R250 防水大型サドルバッグ

 2017-09-17
この前の年一イベント「直江津集合!」で珍しくバックパックを背負って走ったところ、肩ズレがひどく、基本的に長距離は何も背負いたくないという認識を改めました。

結果、自分が背負わない荷物は自転車に背負ってもらうことになるので、それなりの容積の荷物入れが必要です。

定番はORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ サイズL。ボクも持っていて、中距離の日帰りサイクリングでは重宝しています。

でも宿泊を含む距離や計画となると、輪行袋、多少の着替え、携帯充電器など小物諸々を持っていくことになるので、オルトリーブだと容量的に不足ぎみになりそうです。特に直江津は雨率100%なので、雨具必須で余計にかさばりますw

そんなわけで、より大型のサドルバッグを購入し、つちのこサイクリングで使ってみることにしました。

R250大型サドルバッグ
R250 防水大型サドルバッグ ラージ グレーです。

R250というのはワールドサイクルのオリジナルブランドみたいですね。サイクルベースあさひのポチットみたいな物でしょうか。防水であり、容量が大きく、そして値段が手頃。この条件で探してコレだ!と決めました。

R250saddlebag02.jpg
試しに2リットルのペットボトルを2つ入れてみました。まったくもって余裕(*^^*) ペダリングで太ももが当たらないように、先端が細くなっているので奥に隙間があり、手前にもまだ余裕があります。正確な容量は記載されていないのですが、6~10リットルくらいかなぁ?と思います。 

実際に使ってみると、かなり重宝します。輪行袋、着替え、小物を詰め込んでも開口部のロールアップは最低容量まで戻りました。帰りにツチノコ館でお土産などを少し買い込んだり、中身が余ったペットボトルなどを入れて少し嵩張ってきたな・・・という感じ。中身が増えて重くなると、上りのダンシングでは車体が遅れてやってくる感覚が強くなり、さらにサドルバッグの固定ベルトにも優しくないのでおとなしく走る方が良いかと。

全体としてかなり評価高いです。背中に何も背負わず走れるというのは非常によろしい!

唯一のデメリットは輪行時は外さないといけないので、持ち歩くときにどう持つか悩むくらいです。どっかにショルダーベルトを付けるDカンがあれば最高かなと思います。
関連記事

つちのこサイクリング! Day2

 2017-09-16
tsutinokoday2_01.jpg
2日間かけて走ったのんびりツーリングの続きです。前回は輪行で上諏訪からスタートして、飯田まで天竜川沿いに走ってきました

今日はここ飯田から、目的地の東白川村を経由し、名古屋方面へ抜けるルートです。計画ルートのほぼ全域が山間部であるので、平坦な道が期待できないタフな道のりの予定です。さて、泊まった健康ランドを後にして出発しましょう!






tsutinokoday2_02.jpg
飯田市街地の台地から見える山々。今日はあの辺を突き抜けていくよーと後ろのU君に話かけます。「そうっすか・・・」とテンション低めの返事w

tsutinokoday2_03.jpg
県道8号に入り、いよいよ峠道の始まりです。道中、このように仏像が何体も設置してあってあらかた撮ってみたのですが、30か所以上あって、よくよく考えたら全部アップできるわけないですよね(笑)

tsutinokoday2_04.jpg
この県道8号、南木曽町のほうへ抜けるのですが、山をはさんで反対側に国道が走っているのでここを通る車は少なく、なかなか自転車には都合のいい道です。まだ残暑厳しい陽気のはずですが、日陰気味の道は適度に涼しく、沢筋を吹き降ろしてくる風は少し寒いくらいです。序盤の傾斜がややきつかったものの、中に入ればゆるゆると標高を上げていくポタリング的に走れる好ルートでした。

tsutinokoday2_05.jpg
この道は太平街道とも言って、途中に太平宿という集落があります。そこでは古民家を現存して里山の宿泊を楽しむ・・・みたいなコンセプトでしょうか?

tsutinokoday2_06.jpg
こんな感じの道のり。えっちらおっちらのんびりとサイクリングを楽しんで上っていきます。

tsutinokoday2_07.jpg
飯田峠、到着! 100㎞超の計画としては序盤から厳しく、お連れのU君のHP残り50%くらいでしょうか(;'∀')

tsutinokoday2_08.jpg
太平宿に入ってきました。休憩できそうなお茶屋さんがやっていたのですが、少しペースが遅めなので後ろ髪惹かれる感じでスルー。

tsutinokoday2_09.jpg
二つ目の峠に到着! ボクも今日のルートに関しては不勉強だったので、飯田峠が最高地点と思っておりましたが、太平宿からさらに上がって、ここ太平峠が本日の最高地点でした。距離はありますが、無理しなければ、楽しい峠道といって良いです。紅葉の時期にもう一度走ってみたい・・・と思いました。

tsutinokoday2_10.jpg
前写真の太平峠の看板からすぐ行った先にある土管のようなトンネル。標高的にはほぼ変わらず、トンネル上部に「木曽峠」ってあります。太平峠であり木曽峠である・・・みたいな感じですかね?

tsutinokoday2_11.jpg
太平峠/木曽峠から先はひたすらダウンヒル!ただブラインドコーナーが多いので、対向車に注意をしながら飛ばし過ぎないように下ります。途中、木曽見茶屋という茶屋があって、その付近から見える木曽の山々。こういうダイナミックな風景が見られるから、山のサイクリングはいいんですよね~。

tsutinokoday2_12.jpg
太平街道を下りきって国道256号に出ると、妻篭に向けて豪快な高速ダウンヒルになります。交通量少な目で非常に長い下り。そして整備されたアスファルト・・・ここまで長く爽快なダウンヒルルートは初めてでした! そして妻篭を抜けて中山道へ。木曽川をせき止めたダム湖を眺めながら走ります。

tsutinokoday2_13.jpg
木曽川を渡る橋上で、ようやく岐阜県に入りました!

tsutinokoday2_14.jpg
標高が下がってくると暑くなってきて、体力消費が激しく上がってきました。道の駅 賤母(しずも)で丸団子状の五平餅を食べて休憩。この甘みそ味が好きなんですよー(*^^*)

飛騨牛カレー
U君のHPが底を尽きかけてきているので休憩回数を増やしつつ、道の駅 付知(つけち)で昼食。思いのほかボリューミーな飛騨牛カレーをいただきました。お腹一杯すぎる・・・(*'ω'*)

tsutinokoday2_15.jpg
今回のサイクリングの目的地「つちのこ館」に到着!!このつちのこ館がある東白川村は「つちのこ」の目撃例が多く、つちのこの聖地的な位置づけみたいになってます。

tsutinokoday2_16.jpg
中は小さいですが濃密な資料館になっていて、ツチノコに対する情熱で満ち溢れていて息苦しいくらいw 凝った展示品もあるので、ぜひ自分の目で見てほしいので詳しい写真は無しで( ^ω^ )

tsutinokoday2_17.jpg
ハイ、発見っ!! アニメ「けものフレンズ」に登場する「つちのこちゃん」です。作中のキレキャラっぷりにすっかり魅了されてしまい、この吉崎観音氏の描きおろしイラストが見られるのは、寄贈されたつちのこ館だけ。これを見にはるばる来たといっても過言ではありませんw

tsutinokoday2_18.jpg
まんぞく・・・。 裏手の渓流が涼しげだったので、降りてみて足をつけてみました。冷たくて気持ちがいい・・・。

tsutinokoday2_19.jpg
道中、要所要所でTwitterでつぶやいてたら、白川茶屋さんからリプをいただき、立ち寄って無事捕獲!ツチノコ焼き、ゲットォ~。あんこの甘みと少し塩味が効いた皮が相まって、なかなか美味。白川茶も飲んで大変満足!

tsutinokoday2_20.jpg
東白川村を後にし、県道62号を下って国道41号へ。ここは下呂と美濃加茂をつなぐ唯一の主要道なので、車の通りがすごく多いです。自転車には不向きですが、ここしかないので仕方なく。 途中、天心白菊の塔を通り過ぎました。悲しく犠牲者の多かった事故ですが、心霊スポットとかいって茶化すのはどうなんでしょうね・・・。

この後は多治見まで行って輪行の予定でしたが、U君の足が限界ということと、時間的にややオーバーであることを考慮し、太田線・可児駅からの輪行に切り替えてサイクリング終了~。ちょうどやってきたディーゼル車に乗って、多治見乗り換えで名古屋まで行き、そこから新幹線で新横浜へ。21:00くらいに帰宅とあいなりまいた。


本日のルート。2日間の合計で走行距離220㎞でした。

いわゆる聖地巡礼のためのサイクリングでしたが、天竜川を眺めながらの長距離平坦路。飯田峠/太平峠を含む峠道の牧歌的良さ。木曽路の素晴らしい風景。豪快なダウンヒルなどなど、目的地以外にもみっちりと実に楽しいサイクリング体験ができた旅でした(*'ω'*)
関連記事

つちのこサイクリング! Day1

 2017-09-12
tsutinokoday1_01.jpg
2017年9月9-10日 諏訪湖にて―
今夏のサイクリングの締めくくり・・・という訳でもないですが、泊りがけで長野と岐阜をサイクリングしてきました。岐阜の山々はたいそうきつかった・・・というお話です。




tsutinokoday1_02.jpg
岐阜のとある施設にぜひとも見てみたいものがあり、どうせなら自転車も楽しもう・・・ってことで、同僚のU君と連れ立って行ってきました。当初は全面自走で行こうかなと思ってたのですが、R20はつらいだけであまり面白くないので、輪行して上諏訪から走ることにしました。
この時期、横浜ー松本間を直通でつなぐ臨時列車「はまかいじ」に乗って、いざ出発!

tsutinokoday1_03.jpg
昼頃に上諏訪につき、先に昼食を済ませてから本日のサイクリング開始。1日目の目的地は飯田市です。諏訪湖を眺めつつ、天竜川に沿ってひたすら下っていく平坦ルートです。天候に恵まれ、じつに幸先良いスタート(*'ω'*)

tsutinokoday1_04.jpg
基本的には川の堤防に沿って走る感じですが、時々道が切れるので、主要道と交互に行き来しながらのんびりと走ります。それにしても、道中の農作物は「稲」「そば」の2種しか見てない気が・・・さすが信州。

tsutinokoday1_05.jpg
だいたい20㎞ごとに休憩をはさみつつ、駒ケ根のかっぱ神社に到着。妙にきれいに整地された河川敷でひとまず休憩です。

tsutinokoday1_06.jpg
駒ケ根はかっぱで有名なのか、きれいに整備されたかっぱ神社です。正直、参道も何もなく、車では非常に入り込みずらい場所に建っている割に、不思議になるくらいくらいきれいですが・・。すこしニポポっぽいかっぱの像が2体。

tsutinokoday1_07.jpg
かわいい石造も設置。丁寧な説明書きが・・・。

tsutinokoday1_08.jpg
かっぱ神社から少し走ると、「おもしろかっぱ館」が見えてきます。うん、これぞかっぱの家(笑) 黄桜酒造のかっぱ絵で有名な小島功氏の展示があるそうですが、今日は時間がないのでスルーで。

tsutinokoday1_09.jpg
見どころとか特になくw ひたすら川沿いを攻めるルートなので、撮った写真は似たようなのばっかりに。ダラダラと走っているうちに、すこしづつ日が傾き夕方の気配になってきました。

最後の最後に飯田市街地の台地へ駆けあがる坂にやられつつも、なんとか宿泊地へ到着!

tsutinokoday1_10.jpg
風呂!飯!飲み!寝る! ・・・ということで、1日目のサイクリングは終了~。


本日のルート。たんたんと平坦路を走るルートでしたが、景色が良くてなかなか楽しかったです。

2日目のレポートはまた後日に(*^^*)
関連記事

境川でグルメライド in DBK

 2017-09-03
2017年9月3日―
直江津が終わってちょうど1週間。いいタイミングで自転車オフが立ち上げられたので参加してきました。目的地は境川CR・・・超近くてイイ!(^○^)

海軍道路
ただ境川で待ってるだけだと、「本日の走行5㎞」って感じになっちゃうので、とりあえず東京組の集合場所である狛江まで行って距離を稼ぎましょう。早朝の海軍道路は趣きがあってなかなか爽快。

gr02.jpg
いつもの多摩水道橋に集合して、マトケンさんの引きで一路境川を目指します。久々の集団走行はワクワクしますねぇ(#^^#)
ルートは若干違うものの、どんどん家に戻る感じが気楽すぎ。

境川
途中、二度ほど休憩をはさんでいよいよ境川。完全に見慣れた風景・・・(笑)

今田休憩所
今田休憩所に到着!本日の参加人数はそろって・・・予定よりすごく多くない!? ドタ参、お見送り諸々含めて16名が集合という、突発オフにしてはけっこうな集まりになりました。・・・っていうか、KOSEさんがいる!(*'ω'*)

今田休憩所
集合写真! 今日は真ん中に写っているカナさんという、今年7月にロードデビューしたフレッシュガールの初ビンディングということで集まってみました。・・・ちょっと手違いでビンディングはまた今度になったのですが、急がなくても大丈夫、大丈夫╭( ・ㅂ・)و̑

gr06.jpg
KOSEさんとかずピ上司は休憩所でお別れ、残りの14名で昼食のための民族大移動。

gr07.jpg
今田休憩所からちょっとだけ移動して、横浜市営地下鉄・下飯田駅前の「ファールニエンテ」というレストランです。大所帯なので席が空くまでしばしの待ち。ハーブ入りのセルフサービスのお水が旨かったです。真夏日なら自転車乗りに飲み尽くされること間違いなしw

ピッツァ
7名づつテーブルに分かれて、各々が注文。ボクはお勧めのきまぐれピッツァを注文。野菜がゴロゴロのってる贅沢ピッツァです。直径30㎝くらいかなぁ・・・大きめです。切り込みサイズがマチマチなのはご愛敬ですね。

飯田牧場
昼食を終えて飯田牧場へ。境川と言ったらイイボク・・・鉄板コースですね。須黒さんにサイズが大きくて来ていなかったジャージを差し上げるために一時家に戻ったので、アイスは食べませんでした。お腹も壊しちゃうのでw

フルーツスタンド
飯田牧場のあとは、さらにちょっとだけ移動してフルーツスタンド大下園で冷え。アイスよりこっちの方がさっぱりして好きかなー。一個100円で貸してくれるナイフで自分で剥いて食べます。

それにしても昼からの怒涛の食べもの攻め! たった3㎞圏内でイタリアン、アイス、フルーツと立て続けに食べてカロリーオーバーですよw

今日は久々に緩いグルメポタですごく楽しかったです。走行は89㎞でした。直江津で痛めた膝も問題無さそうなので、次の遠出もいけるでしょう!
関連記事
タグ : DBK 境川

自転車アイウェア修理

 2017-09-02
アイウェア
ロードバイクは長時間乗ることが多いので、埃や風、太陽光による眼へのダメージ軽減、反射光による視界不良を回避という様々な要素によりアイウェアがあった方がいいです。

ボクも今は廃版ととなっていますが、パリミキのSP FIT 601という当時、パリミキがサイスポとコラボで作ったモデルを愛用しています。買ったのが2011年なので、かれこれ6年は使い続けていることになります。

長年使い続けているとさすがにガタがくるもので、ヒンジの部分に遊びができて、ツルがぐらつくようになりました。ねじを締めれば落ち着くだろうと思い、マイナスの精密ドライバーでヒンジ部のカバーをはがしねじを露出させ・・・・・ナット小せぇ!!

ねじ側はマイナスねじなので、精密ドライバーで十分回せますが、こんな小さいナットを保持するボックスなんて持ってません。そもそも市販品にあるのだろうか?

仕方ないので力技・・・!

ナットをプラスドライバーのへこみ部分で抑えて回り止めし、マイナスでねじを締めこんでみました。

・・・結果、良し!╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

がたつきがほぼ無くなり、ヒンジの回転もまずまずスムーズ。これでさらに3年はもってほしい・・・が、ぼちぼち偏光レンズの寿命かな?
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫