む峠道の牧歌的良さ。木曽路の素晴らしい風景。豪快なダウンヒルなどなど、目的地以外にもみっちりと実に楽しいサイクリング体験ができた旅でした(*'ω'*)
関連記事

つちのこサイクリング! Day1

 2017-09-12
tsutinokoday1_01.jpg
2017年9月9-10日 諏訪湖にて―
今夏のサイクリングの締めくくり・・・という訳でもないですが、泊りがけで長野と岐阜をサイクリングしてきました。岐阜の山々はたいそうきつかった・・・というお話です。




tsutinokoday1_02.jpg
岐阜のとある施設にぜひとも見てみたいものがあり、どうせなら自転車も楽しもう・・・ってことで、同僚のU君と連れ立って行ってきました。当初は全面自走で行こうかなと思ってたのですが、R20はつらいだけであまり面白くないので、輪行して上諏訪から走ることにしました。
この時期、横浜ー松本間を直通でつなぐ臨時列車「はまかいじ」に乗って、いざ出発!

tsutinokoday1_03.jpg
昼頃に上諏訪につき、先に昼食を済ませてから本日のサイクリング開始。1日目の目的地は飯田市です。諏訪湖を眺めつつ、天竜川に沿ってひたすら下っていく平坦ルートです。天候に恵まれ、じつに幸先良いスタート(*'ω'*)

tsutinokoday1_04.jpg
基本的には川の堤防に沿って走る感じですが、時々道が切れるので、主要道と交互に行き来しながらのんびりと走ります。それにしても、道中の農作物は「稲」「そば」の2種しか見てない気が・・・さすが信州。

tsutinokoday1_05.jpg
だいたい20㎞ごとに休憩をはさみつつ、駒ケ根のかっぱ神社に到着。妙にきれいに整地された河川敷でひとまず休憩です。

tsutinokoday1_06.jpg
駒ケ根はかっぱで有名なのか、きれいに整備されたかっぱ神社です。正直、参道も何もなく、車では非常に入り込みずらい場所に建っている割に、不思議になるくらいくらいきれいですが・・。すこしニポポっぽいかっぱの像が2体。

tsutinokoday1_07.jpg
かわいい石造も設置。丁寧な説明書きが・・・。

tsutinokoday1_08.jpg
かっぱ神社から少し走ると、「おもしろかっぱ館」が見えてきます。うん、これぞかっぱの家(笑) 黄桜酒造のかっぱ絵で有名な小島功氏の展示があるそうですが、今日は時間がないのでスルーで。

tsutinokoday1_09.jpg
見どころとか特になくw ひたすら川沿いを攻めるルートなので、撮った写真は似たようなのばっかりに。ダラダラと走っているうちに、すこしづつ日が傾き夕方の気配になってきました。

最後の最後に飯田市街地の台地へ駆けあがる坂にやられつつも、なんとか宿泊地へ到着!

tsutinokoday1_10.jpg
風呂!飯!飲み!寝る! ・・・ということで、1日目のサイクリングは終了~。


本日のルート。たんたんと平坦路を走るルートでしたが、景色が良くてなかなか楽しかったです。

2日目のレポートはまた後日に(*^^*)
関連記事

行き先、思うがまま(笑) DBKサイクリング

 2017-05-21
玉川兄弟
2017年5月20日―
DBKのオフで鴻巣奥多摩釜飯蕎麦屋に行ってきました。5月なのに夏を感じさせる暑さでしたが、風はまだ冷涼さを少し残していて、快適なサイクリングでした・・・というお話。




林檎さんからお誘いを受けたとき行き先の相談をされたので、簡単に調べて「鴻巣のポピーが見頃らしいですが」と言ったので鴻巣になったのですが、よくよく調べたら結構距離があるし、なにしろ狛江の集合地点から鴻巣まで道が複雑! やばいなコレは・・・と思ってたら、やっぱり変更になりました(^^) 奥多摩の釜飯屋に行こう!ということになったので、まずは国立に8時集合です。

是政橋
国立までは約40km。横浜環4から柿生へ向かい、黒川を経て是政橋へ。多摩川の橋はどれも立派ですねぇ。

国立折り返し
早く着きすぎそうだったので、コンビニで時間調整しつつ国立折り返しの集合場所へ。本日は林檎さん、GURIさん、マトケンさん、ぴかぬうさん、ボクの5名によるオフです。

多摩サイ
国立から奥多摩に向かうには、とりあえず多摩川を遡っていけばいいわけなんで、ひたすら多摩サイを行きます。マトケンさん先導の下、のんびりペースで走ります。

玉川兄弟前にて
玉川兄弟の像まで到着。以前にひとりで来たときは上の道路から休憩所を見ただけだったので、兄弟像がどこにあるのか分からなかったんですよね。多摩川では有名な場所に来れてちょっと感動(^▽^) 冒頭の集合写真を撮り、さらに川上めざします。

阿蘇神社
阿蘇神社。お参りと自転車お守りを買いました。ここに来るのは2回目。なんだか林檎さんの座る回数が増えて怪しい雰囲気ですが!?

暑いねー
元気そうに見えますが、日影はきっちりキープです(笑) どこからそう決まったか定かでないのですが、釜飯屋は少し遠いから蕎麦屋にしようということに。9km弱縮んだだけなんですが(=∀=)

そば梅の内
蕎麦屋 梅の内に到着!開店前なので談笑しながらのんびり待ちます。日向にいるとなかなか暑いっすねぇ。

いろり
一番乗り(当然)で店内に入り、囲炉裏をGet!全員が天盛りです。

天盛
ずいぶん多く見えますが、ざるが逆さなので量は普通です。天ぷらがおいしかったです、玉ねぎ、にんじん、鮎、諸々・・・。囲炉裏端の居心地がよく、食べ終わってもついつい長居してしまいました。

御岳山駅
明日も御岳山オフがあり、マトケンさんが駅まで行っておきたいと言うので青梅線・御嶽駅まで少し足を延ばします。

御岳渓谷
御岳渓谷・・・良い眺めです。こういう場所みると、旅行とかも行きたいな・・・と思います。自転車持ってねw

キウイアイス
軍畑(いくさばた)の交差点でGURIさんとお別れ。残りのメンバーは来た道を戻る形でまた多摩川沿いを走ります。海に向かって下り基調なので少し楽です。途中、あまりの暑さに今年初のアイス休憩。ボトルの水がお湯になってて超マズいです・・・。

解散
四谷のY'sロードに行くというお話でしたが、ボクはここ多摩大橋で離脱。みなさんお疲れ様でした!またいずれご一緒に。

北八王子を抜ければ拝島からよりは楽かなぁ?なんて考えてのに、案外細かいアップダウンの連続で地味にきついです。しかもよく見れば前に走ったことある道だし。ツマンネー、シッパイシタ。

境川
八王子と橋本の間に一山あって、たいていは八王子バイパスの歩道か国道を行くのですが、第3ルートを開拓!とばかりに野猿街道に入り込みます。これがまたしても大失敗。無意味に遠回りでしかも国道の御殿峠を変わらない傾斜。意味なく体力だけ失ってよろよろと戦車道へ合流。そのまま町田を目指して境川へ。あとは勝手知ったる帰路です。


本日の記録。集合が多摩川沿いだと、どうしても多摩丘陵のどっかを抜けなきゃいけないので毎回ルート検索するのですが、どうにも良い道が無いですねぇ(笑) 奥多摩は清川・宮ヶ瀬に雰囲気が似てて好きです・・・の144.8km(メーター)

次は6月3日でしょうか? ホームでお待ちしています!


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

久々のロードで山燃え

 2017-02-19
omuroyama16.jpg
2017年2月19日―
冬は日が短くて楽しく走れる時間が少ないのと、寒いので身支度が面倒・・・という理由で自転車で走る人が少なくなる季節です。ボクもそんな一人ですが、2月は以前から見に行きたいイベントがあり、今度こそ見に行ってやろう!と重い腰を上げてなんとか走り出しました・・・という話です。






omuroyama01.jpg
今日の目的地は伊豆は伊東市。イベント開始は正午からなので、それに間に合うように早朝スタート。見慣れた海沿いの134号を走れば、朝焼けに染まる富士山発見! 今日は少し風がありますが、かなりいい天気です。風向きは程よく追い風。イイ感じ!

omuroyama02.jpg
小田原を過ぎて伊豆方面へ。今日は根府川の旧道を通らずに、海沿いの新道を走ります。車は多いですが、旧道よりさらに海に近くて眺めは最高です。

omuroyama03.jpg
熱海到着。微妙に上ったり下りたりを繰り返しますが、一つ一つはさほどでもないので、まずまず走りやすいかと。最後までこんな調子ならいいんですけど。熱海といえば金色夜叉ですね!朝っぱらからBGMなのか演歌が流れていて微妙(;´д`)

熱海を過ぎると、網代(あじろ)や宇佐美のあたりまで長めのトンネルが散発して出てきます。自転車にトンネルは天敵なので、避けられるものは避けたい。中でも長さが700m超の新宇佐美トンネルは強敵。

omuroyama04.jpg
・・・という訳で、新宇佐美トンネルは迂回してみました。・・・廃道であります( ´△`;) 手前の御石ケ沢トンネルは迂回路が廃道化工事されていて完全に封鎖状態でしたが、こちらはなんとか走れます。

omuroyama05.jpg
絶景すぎる・・・。 廃道なので誰も来ず、この景色独り占め!

omuroyama06.jpg
かつてはたくさんの車を通したであろう宇佐美隧道です。通り過ぎてから振り返って撮影。逆の下田側からだとバリケードがあるんですね。

omuroyama07.jpg
ようやく来ました!今回の目的地の「大室山」です。
伊東までは余裕がありましたが、正直この山一帯の伊豆高原へ上がってくるの、超しんどかったです! 1時間くらい早く着くかな?なんて思ってたのが、上り続ける坂に全てのマージンを吐き出した感じ。国道からシャボテン公園に上がる道が、また輪をかけてキツイ

本日はここ大室山で「山焼き」が行われます。山に火をつけて野焼き状態にする催し物です。山火事が近くで見られるなんて、なかなかないですからねぇ(人゚∀゚*)

omuroyama08.jpg
待機の消防車のウー!とサイレンと共にファイヤー! 祭囃子の太鼓も鳴り響きます。

omuroyama09.jpg
横から下から順次点火!乾燥してるのでどんどん燃え広がります。

omuroyama10.jpg
下側から点けている人と火勢はこんな感じ。これは巻かれたら死にますわ。

omuroyama11.jpg
ゴウゥゴウゥ、バチバチ!と音を立てながら火勢が増していき、火柱も上がります。かなり速いスピードで燃え広がり、あっという間に焼野原。辺りには燃え飛んだ黒い塵が舞い飛んでまさに大火事の様相。

omuroyama12.jpg
煙で太陽が・・・。火事の煙で暗くなるって本当なんだなぁって。

omuroyama13.jpg
気が付くと黒焦げだけが残っておりました。

この辺りは道がないので、帰りは大・大渋滞。でも自転車なら関係ないですね!スッと抜けてズバッと下りおります。ダイナミックな山焼きが見れたのと日暮れが早いのですぐに帰宅準備。最寄りの伊豆高原駅から輪行です。


今回のルート。
15:30ころには家について、今回の大室山サイクリングは終了!家から山まで110km。藤沢からの自走帰宅区間を加えて計120kmの旅でした。いや~、超久々に100km超えたのと、伊豆高原の坂が思いのほかきつかったせいで右膝はバッキバキです。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

紅葉を求めて・・・日光サイクリング!

 2016-10-17
2016nikko 09
2016年10月16日 湯の湖にて―
秋晴れのなか、紅葉狩りと洒落こもうぜ・・・ってことで、自転車担いで日光まで行ってきました。





2016nikko 01
神奈川から輪行日光へ行くには2ルート考えられます。JRを使い宇都宮経由で日光線を使うルート。そして、浅草から東武特急を使うルートです。本日は後者。なぜかというと「安いから」。JRで行くルートより1,000円以上安くなり非常にお得であります(人゚∀゚*)

さて、シニアハイカーにもまれつつ、年季の入った東武6050系の鋼鉄車に乗って日光へGO! あ、6両編成だけど、前4両は今市で切り離して別のころへ行くので要注意ですぞ。

2016nikko 02

東武日光駅で自転車を組み立て、一路いろは坂を目指します。馬返しまで来たら、そこはもうタノシィタノシィ坂の始まり。上り専用の一方通行「第2いろは坂」を登坂開始。ちなみにー、本日は4名でサイクリング。かずピ上司、Yさん、Mくんとワタクシであります。でもかずピ上司は宇都宮からスタートというマゾ発想で、我々を後ろから追いかけるカタチ。

2016nikko 03
調子よくいろは坂を上り、黒髪平まで到着!今日は・・・本当にいい天気。行楽日和だけど、想像以上に車が少なく走りやすかったですね。以前来たときはこんなだったのに。
前にいろは坂を上ったときはクロスバイクで、かつ道路は大渋滞。そのせいか速度も超遅く、チョロい坂ってイメージがあったんですが、あたりまえだけど普通に走るとそれなりに厳ぃッスねw

2016nikko 04
時間が余ったので華厳の滝を少し見学した後、中禅寺湖でかずピ上司と合流。超有名な「とんかつ浅井」でお昼ご飯・・・と思ったら、超大混雑! これは無理だ・・・との判断ですぐ近くのそば・うどんの店へ。

2016nikko 05
日光舞茸うどん(湯葉入り)を食べました。代替で適当に店を選んだ割に、なかなか美味でした。特に湯葉がGood。うーん、またうどんかぁ!

2016nikko 06
中禅寺湖の湖畔にて。陽光がキラキラ反射して超キレイでした・・・。

2016nikko 07
本日は金精峠を越えて沼田まで行く予定なので、中禅寺湖を後にしてさらに上へ。少し上って戦場ヶ原。風も穏やかで平らな戦場ヶ原はのんびり走ってイイ気分。これぞ高原サイクリングヽ(o゚∀゚o)ノ

2016nikko 08
湯滝を見学。日光は滝がいっぱいあるので、全部見て回ろうとすると、結構時間かかると思いますが、最奥にある湯滝は水量も多く、観瀑台が滝に近くて迫力があるのでお勧めです。・・・と、ここで集合写真。

2016nikko 10
湯滝と湯の湖まで来て・・・さらに上を目指しまぁす。紅葉はまだ少し早いようで、思ってたより残念な感じ。ウォーカープラスの情報だと「見頃」になってたけど、本当にそうかぁ?

2016nikko 11
湯滝まで来たら金精峠までは消化試合だろ・・・とか思ってたら、思いのほかきつかった∑(´゚д゚`;) 峠まで残り1kmで、Mくんのライフはほぼゼロよw

2016nikko 12
足が生まれたての小鹿のようになっているMくんをかずピ上司が叱咤激励しつつ、さらに金精峠まで頑張ります。振り返れば・・・いやー、これを上ってきたんだねぇ。右奥の建物があるあたりが湯の湖周辺。戦場ヶ原は見えないけど、そのさらに奥の下の方。中禅寺湖は・・・もっともーっと下の方。
道路の名前は「日本ロマンチック街道」というのだけれど、自転車で上るには全然ロマンチックじゃないw

2016nikko 13
雄大な岩肌を見せる「温泉ヶ岳

2016nikko 14
金精峠・・・到着!本当の峠はトンネルの上だけど、自転車じゃ入れないので本日のルートの最高地点はココ。ルートラボのデータによると、獲得標高1581mだそうな。
ここから先は下りとなるので、防寒装備をして一気にいくぜぇ!

2016nikko 15
日没前までには駅に着きたいねぇ・・・ってことで、飛ばしまくりんぐ。漕げるところは漕いで最高時速62km/hでした。アウターリングを46tに下げてるから、それ以上はケイデンス上がりすぎてボクのスキルじゃギアが足らないのよねー。丸沼高原でいったん休憩をとって、あとは適当に沼田を目指せ!って感じ。

2016nikko 16
くぅ~!ギリギリセーフで17時ジャストに沼田駅到着。途中の車の渋滞に巻き込まれなければ、もっと早く着けてたかな・・・?
17:02の電車が目の前で行ってしまったので、次は56分後w のんびりと輪行支度して、あとはひたすら電車待ち。

2016nikko 17
高崎駅で湘南新宿ラインに乗り換えて横浜まで一本。距離があるのでグリーン車を使って夕飯代わりの駅弁ですっかり旅気分。いやー、久々に高崎名物・鶏めし弁当を食べました。子供のころ、新潟へ電車帰省するときはよく食べたなぁ。だいたいコレかだるま弁当でした。


本日のルート。自転車のメーターでもギリギリ100kmとどかずの99.5km!(自宅~駅間含め)

紅葉狩りがメインのはずが、がっつりと坂を堪能してしまった今回のサイクリング。逆ルートだと沼田からの上りがなかなかの距離があって、ちょっと遠慮したいかなw 日光の紅葉は観光地メインならこれからが最盛のようでした。

あ、そういえば1月に書いた記事で「2016年 走りたいところ」の3つ目をようやくクリアっす。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫