FC2ブログ

お亡くなりになってたなんて

 2018-07-23
もう1年前の情報で古いんですが、自転車ブランドでは「Wizard」で知られていたみどり製作所、倒産していたんですね。


=================================================================================
(株)みどり製作所(所在地:大阪市住吉区南住吉*** )は7月7日、大阪地裁において破産
手続きの開始決定を受けました。破産管財人には、藤原正樹弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成29年10月16日午後2時。
事件番号は平成29年(フ)第2645号となっています。
==================================================================================


ロードに乗り始めた当時は安めの価格帯の初心者向きブランドという位置づけ(自分的には)で、レーパンとジャージの両方でお世話になりました。

こんな感じで記事にもしていました。

ジャージはかなりルーズフィットでしたが、逆にそれが気張らずに乗れる感じで割りと好きですね。通勤でいまだに使っています。サイクルウェアも有名ブランドの高価格帯か中華産の安めの製品かと二極化が進んで中間は生き残りが難しかったのでしょうか。

シンプルなデザインや、バックポケット付きポロシャツとか好きなところも多々ありましたが・・・残念であります。
関連記事

高ボッチ高原サイクリング!そして撃沈

 2018-07-15
高ボッチ高原
2018年7月14日―
夏の始まりを感じさせる晴天の日、信州へサイクリングへ行ってきました。距離は短いながら、灼熱と激坂に苦しめられた旅となりました。その記録。

はまいかいじ2018
はまかいじという横浜~松本直通の特急列車でいざ長野へ!乗り換えほぼ無しで行けるのはありがたいですね~。でも3時間かかるのがきついですね~。あと冷房が効き過ぎで凍えそうでしたね~怒怒怒

諏訪湖
本日は諏訪湖畔の上諏訪駅からスタート。去年の「つちのこサイクリング」でもここからスタートしました。少しだけ諏訪湖を眺めつつ塩尻方向へ。本日のお連れは先週と同じくU君。まぁ先週の尺里峠が今日のための試走みたいなもんですね。

旧塩尻峠
バイパスを避けて旧中山道を行きます。旧中山道をずっと行くと旧塩尻峠へ至る道へ自然と入っていきます。立派なバイパスがあるので、現在はほとんど使われていない道路です。峠入り口は普通斜度だったのに、奥に行くほどきつくなる悪設計の道です(苦笑) しかもほぼ直登で・・・。

04_201807151154576b1.jpg
いや~きついっす!本当にキツイ。暑いというのもあるのですが、斜度が凶悪で、かつ峠道にありがちな平坦気味になって一息つけるという場所が一つも無いです。常時急傾斜という感じ。たまらず押し歩きしたのですが、押し歩きで自転車が重く感じるというのは初めてかも。

旧塩尻峠
中山道塩尻峠に到着~。あっちぃ・・・。展望台まで行く元気もなしw

高ボッチスカイライン
旧塩尻峠から少しだけ下ると高ボッチスカイラインに合流。ここから8㎞をまた登りです。
「・・・・・・8㎞なんてちょろい。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」

高ボッチスカイライン
最初はぬるい道で平坦と言ってもいい位だったのに、すぐになかなかの斜度具合。直前の旧塩尻峠ほどじゃないけど、時速7㎞/hは超えない程度な厳しさ(笑) 斜度がきつい分眺めはグングン良くなって行きます。夏の雲ですな~。

高ボッチ高原
這う這うの体で高ボッチ高原に到着!!

高ボッチ高原
高ボッチから望む諏訪湖と街並み。雲が近くていかにも高いところに来たというのが良いです!

高ボッチ高原
逆側を望めば松本の街。鳥が優雅に飛んでいました。日差しは暑いんですが、吹き抜ける風が高原のそれ。適度な涼しさがあっていい感じです。

高ボッチ高原
記念撮影。ライダーの人が撮影したいのに、石碑に居座ってなかなか避けようとしないジジババに辟易してる姿が印象に残りました(苦笑)

松本市街
高ボッチから松本への下りは案の定きつくって、なおかつ路面が荒れ荒れ。タイヤがバウンドするのでロック気味になるし、上ハンだとかなり強くブレーキを掛けないとスピード出すぎで手も超痛いです。こういう時、ディスクロード欲しいなぁとつくづく思います。
松本市街まで一気に下ってきました。牛伏川に沿って軽快に飛ばします。にしても麓は暑いなぁ!

市街にある入浴施設に立ち寄り汗を流して輪行帰宅。帰りは特急あずさで帰路へ。


本日のルート。距離は凄く短いんですけど、坂はこれでもかって堪能しましたね。一部走れない押し歩きも混じりましたが、夏のサイクリングの開幕戦は上々の思い出となりました。
関連記事

久々のサイクリングで尺里峠

 2018-07-09
2018年7月8日―
超久々に自転車で少し距離を走ってきました。7月14日に長野の方を走る予定があり、その前哨戦・・・というかリハビリ的な意味合いでのサイクリングです。前に少々距離を走った記録と言えば、1月の議長のヘルオフ以来・・・骨折とかあったとはいえ、半年以上空くとはサボりすぎですね(苦笑)

本日の行先は尺里峠(ひさりとうげ)。神奈川と言えばヤビツ峠ですが、あんまり賑わっているところとか走りたくないんですよね。遅いからw だから行く先々は遠出なら観光地だけど、近隣ならなるべく車と他のローディが少なそうなところを狙っていきます。その点、尺里峠は斜度とマイナー度が極まってると思います。

酒匂川サイクリングロード
今日は二人旅。いつものU君といっしょに海沿い134号から国道1号を経て、酒匂川サイクリングロードへ。今日は風が無くて走りやすいですね~。でも暑いですね~~。

尺里峠
山北の町から山側へ入るとすぐに峠道。地元民しか通らなそうな狭い山道をエッチラオッチラ上っていきます。誰もいないので、Blutoothスピーカーで音楽を鳴らしながら漕ぎ漕ぎ。 Oh! Myサンクチュアリ!

旧高松分校
旧高松分校まで来ました。静か~~~。鳥の声と風のざわめきしか聞こえません。保全がなされているのかな?依然来た時とあまり変わっていないような。

鹿の角
鹿の角発見!本物・・・だよね?スカイリムなら錬金術の材料になりそう。

尺里峠
前は「近道」看板に誘われてダートに突っ込んじゃったので、今回は別ルートをガーミンに入れてたのですが、やっぱり道に迷って前と同じハイキング道経由で押し歩きの峠到着。後で調べたら、高松分校を出たところですでに間違えてたんだなぁ。
相変わらず、展望もくそもない峠なのです。峠看板も脱落してました。

上りがきついということは、反対側の下りも斜度が急ということで、台風一過の濡れ濡れ苔むし&落葉道路が危なくて、終始ブレーキングの慎重ダウンヒルで寄(やどりぎ)まで降下。あとは国府津までのんびりと標高を下げていきます。

バースト
国府津まであと5~6㎞というところで、信号待ち中になぜかU君の前輪がバースト。すごい炸裂音・・・久々に耳にしました。ちゃっちゃっと替えのチューブに交換して走り出すも、間もなくしてエア漏れ・・・。
再度タイヤを外してチューブとリム、タイヤ裏面を点検するも、異常が見当たらないのでとりあえず再装填してエア充填・・・

「パァーーーン!!!」

いやー・・・携帯ポンプでエア充填中にチューブが炸裂すると、耳がとんでもないことになりますね!猛烈な破裂音で耳がしばらくキーーンとなりました。予備チューブまで破裂した原因は不明ですが、チューブの長期保管による劣化かなぁ?とりあえずボクのチューブをあげて再出発。

国府津駅までたどり着いて、ここから輪行で帰宅。残り走って帰れない距離じゃないけど、日曜日なので次の日に疲労を持ち越したくないし帰ってやりたいこともあったので。


本日のルート。最寄駅からの帰り道も含めると90㎞ジャストでした。最近は距離を延ばすことより、いかに楽しく走るかという方に完全にシフトしてしまいました(^^;
関連記事

モチベ切れ?

 2018-06-29
ず~~っと自転車に乗ってません。

あ、通勤では乗ってるんですが。

ガツンと長い距離をロードで走ってないんですね。


春先につまらない骨折をして一番いい時期に乗れなくなっちゃって、他の趣味も重なってて、治った後も趣味の優先度では自転車は一番後回しに。そのままズルズルと乗らないままになっちゃいました。


重ねて、職場の体制が変わってなんかどえらく忙しくなっちゃって、身体的にも精神的にもあまり余裕が無いんですよね。いままではほとんど感じたことが無かった「休みは家でのんびりしたい」という意識が強くなちゃって・・・。加齢のせいかな?w


今年の直江津もエントリーはしてるんだけど、刻んでいかないと完全に無理。その事前刻みも走っておけるか微妙な感じで、もし刻みが出来なかった場合、当日に上田~直江津間だけ走ってもなんだか後ろめたい気分が先に立ちそう。家族と過ごす時間も考えると、あんまりボク一人でフラフラ遊んでるのもなんだかなぁ?という感じでもあるし。



自転車に飽きたわけでもないし、嫌いになったわけでもない。・・・ただ、いまは少しそこに回す元気が無いだけ・・・と思います。
関連記事
タグ :

骨折後のリハビリ走

 2018-05-12
4月の初めごろに戸棚と勝負して大敗し、右足薬指を骨折するという事態になりました。

それでいい時期に自転車にも乗れず、冬から続けてず~っと乗らない生活が続いていました。その間に走力と体重は反比例の関係を着々と築いていたのでした・・・。

で、骨折から1か月も過ぎまして、ようやく骨もつながりつつあり、普通に歩行する分には概ね支障が無くなったのでリハビリ走という形でしばらくぶりにロードにまたがりました。


いつもの境川CRから江の島経由の鎌倉というルートを考えましたが、境川に出るとそこそこの向かい風だったので、逆回りにルート変更しました。大船から北鎌倉を経て八幡宮へ。土曜日ということもあり、観光客がすごく多いです。

02_20180512190934ab9.jpg
鎌倉というとボクの場合は八幡宮ではなく、鎌倉宮まで行きます。ここは人が少なく静かでいいです。本殿にお参りし、厄落としのかわらけ割。最近、新部署になって心労が絶えないので、溜まった厄を目一杯乗せて叩き割ってきました。

03_2018051219093651e.jpg
海沿いを走り藤沢から境川CRへ。脚力はだいぶ衰えを感じ、100㎞とか大丈夫か?って感じですが、再開の滑り出しとしてはまずまずかなぁなんて。妙に人が少ない境川をスピーカーで音楽を鳴らしながらのんびり流しました。

これから少し仕事が忙しくなりますが、そこを越えれば自転車で遠出をできる余裕が生まれそうです。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫