フロントディレーラー交換

 2017-06-17
FD6700
長らく使用してきたフロントディレーラーのFD‐5600が、バネの破損で故障してしまったので、中古のFD-6700を買ってきて交換修理を行いました。うーん、アウターリングを46tに下げていることもあって、FDの羽がチェーンステーギリギリです。

これでリアディレーラーとアルテグラでお揃いとなり、少し統一感が出たかなw いちおーSTIが5700でFD、RDが6700になったことで、互換性は保証の範囲内に入り、気分的にちょっぴり落ち着きました。


試走してみると、心なしか前の5600より少し軽く変速する印象。これでアウターリングがシマノ純正だったら、もっとヌルっとスムーズに上がるのかも?

このまま少しずつマイバイクの延命措置を施して、フレームが破損するまで走ってもらいましょう! 次はブレーキ・・・と行きたいtころだけど、いつになるか分からんです(^ー^;)


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

ベルトドライブ自転車のベルト交換

 2017-06-13
ベルト交換
購入からぼちぼち8年目を迎える我が家のママチャリ、ブリヂストン マリポーサ・カルバ・・・通称マリポ号。

マリポ号は”ほぼ”メンテナンスフリーをうたうベルトドライブ自転車ですが、最近駆動部分からギチギチと異音を出すようになりました。ベルトの山にシリコンスプレーを吹くと一時的に治まるものの、少し経てばすぐに音を出します。ベルトを張っても緩めてもあまり変わらないので、ベルトが伸びて噛み合いが合わなくなってきているだろうと判断し、ベルトの交換をすることにしました。

ブリヂストンをよく扱うお店に出向き、ベルトの発注と交換をお願いして1週間。作業が完了しました。


ベルト3,000円+工賃2,000円+消費税という内訳。 つーかベルト代、高ぇ!


作業風景は見てないのでなんともいえないのですが、店の人いわく、確かに少し伸びていた模様。
これから走りこんでみてどうかなー?って感じですね。特に雨の日。

ぶっちゃけ備忘録の記事。

よろしければポチっとお願いします(^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

2度目!奥武蔵グリーンラインで秩父まで

 2017-06-11
GL20170619.jpg

2017年6月10日―
会社の自転車仲間と一緒に奥武蔵グリーンラインを走ってきました。ボクにとっては2度目となるグリーンライン。初夏を感じさせる陽気でしたが、山上は涼しく坂が辛い以外は快適なサイクリングでした・・・というお話。






多摩サイ
集合場所は八高線・高麗川駅ですが、あえてそこは自宅から自走でってことで。町田~多摩サイ~入間と走って高麗川駅へ。集合場所までが遠いってのに少し慣れてしまった感がありますが・・・(笑)

高麗川駅
約70㎞走って高麗川駅に着くと、すでにエイジさんとYさんが支度していました。間もなくしてKさんがやってきて、最後にU君も電車で到着。本日は5人でのサイクリングです。

グリーンライン
コンビニで準備を整え、いざスタート! 数㎞走れば高麗川カントリー付近から少しづつ標高を上げていきます。序盤は余裕、みな会話をしながらのんびりペダルを回します。BGMは「ジャパリパークへようこそ」(笑)

GL20170604.jpg
本格的に林道へ入るとそこは奥武蔵グリーンライン。バイクは来ますが、車は少ない快適なルートです。ルート上にある「天文岩」。江戸時代の天文学者が籠って勉強してたとかうんぬんかんぬん。

GL20170605.jpg
天文岩を過ぎると上ったり下ったりを繰り返しながら、ちょっとずつ標高を稼いでいく感じになります。標高が上がるってことは上りの方が多いわけで、せっかく稼いだ標高をちょっとした下りで吐き出してしまうので地味に足にきます。そして集団は無言にw

秩父サイダー
揚げ餅
顔振峠(こうぶりとうげ)が最初のチェックポイント。ここまで上がれば第1関門クリアーでしょう! 茶屋の秩父サイダーと揚げ餅で大休憩。微妙に芯が残ってますが・・・(^-^;

GL20170609.jpg
顔振峠から苅場坂峠までさらに上がるのですが、左クランクに強トルクをかけると「カッチン、カッチン」と音が出るように。大勢に影響はなさそうなものの、少し響く音なので静かな山道ではけっこう耳障り。ひとつ峠に着くたびに調整をしてみましたが、解消できずに結局放置。帰ったら整備だなー・・・(-"-)

GL20170620.jpg
刈場坂峠が標高880mでまずまずの高さですが、のんびり走れば割ときつくない・・・と思うんですが。そうでもないかな?

GL20170608.jpg
下りは快調なエイジさん! 今回、結構撮ったのですが、設定を間違ってたのかピンボケが多くて、帰ってから等倍で見てがっくりですよ。顔振峠から先は例によって峠ラッシュです。傘杉峠、飯盛峠、儀(ぶな)峠、苅場坂(かばさか)峠、大野峠、白石峠とつないでグリーンライン制覇!

GL20170611.jpg
白石峠から少し下って定峰(さだみね)峠でちょい遅の昼食。峠の茶屋で肉うどんでした・・・が肉がねーw。みな体力を使い果たしたのか割と小食?定峰峠の萌え系ステッカーがすげー気になりました・・・。
あ、そういえばここは頭文字Dの聖地ですね。RX-7(FD)乗りの岩瀬恭子が同じFD乗りの高橋啓介とバトルをしたのがここ(のはず)です。

GL20170612.jpg
食事のあとは取得したカロリーを容赦なく消費させるルートで。定峰峠から左に行けばあっさり秩父に下りられますが、あえて上りを加えて6㎞長くする鬼コースでwww コンクリ敷きの今日イチの劇坂登場!

GL20170613.jpg
粥新田(かゆにだ?)峠に至る道からの眺め。たぶん深谷市の方向だと思います。少し雲が出てますが、それが丁度いい感じに涼しくて快適。

GL20170614.jpg
あえて遠回りを選んだのはこのポピー畑をみたかったから。残念ながら時期を少し過ぎてしまって、赤じゅうたん!って感じにはなりませんでした。ここから秩父方面に向かって下るのですが、なかなかの傾斜具合でしたよ!ヒルクライマーにはお勧めです。

GL20170615.jpg
西武秩父駅に到着して今回のサイクリングはゴール! YさんだけJRで帰るので、秩父鉄道・御花畑駅から熊谷へ。残り4人は西武鉄道で所沢方面へ出ます。

GL20170616.jpg
ホームから見える武甲山。謎建造物?が・・・すげー気になる。

GL20170617.jpg
帰りは西武秩父駅と横浜は元町・中華街を直通でつなぐ不思議列車「S-Train」で。全席指定なので切符さえ取れれば座って帰れます。しかもこの輪行に優しい車両。10両目の車いすスペースなので、車いすの方が来たらどける必要がありますが、1車両のドアが1カ所しか開けない仕様なので、常時閉鎖のドア前にもガンガン置けます♪
あと全席指定なのにつり革がある謎仕様。さらに座席ナンバーが振られていない優先座席(6席分)は放置という・・・w しかも池袋に止まるのに”降車専用”という不思議っぷり。座席がリクライニングしないのが残念ですが、秩父に行くにはこれはお勧めです(^^♪


今回のルート。片道自走の輪行帰宅で133㎞でした。グリーンラインは比較的日影が多くて夏でも走りやすいんじゃないかなー?

次は浄土平・・・かな??


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事

DBKオフ「三浦をのんびり一周しましょ」

 2017-06-05

photo by nobuoさん
DBK結成6周年ということで、三浦半島を一周するオフが開催されました。週初めの天気予報では雨や曇りマークが付いていましたが、ふたを開ければ快晴! あらためて議長のパワーにびっくりでございます。

そんな自転車日和に、のんびりと三浦を走ってきました・・・というお話です。





DBKmiura2017_01.jpg
林檎さん他の東京組は狛江から走ってきて、赤レンガで神奈川組と合体の予定。8時集合に向けて自宅から横浜までのんびりと走ります。六つ川の丘を越えてグ弘明寺駅を抜け、大岡川ぞいに関内へ。すげーダラダラと走りましたが、それでも少し余裕がありました。

DBKmiura2017_29.jpg
三々五々集まってきた・・・という感じですが、時間はきっちり守られています。約1名を除いてw 何人集まったんだっけ? 点呼を取ったけど20人以上はいたなー。
円陣を組んでミーティングを行い、集合写真を撮っていざ出発! まずはDBKのスポンサーである本牧珈琲を目指します。

DBKmiura2017_02.jpg
開いていない、店主不在の店の前でうろつく集団(笑) とりあえず先に進みましょう。

DBKmiura2017_03.jpg
もしかして初めてかな?masaさんの引きで走ります。遠くに富士山が見えるよ!

DBKmiura2017_04.jpg
後ろにはヨッシーさんとKさん、そしてラルゴさん。埼玉の超特急組は早起きで眠気に襲われています。それにしてもヨッシーさんから頂いたSTIレバーの調子がいい・・・あざーっす!

DBKmiura2017_05.jpg
三浦に詳しいikedaさんの案内で、要所要所で休憩を入れます。八景島手前のローソンにピットイン。ここで寝坊のぴかぬうさんが合流&べじさんがリターン。

DBKmiura2017_06.jpg
田浦の辺りの錆錆倉庫の前にて。横須賀方面に走るときは、トンネルを抜けるより断然こっちのルートでしょう。少し雲が出てきて、風が涼しくて走りやすい陽気です。

DBKmiura2017_07.jpg
ヴェルニー公園、到着。ここで奥様の召喚術式にあがらいきれなくなったセバスさんがリターンを決意。それを取り囲んで説得を試みる面々(笑) まぁ・・・お子さんが小さいから仕方ないよね(たぶん)

DBKmiura2017_08.jpg
観音崎を越えて浦賀の渡しへ。「渡しに乗る組」と「湾を回り込む組」に分かれて、後者で走りましたが、船着き場で待てど暮らせど来ない・・・もしや、先に行かれた!? これはひどい裏切りw

フェリー乗り場近くのコンビニで、まずはいったん集合を試みます。・・・というのもKOSEさん、Kさん、でっちーさん、nanさん、nobuoさんとなかなかの人数が横須賀から先、姿が見えませんでした。どこ行ってんのー?

どうも”パンク大好きKさん”がまたしてもネタ提供をしていた様子w まったく期待を裏切らないお人です。

DBKmiura2017_09.jpg
三浦海岸から金田漁港までは自由行動ということで、とびだしたKさん&ikedaさんの重連超特急に乗ってみるも、さっくり振り落とされて、こそこそとkarzさんの背中に張り付きでした。

DBKmiura2017_10.jpg
DBKmiura2017_11.jpg
金田漁港のレストランでまぐろ丼! ちゃんと反省を生かして「食べる前に撮る!」

DBKmiura2017_12.jpg
食事の後は上りだよ!ってことで松輪までの坂道。林檎さんもファインダー越しには超笑顔です。

DBKmiura2017_18.jpg
さらに風車の宮川公園までの上り! 前を行くのはガチな人たち。無理です、追いつけません。

DBKmiura2017_19.jpg
おおりゃぁ~! でっちーさん、気迫の追い込み!?

DBKmiura2017_13.jpg
ちょっと写真の順番が前後してますが撮ったので(^^) ikedaさんのお連れさま。

DBKmiura2017_14.jpg
ラルゴさんとKOSEさん。

DBKmiura2017_15.jpg
アサノさん。

DBKmiura2017_16.jpg
karzさん。

DBKmiura2017_17.jpg
nobuoさん。すばらしいダッシュでした!

DBKmiura2017_20.jpg
masaさん。

DBKmiura2017_21.jpg
林檎さん。

DBKmiura2017_22.jpg
ぴかぬうさん。


DBKmiura2017_28.jpg
宮川公園、到着! 集合写真も表情に疲れが出ているかな?!

DBKmiura2017_23.jpg
夏の風物詩「日影に住まう者ども」。雲が無くなって日差しがきつくなってきました。時間も体力も無いよwってことで、剣崎や城ヶ島をスルー。とりあえず三崎口を目指して引き続きレッツサイクリング!

DBKmiura2017_24.jpg
三崎口駅でラルゴさんとKOSEさんがリターン。きっちりと直江津の約束を取り付ける今年の幹事ikedaさんでした(^^)

DBKmiura2017_25.jpg
三崎口を後にして、134号を鎌倉目指して走ります・・・が、よこすか関口牧場なるところへ立ち寄り。ごっついソフトクリームでエネルギー充填です。看板隠れちった。

DBKmiura2017_26.jpg
鎌倉は由比ガ浜でひとまず集合。ここで解散式となりました。藤沢から輪行で帰る人、自走で帰る人等々、それぞれのルートに分かれていきます。ボクはnobuoさんが東京で自走でお帰りになるというので、僭越ながら戸塚まで先導させていただきました。

5月にひきつづいての三浦一周。メンバーが変われば、それもまた楽し。
またしても切りのいい数字まで少し足りない129.5km 参加された皆様、お疲れ様でした!そしてDBK6周年、おめでとうございます。


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
タグ : 三浦 DBK

久々の平日自転車で臨時DBK

 2017-06-01
rinjiDBK06.jpg
5月の仕事は忙しいので、今年は特殊シフトを組んでの勤務となりました。それで、超久々に平日が休みとなり、林檎さんから自転車行きましょう!とのお誘いを受け、出かけるつもりでした・・・が、今日は朝から雨でした。

いったんは諦めたものの、思いの外、雨が上がるのが早く「走れるのでは?」。 そこへ林檎さんからの再度の招聘。これは行かなくてはならない・・・というわけで武蔵村山まで走ってきましたというお話。




rinjiDBKi01.jpg
本日は林檎さん、マトケンさん、ボクの3人での小規模オフの臨時DBK。国立折り返しが集合場所なので、前のオフでぴかぬうさんが(おそらく)走ったであろう道を行くことにしました。町田まで境川で出て、K18を乞田(こった)へ走り、関戸橋へ抜けるルートです・・・っていきなり町田から先でルートミスしてるし。
それでも無理やり修正しつつ、なんとか関戸橋。うん、国立ならこのコース一択かも。

rinjiDBKi02.jpg
先に到着してたお二人に挨拶して、さっそく多摩サイを多摩大橋まで。雲は厚いけど、黒雲じゃないので雨の心配はなさそうな・・・。多摩大橋のところでボキッと折れて立川方面へ。ルートは単純で、勝手知ったる林檎さんの足取りもしっかりしているような。

rinjiDBKi03.jpg
国立折り返しから10kmちょいってところでしょうか? うどん笑乃讃(えのさん)」に到着。話のよると製麺所からスタートしたうどん店だそう。
繁盛しているようで、少し待って席に着き「きのこ肉汁つけ麺」を注文。お腹が減ってたので、写真を撮るのを忘れて食べ始め、マトケンさんに指摘されてはじめて気づく始末。食べかけなので隣のざるは写せません(笑)

この味と十分なボリュームで780円。いいんじゃないでしょうか!

このあと、見る見るうちに黒雲が広がって、危機感を感じた一行は四ツ谷橋のワイズロードへ。林檎さんがレバーが届きにくいらしく、スペシャライズドのSTIレバー用シムでレバーの初期位置を変えるらしいです。手が小さい女性らしい悩みですな。

あっという間に作業が完了して、近場のセブンイレブンでごく簡単にお茶会して解散・・・・・・なにしろ今にも雨が降りそう!

rinjiDBKi04.jpg
関戸橋でお二人と別れた後、案の定というか、永山あたりでポツポツ来たなーと思ったら、あっというまに土砂降りに。走れなくもないけど、念のためコンビニで雨宿りしてやり過ごしました。

rinjiDBKi05.jpg
尾根幹線を越えると雲が切れて晴れ間が見えてきました。町田まで戻るころにはすっかりいい天気。多摩川方面は真っ黒でしたが・・・。あとは境川をのんびり走って帰宅。

惜しくも100km届かずの99.5kmでした(≧Д≦) 国立~笑乃讃間が往復20km強ですので、行程の7割は”ぼっち”という謎オフ会(笑) いや、楽しいからそれでも全然いいんですけど(´゚∀゚`)


ポチッとお願いします(o'ー'o)
関連記事
タグ : DBK うどん
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫